精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ピックアップ

学校に行けなくなった娘と、信じて見守る母の話。

学校に行けなくなった娘と、信じて見守る母の話。

何だか疲れちゃって、学校に行きたくない……思春期にそんな経験をされた方、意外と多いのではないでしょうか。筆者も高校時代に学校内外の人間関係で疲れて午後からやっと登校、という時期がありました。

障害者、職場虐待972人 昨年度、前年より13%減る

障害者、職場虐待972人 昨年度、前年より13%減る

2016年度に雇用主や職場の上司から虐待を受けた障害者は972人だったことが27日までに、厚生労働省のまとめで分かった。前年度に比べ151人(13.4%)減少した。同省は「障害者虐待防止法の周知により、適切な労働管理が進んでいる」としているが、依然として暴言や暴力などの被害が各地で起きている。

旧優生保護法:知的障害者に不妊手術 開示記録で裏付け - 毎日新聞

旧優生保護法:知的障害者に不妊手術 開示記録で裏付け - 毎日新聞

障害者や遺伝性疾患を持つ人の不妊手術や中絶を認めていた旧優生保護法を巡り、宮城県在住の知的障害を持つ60代女性が強制的不妊手術を受けたことを示す記録が、情報開示請求で見つかった。障害者の不妊手術の証言が公的文書で裏付けられるのは初めて。26日に同県内で記者会見した女性の義理の姉は「手術で多くの人の心身が傷ついた。これ以上、障害者がおろそかにされることがあってはならない」と訴えた。

「母は殺したくない」祖父母を刺殺した26歳・孫の“狂気の中の真(まこと)” - 週刊実話

「母は殺したくない」祖父母を刺殺した26歳・孫の“狂気の中の真(まこと)” - 週刊実話

血のついた包丁と金属バットを両手に持った男の顔は青白く、表情が全くなかった。兵庫・有馬温泉近くの山あいの集落で凄惨な5人殺傷事件が発生したのは、3連休最中の7月16日早朝。兵庫県神戸市北区の民家などで3人を殺害、2人に重症を負わせた犯人が、殺害された老夫婦の孫という信じ難いものだった。

学生の「考える力」育む | 瀬谷区 | タウンニュース

学生の「考える力」育む | 瀬谷区 | タウンニュース

看護学生らへの実習指導を通じて、看護教育の発展・向上に功績のあった人を称える神奈川県表彰制度(2017年度)に、区内阿久和南の横浜相原病院の看護部科長・五十嵐哲男さん(61)が選ばれた。今月14日には表彰式が執り行われた。

【埼玉少女誘拐】「2年間を返してくれ」「守ってあげられなかった自分を責めた」被害少女の両親が法廷で意見陳述

【埼玉少女誘拐】「2年間を返してくれ」「守ってあげられなかった自分を責めた」被害少女の両親が法廷で意見陳述

埼玉県朝霞市の少女(16)が昨年3月、2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐などの罪に問われた寺内樺風被告(24)の論告求刑公判が25日、さいたま地裁で開かれ、少女の両親がそれぞれ意見陳述した。

施設の防犯強化に葛藤 県内障害者にも相模原事件影響|佐賀新聞LiVE

施設の防犯強化に葛藤 県内障害者にも相模原事件影響|佐賀新聞LiVE

相模原市の知的障害者施設での殺傷事件は佐賀県内にも衝撃を与え、この1年で防犯態勢を強化する施設が増えた。国は精神保健医療福祉に関する法改正を目指すが、措置入院患者の監視が強まるとして関係団体からは疑問視する声も上がる。事件をどう捉え、教訓化するか、教育現場を含めて模索が続いている。

NCNP、統合失調症における意欲低下などの認知機能障害メカニズムを解明

NCNP、統合失調症における意欲低下などの認知機能障害メカニズムを解明

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は、同センター第二精神診療部の竹田和良医師と精神保健研究所の中込和幸所長らのグループが、玉川大学脳科学研究所 松元健二教授のグループ、東京都健康長寿医療センター放射線診断科の下地啓五専門部長らとの共同研究において、統合失調症における内発的動機づけ障害に、外側前頭前野の脳活動の異常が関与することを脳画像解析により明らかにしたことを発表した。

「死の睡眠導入剤」女准看護師がもらした呆れた動機 | デイリー新潮

「死の睡眠導入剤」女准看護師がもらした呆れた動機 | デイリー新潮

他人の不幸は蜜の味とばかりに、この女は犯行を重ねた。7月11日、千葉県警に殺人未遂容疑で逮捕された准看護師の波田野愛子容疑者(71)。勤務する老人ホームで、同僚の飲み物に睡眠導入剤を混入した瞬間の動画は世に衝撃を与えたが、その呆れた動機とは……。

依存症は誰もがなる可能性がある ティーンチャレンジ・ジャパンの設立者・木崎智之氏の特別講演会

依存症は誰もがなる可能性がある ティーンチャレンジ・ジャパンの設立者・木崎智之氏の特別講演会

聖書を基盤とした依存症更生施設「ティーンチャレンジ・インターナショナル・ジャパン」の創設者、木崎智之牧師を講師に迎え、「依存症についての特別講演会」が8日、栗橋文化会館イリスの視聴覚室(埼玉県久喜市)で開催された。


Top