精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

精神疾患は身体の健康や病気と関係がある?

精神疾患は身体の健康や病気と関係がある?

東大病院精神神経科で、重症の精神疾患で長期入院の経験がある患者さんの平均余命が、一般人口に比べ22.2年以上短いとのいう報告がなされました。東京都内で病院から地域生活への移行を支援するある社会福祉法人における最近24年間の利用者のうち、亡くなった45人について分析したものです。死亡時の平均年齢は63歳、入院期間は平均15.6年、そのうちの39人が統合失調症でした。

上司や同僚が発達障害 どのように付き合うべきか?

上司や同僚が発達障害 どのように付き合うべきか?

近年、「発達障害」という言葉を耳にすることが増えました。この「発達障害」に対して、日本で「発達障害者支援法」が施行されたのが2005年のことであり、これは比較的新しい概念だと言えます。

それ故に、「発達障害」であっても子どもの頃に見逃され、適切なサポートを受けることが無いまま社会に出てしまい、本人も周囲の人達も戸惑い、トラブルになることもある「大人の発達障害」が問題になっています。

マインドフルネスに「うつ病」治療の効果なし!?科学的な根拠がないまま10億ドル規模の産業に - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

マインドフルネスに「うつ病」治療の効果なし!?科学的な根拠がないまま10億ドル規模の産業に - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

ストレスや痛みからうつ病まで、あらゆる現代病に有効であると宣伝されている「マインドフルネス」。だが、好事魔多し。賛否両論、喧々諤々(けんがくがく)の嵐が巻き起きている。

NEWSポストセブン|身体に不調もたらす「睡眠負債」早わかり講座、浅田真央は?│

NEWSポストセブン|身体に不調もたらす「睡眠負債」早わかり講座、浅田真央は?│

昨今「働き方改革」が叫ばれているものの、日本人の睡眠時間の少なさは相変わらずである。今年6月、『NHKスペシャル』でも「睡眠負債が危ない」という特集が放送され、そこでも、長年の睡眠不足が「負債」のように溜まっていき、これがうつ病、がん発症リスク、認知症などをもたらすことなどが明かされている。同番組にも登場し、現在30万部を突破した『スタンフォード式 最高の睡眠』著者の同大医学部精神科教授・西野精治氏が講演に登場した。

NEWSポストセブン|「孤独死保険」に注目集まる おひとりさま老後の悲しい現実│

NEWSポストセブン|「孤独死保険」に注目集まる おひとりさま老後の悲しい現実│

独り暮らしの高齢者が増える中、保険各社が販売する「孤独死保険」が注目されている。そこからは人生の“清算費用”をめぐるシビアな現実が浮かび上がる。

内閣府調査によると、2000年に約300万人だった65歳以上の独居高齢者は2015年には約600万人へと倍増した。それに伴い、「孤独死」も激増している。

『良心をもたない人たち』――身近に潜む“サイコパス”にご注意を | ダ・ヴィンチニュース

『良心をもたない人たち』――身近に潜む“サイコパス”にご注意を | ダ・ヴィンチニュース

「サイコパス」の認知度は、某アニメの影響もあってか、ずいぶんと上がったように思う。メディアの影響で、「猟奇的な殺人者」「暴力的な犯罪者」というイメージが強いかもしれないが、学術的な見地から考えた時、そういったサイコパスはごく一部だという。

『良心をもたない人たち』(マーサ・スタウト:著、木村博江:訳/草思社)は、心理セラピストである著者が、サイコパスによって苦しめられた人々のカウンセリングや、サイコパス自身と接触した経験から、日常にひそむ「となりのサイコパス」の実態を明らかにし、被害者にならないための対処法を教える一冊である。

急に奇抜なファッションをするのは心の病気の前触れ?

急に奇抜なファッションをするのは心の病気の前触れ?

うつ病や統合失調症など、心の病気にはしばしば前触れがあります。奇抜な服装を急にし始めた……というような場合も、それらの前触れの可能性があります。今回は奇抜な服装を例に、個性の問題で済むことか、それとも心の病気などの可能性も考えるべきなのか、その判断に役立つ精神医学的な基礎知識を詳しく解説します。

医師が明かすストレス対策 心を病まないための習慣|健康・医療|NIKKEI STYLE

医師が明かすストレス対策 心を病まないための習慣|健康・医療|NIKKEI STYLE

長時間労働などの働き方が問題視され、「働き方改革」に取り組む企業も増えているが、ストレスから心を病む労働者は絶えない。前回は「医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い」について紹介した。今回はつらいときに意識すべき感覚「SOC」と、身につけるべき習慣について、50社以上の企業を担当してきた精神科産業医の吉野聡さんに詳しく聞く。

カルテ手数料:厚労省が調査 高額徴収に批判|au Webポータル

カルテ手数料:厚労省が調査 高額徴収に批判|au Webポータル

カルテ開示の際、病院側が患者に請求するコピー代や手数料、開示の条件について、厚生労働省が全国の主要な病院を対象に実態調査を始めたことが分かった。カルテ開示の手数料を巡っては、市民団体が5000円以上の請求をしている病院があるとして、個人情報保護法の規定に反すると指摘していた。高額な手数料は開示請求の権利を制限することになりかねず、厚労省は現状を把握し、今後、法令に抵触していないかを調べる。対象は高度な医療技術を提供する「特定機能病院」(85施設)で、10月中にまとめる方針。


Top