精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

エホバ二世が証言…宗教にハマった母の「洗脳を解く」決め手となったもの(佐藤 典雅) @gendai_biz

エホバ二世が証言…宗教にハマった母の「洗脳を解く」決め手となったもの(佐藤 典雅) @gendai_biz

これまで、25年間のエホバの証人であった体験をもとに、人がどのように洗脳されていくか、人がハルマゲドンをどのようにして信じるのか、を書いてきた。

教団に対して脱退届を出して、親族一同で教団から抜け出たのが14年前。そこから私の人生の大きな再構築が始まった。脱退した時は一夜にして、自分の知っている世界を失ったといっても過言ではない。

発達障害のある人の誤学習はどのように修正(学びなおし)すればよいか?| [ひだち教室長]による解説記事

発達障害のある人の誤学習はどのように修正(学びなおし)すればよいか?| [ひだち教室長]による解説記事

発達障害のある人の誤学習(自分にとって都合の良い風に解釈した学び)はどのように修正(学びなおし)すればよいかについて安藤和行様に詳しくご説明いただいております。

発達障害の青年の生きづらい現実。壮絶な半生を綴った『ギザギザハートのアスペルガー』出版! - ニュース | Rooftop

発達障害の青年の生きづらい現実。壮絶な半生を綴った『ギザギザハートのアスペルガー』出版! - ニュース | Rooftop

薬剤師の臼井志乃が、 勤務先の精神科病院で担当した発達障害の中原慎太(仮名)の手記に解説を加え、 その交流記録も交えた『ギザギザハートのアスペルガー』という本を出版した。 「育てにくい子」として生まれ、 周囲に理解されない慎太の壮絶な「生きづらい現実」と心情の変化・成長が綴られている。

「髪の色を変えたのに何も言ってくれないんだねって言われて辛かった」友人、家族、そして自分の顔すらも覚えられない「失顔症」の生きづらさ 【ABEMA TIMES】

「髪の色を変えたのに何も言ってくれないんだねって言われて辛かった」友人、家族、そして自分の顔すらも覚えられない「失顔症」の生きづらさ 【ABEMA TIMES】

相貌失認(そうぼうしつにん)、またの名を失顔症。人の顔が覚えられない脳の疾患で、症状の程度に違いこそあれ、およそ100人に1人が抱えているといわれている。

ぼくらは、みんな「孤独」を生きている:大都会の深夜、ぽつりと光る小さな明かりから見えてきたこと

ぼくらは、みんな「孤独」を生きている:大都会の深夜、ぽつりと光る小さな明かりから見えてきたこと

英国では「孤独担当大臣」が新設されるほど、深い孤独感が社会問題となっている。この問題に真正面から向き合おうと、ある写真家は大都会を深夜に撮影するプロジェクトに取り組んだ。暗闇のなか、まばらに浮かび上がる窓の明かり──。それは、人は「ひとりではない」という希望につながるものなのか。

「外交的なのに家では一人反省会」そんな人は新手の"繊細さん"かもしれない 「HSS型HSP」という気質かも

「外交的なのに家では一人反省会」そんな人は新手の"繊細さん"かもしれない 「HSS型HSP」という気質かも

繊細で感受性が強く、傷付きやすい人を指すHSP(Highly Sensitive Person)という概念が認知されつつある。カウンセラーの時田ひさ子氏は、「HSPの気質を持っていながら外交的で明るく刺激を求める、HSS型HSPという気質の人もいる。HSS型HSPの人は自分の二面性に罪悪感を抱き、人知れず苦んでしまう」という——。

精神科医が患者に「不適切な診療」と「性暴力」 遺族が告発した実態とは(小川たまか) - Yahoo!ニュース

精神科医が患者に「不適切な診療」と「性暴力」 遺族が告発した実態とは(小川たまか) - Yahoo!ニュース

診療報酬の不正で詐欺罪に問われ有罪が確定した精神科医の周辺で、患者を含む女性2人が自死。遺族はこの精神科医による「性暴力」を告発していた。

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3 | ガジェット通信 GetNews

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3 | ガジェット通信 GetNews

ベビーカレンダー編集部がおすすめの「妊娠・出産・育児マンガ」をご紹介♪ 今回は自閉症スペクトラム(ASD)&注意欠陥障害(ADD)の長男あーくんと、次男いーくんの母、よいこさん。あーくんが自閉症と診断されるまでのエピソードをマンガでお届けします。

精神科病院の身体拘束 “日本はアメリカの260倍超” | NHKニュース

精神科病院の身体拘束 “日本はアメリカの260倍超” | NHKニュース

患者の手足などを固定する「身体拘束」について、日本の人口当たりの実施率がアメリカの260倍を超えるなどとする分析結果を、杏林大学などの研究グループが発表しました。調査をした専門家は「他国と比較にならないほど多く、地域で生活できる環境に変える必要がある」と指摘しています。


Top