精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ピックアップ

公認心理師巡りWT 到達目標や必要な科目を検討

公認心理師巡りWT 到達目標や必要な科目を検討

厚労省は、公認心理師カリキュラム等検討会ワーキングチームの第6回会合を2月22日、都内で開催した。事務局は、これまでの議論を踏まえ、カリキュラムの到達目標や大学・大学院で必要な科目などについてまとめた試案をそれぞれ提示。3月中をめどに考案として取りまとめ、公認心理師カリキュラム等検討会に報告する予定という。

引きこもる人々に「偽りの再生」を強要する世間の筋違い

引きこもる人々に「偽りの再生」を強要する世間の筋違い

孤立した引きこもり当事者同士が支え合い、お互い元気に生きていくことを目指した「ひきこもり大学ピアサポート」ゼミナール活動報告会。学習会に参加した当事者たちが明かす、世間に対して感じていた「モヤモヤ」の正体とは?

精神保健指定医資格、指導医の役割を明確化- 厚労省が精神保健福祉法改正案の概要 | 医療介護CBnews

精神保健指定医資格、指導医の役割を明確化- 厚労省が精神保健福祉法改正案の概要 | 医療介護CBnews

厚生労働省は22日に開かれた社会保障審議会障害者部会で、精神保健福祉法の改正案の概要を明らかにした。法改正は精神保健指定医資格の不正取得問題などを受けた措置で、再発防止を図るため、指定医の更新要件を見直すとともに、指定医を目指す医師を指導する「指導医」の役割を明確化する。厚労省は、この改正案を今通常国会に提出する方針。【新井哉】

NEWSポストセブン|激やせ愛子さま 精神科医は「拒食症で危険水域」と指摘│

NEWSポストセブン|激やせ愛子さま 精神科医は「拒食症で危険水域」と指摘│

「愛子さまはさらにやせられたようだが、お体に異常はないのか」「一体、どのような対応策が取られているのか」「回復のご様子が一切見られないではないか」。

主な精神疾患の治療指針を作成…薬の処方などに統一性 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

主な精神疾患の治療指針を作成…薬の処方などに統一性 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

患者側も疑問払拭に 精神科ではこれまで、医師が代わると治療方針や処方内容が大きく変わる例が珍しくなかった。患者に不信感や不利益を与えかねないため、近年、主要な精神疾患の治療指針が相次いで作成された。

精神科医に聞く! 「ギャンブル好き」と「ギャンブル依存症」の境界線 | パピマミ

精神科医に聞く! 「ギャンブル好き」と「ギャンブル依存症」の境界線 | パピマミ

都内でメンタルクリニックを開院し、依存症に詳しい精神科医のT先生は、『単なる“ギャンブル好き”の人と“ギャンブル依存症”の患者さんとでは決定的な「次元の違い」があり、ギャンブルを好む人のことを一律にギャンブル依存症と呼ぶのは間違いです』(50代女性/都内メンタルクリニック院長、精神科医)と言います。

障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か | NHKニュース

障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か | NHKニュース

相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件で、殺人の疑いで逮捕された27歳の元職員は、専門家による精神鑑定で、みずからを特別な存在だと考えたりする「自己愛性パーソナリティー障害」など複合的な人格障害があったと指摘されていることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。こうした人格障害は裁判上は責任能力があるとされていて、検察は元職員を今週中にも起訴する方針です。

精神保健指定医、更新要件に実務経験追加を- 厚労省検討会が報告書

精神保健指定医、更新要件に実務経験追加を- 厚労省検討会が報告書

厚生労働省は、精神保健指定医の資格認定制度の見直しなどを議論してきた「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」がまとめた報告書を公表した。不正取得が相次いだことを踏まえ、指定医の更新要件に精神医療審査会などでの実務経験を追加することを提案している。【新井哉】


Top