精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

厚生労働省が精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成講座を開催するなど、多くの人がそれぞれの特性を知り、深く理解できるような仕組みが整いつつあります。 しかし、業務を進める中ではとまどうことも多く「発達障害のある人は集中力がないから仕事が遅い」といった話をよく聞きます。逆に「好きなこと(予測できる範囲)ならいつまでも集中できる」といった声も耳にします。長年、発達障害のある子どもや大人に携わる仕事をしていると、確かに集中できる場面と集中できない場面を見かけます。しかし、仕事ができない要因が「集中力の低さにある」とすぐに判断するのは間違いです。

ひきこもり11年、就職氷河期に就職難民となり、ゴミ屋敷に住む子供を親はどのように立ち直らせたのか |

ひきこもり11年、就職氷河期に就職難民となり、ゴミ屋敷に住む子供を親はどのように立ち直らせたのか |

発達障害とひきこもりの関係。今回は、「4070」問題。就職氷河期に就職難民となった子供をもつ老夫婦の話。収入ゼロ&ゴミ屋敷で親の年金と貯蓄を使い果たす息子。その息子をどう立ち直らせたのか。自らもアスペルガーで苦しみ、ひきこもりを克服した吉濱ツトム氏が行なっている「個人セッション」の実例から生きづらさ克服のための方法を模索していく。

夫は発達障害?傷つけあうより離婚すべきか…妻の決断は | 女子SPA!

夫は発達障害?傷つけあうより離婚すべきか…妻の決断は | 女子SPA!

夫と気持ちが通じ合えず疲弊していった結果、重度の気分障害と診断されたイクミさん(30歳)。そして、仮に夫がアスペルガー症候群だった場合、今後も彼は基本的に変わらないと医師に言われる。どうしても一緒にいたいなら、人生を賭ける覚悟が必要だとも。

「発達障害」の子のIQはどれくらい?検査方法の違いに、親もドキドキ~「ADHD」の我が子の知能検査体験談~ | LIMO | くらしとお金の経済メディア

「発達障害」の子のIQはどれくらい?検査方法の違いに、親もドキドキ~「ADHD」の我が子の知能検査体験談~ | LIMO | くらしとお金の経済メディア

発達障害の診断基準のひとつとして主力にされている「知能検査」ですが、知能検査をすることでおおよその知能指数(IQ)が分かります。IQの数値によって知的障害(精神遅滞)の有無を判断したり、小学校入学時に特別支援学級への在籍が必要なのか否かなどを審議するため、発達障害やグレーゾーンの子どもを育てる親としては知能検査の内容はとても興味深いもの。今回の記事では、知能検査「田中ビネー式」と「WISC-IV」には一体どのような差があるのか?また、発達障害を抱える子どもたちのIQはどれくらいなのか?ということについて詳しくお伝えしていこうと思います。

「適応障害」になりやすい人を悩ませる循環気質 | 健康

「適応障害」になりやすい人を悩ませる循環気質 | 健康

過重労働、転勤、異動、パワハラ──。

背景にあるストレスはさまざまですが、いま適応障害は急増しています。
その数は、なんと100万人以上。適応障害は今や誰にも起こりうる、ごく当たり前の病気といえます。しかしその中でも、ストレスへの反応の仕方において、適応障害になりやすいタイプとそうでないタイプがいるようです。

本稿では、30年にわたる臨床経験をもつ心療内科医である森下克也氏の著書『もしかして、適応障害? 会社で“壊れそう"と思ったら』の一部を再編集し、ストレスへの反応タイプ別に適応障害のなりやすさを解説します。

障害者の行動理解を うろうろ、ぶつぶつ 不安の表れ

障害者の行動理解を うろうろ、ぶつぶつ 不安の表れ

知的障害や精神障害のある人が病院の待合室などで歩き回ったり大声を出したりするのは理由があることを、やさしい言葉とゆるいイラストで紹介するポスターが注目されている。発案したのは横浜市に住む当事者の家族。会員制交流サイト(SNS)を通じ、全国各地の自治体に広まっている。 (杉戸祐子)

「病気になった旦那と離婚するのは薄情ですか?」離婚を切り出すタイミングに揺れる妻の想いとは | ママスタセレクト

「病気になった旦那と離婚するのは薄情ですか?」離婚を切り出すタイミングに揺れる妻の想いとは | ママスタセレクト

長い結婚生活の中で、価値観の違いや育児方針、お金、お酒など結婚相手に嫌気がさしてくることもあるでしょう。ある投稿者さんは、自業自得で病気になった旦那さんがいるそうですが、このタイミングで離婚をするのは薄情かどうかと相談をしています。

薬剤師が見たデパス「気軽な処方」が招いた事態 | 「合法薬物依存」の深い闇

薬剤師が見たデパス「気軽な処方」が招いた事態 | 「合法薬物依存」の深い闇

メディア関係者と医療者の有志で構成するメディカルジャーナリズム勉強会がスローニュース社の支援のもとに立ち上げた「調査報道チーム」が、全6回にわたる連載で追っている「合法薬物依存」。第3回は、デパス(エチゾラム)を処方する医療者側の実状に迫る。

動画共有アプリ「TikTok」が障がいを持つ人やレズビアン・ゲイによる投稿のリーチを制限していた

動画共有アプリ「TikTok」が障がいを持つ人やレズビアン・ゲイによる投稿のリーチを制限していた

ムービー共有アプリの「TikTok」が何らかの障がいを持った人やクィア、太った人々などによるムービーのリーチを制限していたことが判明しました。

“病気”“治る”という誤解――専門医が教える「発達障害」3つの事実 | ダ・ヴィンチニュース

“病気”“治る”という誤解――専門医が教える「発達障害」3つの事実 | ダ・ヴィンチニュース

会社や学校に馴染めず、「生きづらさ」を抱えやすい発達障害。近年では世間的な認知度が高まり、インターネット上でも多くの情報を得られるようになった。


Top