精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

会社の“顔”として活躍する当事者に聞く「障害を持って働く」メリットとデメリットは? | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

会社の“顔”として活躍する当事者に聞く「障害を持って働く」メリットとデメリットは? | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

障害がありながら働いたり、恋に落ちたり、子育てをしたり……、そうしたリアルな暮らしは、いまだに周知されているとは言い難い。生活のさまざまな場面で立ちはだかる壁や差別の実態も、あまり知られていない。「生産性」を基準に優劣をつけ、尊厳を傷つけ、おとしめる事件・発言も後を絶たない。障がい者を取り巻く実情と課題を、いろいろな角度から検証した。

スイス初、ネット依存症・セックス依存症の専門クリニック

スイス初、ネット依存症・セックス依存症の専門クリニック

スイスでは10人に1人が行動的依存症にかかっている。インターネットやギャンブルをせずにはいられない。性欲が強すぎて苦しむ。あるいは衝動買いしてしまう。バーゼルの依存症センター、ゲルハルト・ヴィースベック所長に話を聞いた。

精神科長期入院 国提訴へ 富士見の男性が代表の全国団体支援 | 信濃毎日新聞[信毎web]

精神科長期入院 国提訴へ 富士見の男性が代表の全国団体支援 | 信濃毎日新聞[信毎web]

精神科病院に入院経験がある当事者らが、国の政策で長期入院などを余儀なくされ人権を侵害されたとして、国家賠償法に基づく集団訴訟を本年度中にも東京地裁に起こす。県内を含む全国の当事者や家族、弁護士、精神科医など約40人でつくる「精神医療国家賠償請求訴訟研究会」が13日、都内で開いた会合で説明した。

精神科ショートケアという選択肢〜社会復帰へのリハビリプラン

精神科ショートケアという選択肢〜社会復帰へのリハビリプラン

気持ちが沈み、うつを患ったとき家にこもりがちになった経験がある方が多いと思います。一度ひきこもりがちの生活に入ると、外出することに抵抗感を覚えてしまいます。私はうつで家にこもっていた頃は、すぐ近所のコンビニへ足を運ぶことでさえ一苦労でした。そんな状態で社会復帰は程遠いと思い、ショートケアを併設している心療内科へ転院した時のお話をいたします。

「幻聴妄想かるた」予想外のヒット続ける理由 全然、他人事じゃない - withnews(ウィズニュース)

「幻聴妄想かるた」予想外のヒット続ける理由 全然、他人事じゃない - withnews(ウィズニュース)

「あ、宇宙人!先っぽが光ってる!」「これから躁の合宿です」。何やら謎めいた言葉たち。幻聴や妄想の経験談を、あえてさらけ出した、「幻聴妄想かるた」の読み札にあるものです。発売以来、異例のヒットとなり、第3弾まで生まれています。「幻覚をいじって笑い飛ばす」。かるたが伝えるメッセージには、誰もが直面するかもしれない「心のつまずき」と、うまく向き合うヒントがありました。(withnews編集部・神戸郁人)

金魚すくいにテレビゲームが「仕事」? “虚業”化した障害者雇用をどう変える (1/5)

金魚すくいにテレビゲームが「仕事」? “虚業”化した障害者雇用をどう変える (1/5)

自身も脳性麻痺(まひ)の子どもを持ち、『新版 障害者の経済学』などの著作もある慶應義塾大学の中島隆信教授が、障害者雇用の問題点を指摘した。

自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が – 発達障害ニュースとグッズ・障害者作業所のハンドメイド通販 たーとるうぃず

自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が – 発達障害ニュースとグッズ・障害者作業所のハンドメイド通販 たーとるうぃず

社会的な活動に関わる脳の領域が、女性の場合には発達障害である自閉症を隠してしまうという研究が発表されました。

「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩 | 貧困に喘ぐ女性の現実

「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩 | 貧困に喘ぐ女性の現実

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「この前母親の首を絞めてしまった。でも後悔はしてない。この現状からはやく逃げたい」と編集部にメールをくれた、北関東に住む25歳の女性だ。

父の再出発支え 加害者の息子、依存症回復の自立訓練施設を起業 川崎に|au Webポータル

父の再出発支え 加害者の息子、依存症回復の自立訓練施設を起業 川崎に|au Webポータル

ギャンブルにおぼれた末に横領容疑で逮捕された父親を持つ青年が今年4月、川崎市に依存症の回復を目的とした自立訓練施設をオープンした。加害者の家族として味わった苦しい経験から、依存症だけでなく、依存症に起因する犯罪も減らしたいと運営法人を起業。専門家の助言を得ながら、利用者の再出発に寄り添っている。


Top