精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

心の中にも安全な場所をつくるということ――前田正治インタビュー / 服部美咲 / フリーライター | SYNODOS -シノドス-

心の中にも安全な場所をつくるということ――前田正治インタビュー / 服部美咲 / フリーライター | SYNODOS -シノドス-

東京電力福島第一原子力発電所の事故の後、福島県が2011年から実施している県民健康調査の一環として、「こころの健康度・生活習慣に関する調査」が行われている。これは、主に避難指示が出た区域などの住民を対象に、住民の健康を「こころ」と「からだ」の両方の面から見守りながら、必要なケアを提供するための調査である。アンケート調査の結果、支援の必要があると判断された場合には、電話などにより支援が行われることもある。

がん患者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)発症率はがん診断後6ヶ月以内で21.7%である

がん患者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)発症率はがん診断後6ヶ月以内で21.7%である

2017年11月20日、医学誌『Cancer』にてがんと診断された患者における心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症率に関する長期探索的試験の結果がNational University of MalaysiaのCaryn Nei Hsien氏らの研究により報告された。

特養、どう変わる? 身体拘束の対策を強化 看取り体制を充実 褥瘡管理の評価も

特養、どう変わる? 身体拘束の対策を強化 看取り体制を充実 褥瘡管理の評価も

来年度から実施される施策の全容がいよいよ固まった。

次の介護報酬改定をテーマに会合を重ねてきた社会保障審議会・介護給付費分科会。13日にこれまでの議論を総括した審議報告をまとめた。何が盛り込まれているのか? 特養について改めてまとめた。

なぜ女性医師は都市部での勤務を好むのか

なぜ女性医師は都市部での勤務を好むのか

日本の医療が崩壊の瀬戸際にある。「戦犯」は厚労省の医系技官だ。医系技官とは、医師免許をもつキャリア官僚。一つの次官級ポスト、一つの局長ポストを持つ一大勢力だ。彼らは「医師偏在是正」を大義名分に、医療への国家統制を強化しようとしている。

難治性の幻聴にも効果的なアバターを用いる治療法「AVATARセラピー(アバター療法)」

難治性の幻聴にも効果的なアバターを用いる治療法「AVATARセラピー(アバター療法)」

統合失調症患者の約65%が聴覚幻覚(幻聴)に悩まされているというデータが存在しており、「他人」の放つ言葉が傲慢で軽蔑的で敵意のある言葉に聞こえるようになるそうです。幻聴に対する治療法の多くは効果的なものですが、それでも効果がない患者が全体の約4分の1ほど存在します。そんな難治性の幻聴に悩まされる人にも効果が期待できるのが、「AVATARセラピー(アバター療法)」と呼ばれるものです。

現代社会には、イライラした人間の居場所が無いとわかった - シロクマの屑籠

現代社会には、イライラした人間の居場所が無いとわかった - シロクマの屑籠

ここ一週間ほど、ずっとイライラとしていて情緒が安定していなかった。そうなってみて、改めて自分と自分を取り巻く環境への影響を考えてみたら【イライラしているおじさんやおばさんがいて構わない場所は現代社会には存在しない】ということに気づいたので書き留めておく。

冬になると気分が落ち込む 女性に多い「冬季うつ」|健康・医療|NIKKEI STYLE

冬になると気分が落ち込む 女性に多い「冬季うつ」|健康・医療|NIKKEI STYLE

ここ何年も、冬場はずっと憂うつ気分で、クリスマスやお正月を楽しめていない。「今年こそは」と思っていても「冬太り」を繰り返してしまうのはナゼ? それは「冬季うつ」の症状の可能性がある。気になる方は一度、精神科などに相談を。

従業員の半数がフリーターや引きこもり経験者、上場企業で起きた人材再生の奇跡

従業員の半数がフリーターや引きこもり経験者、上場企業で起きた人材再生の奇跡

従業員の半数をフリーターやひきこもり経験者が占める上場企業がある。彼らが取り組むのは、ゲームなどの機器の不具合を探し出す「デバッグ」という作業だ。はじめは挨拶もできなかった人が、職場でリーダーになっていく。彼らにどんな奇跡が起きたのか。


Top