精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ピックアップ

貧困に喘ぐ沖縄の母子世帯、生活保護も頼れない苦境の裏側

貧困に喘ぐ沖縄の母子世帯、生活保護も頼れない苦境の裏側

この数年、子どもの貧困が社会問題として注目されている。「子どもの6人に1人が貧困」という事実は、もはや日本の常識になっている。なかでも母子家庭の苦境が顕著なのが沖縄県だ。その背景には、現地独特の生活事情や根強い偏見が横たわっている。

わずか8歳で性暴力被害に…実名女性明かす「心身まひ」の過去 - 女性自身[光文社女性週刊誌]

わずか8歳で性暴力被害に…実名女性明かす「心身まひ」の過去 - 女性自身[光文社女性週刊誌]

子どもをターゲットとした性犯罪をはじめ、今年は、慶應大、東大、近畿大、千葉大などの大学生による集団レイプ事件の報道が続いた。

NEWSポストセブン|カレン・カーペンターやダイアナ元妃も経験、摂食障害の怖さ│

NEWSポストセブン|カレン・カーペンターやダイアナ元妃も経験、摂食障害の怖さ│

12月1日、愛子さまが15才の誕生日を迎えられた。ニュース番組では、愛子さまの変化が報じられた。その中には、大人っぽくなられたという声もある一方で、激やせを心配する声も…。

特別養子縁組あっせん法案成立!赤ちゃんの虐待死ゼロに向けて重要すぎる一歩 | 駒崎弘樹公式サイト:病児・障害児・小規模保育のNPOフローレンス代表

特別養子縁組あっせん法案成立!赤ちゃんの虐待死ゼロに向けて重要すぎる一歩 | 駒崎弘樹公式サイト:病児・障害児・小規模保育のNPOフローレンス代表

今日は日本の社会的養護(虐待等で家庭で過ごせない子どもたちの養護)においては、歴史的な日となりました。

措置入院解除後の支援強化=自治体、警察協議の場-相模原事件で再発防止策・厚労省:時事ドットコム

措置入院解除後の支援強化=自治体、警察協議の場-相模原事件で再発防止策・厚労省:時事ドットコム

相模原市の障害者施設殺傷事件を受け、再発防止策を検討していた厚生労働省などの検討チーム(座長・山本輝之成城大教授)は8日、最終報告書を公表した。措置入院解除後の患者の支援策強化や、自治体や警察など関係機関が定期的に協議の場を持つことを提言した。

ごみ屋敷とADHD:朝日新聞デジタル

ごみ屋敷とADHD:朝日新聞デジタル

各地で社会問題化しているごみ屋敷。先日、便利屋さんとお話しする機会があり、こんなことを聞きました。外から見るときれいなマンションの一室が、実は足の踏み場もない「汚部屋」になっていて、その掃除の依頼が増えているそうです。

NEWSポストセブン|炭水化物抜きダイエット実践の愛子さま「摂食障害」の指摘も│

NEWSポストセブン|炭水化物抜きダイエット実践の愛子さま「摂食障害」の指摘も│

12月1日、愛子さまが15才の誕生日を迎えられた。ニュース番組や新聞、雑誌の皇室記事は、愛子さまの“変化”をそう報じた。たしかに、子猫を膝の上に抱き、カメラに向けられた愛子さまの笑顔は、以前とは違うものだ。その笑顔は“きれいになった”自信の表れかもしれない。


Top