精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

コラム:退職後に「うつ」の落とし穴、人生設計に狂いも

コラム:退職後に「うつ」の落とし穴、人生設計に狂いも

退職後の蓄えは、利率の変動や市場のボラティリティーなどの金融リスクによって打撃を受ける恐れがあるが、それ以外に「うつ」という要素にもそれらと同じような危険性がある。

要介護の親が子に"捨てられた"と思う瞬間 老親に"ショートステイ"を促す狙い | プレジデントオンライン

要介護の親が子に"捨てられた"と思う瞬間 老親に"ショートステイ"を促す狙い | プレジデントオンライン

仕事をしながら親を自宅で介護する場合、出張や残業などでは親を一時的に施設に預ける必要がある。現場で働くケアマネジャーを取材した相沢光一氏は「多くの親たちは『邪魔者扱いされた』と思って、施設に行くことを強く拒む。だが、子供の中には、施設に慣れさせて、そのまま入所させようという狙いもあるようだ」という――。

「同意ない性行為はレイプ」日本で“性的同意”ガイドラインは必要? 性教育の遅れが生んだ問題

「同意ない性行為はレイプ」日本で“性的同意”ガイドラインは必要? 性教育の遅れが生んだ問題

男女を悩ます「性的同意」の問題。日々、セクハラやパワハラ問題で揺れる今の日本では「嫌よ嫌よも好きのうち」はもう通じない。言葉に出して同意の確認を取ることが、なぜこれほど難しいのか。そして、何をもって「同意」になるのか。

SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』(AbemaTV/アベマTV※毎週土曜23時から放送中)では、「オトコとオンナの性的同意SP」をテーマに、経験者たちが赤裸々に語った。

中高年の引きこもりと「8050問題」 介護従事者の間では以前から指摘されていた - wezzy|ウェジー

中高年の引きこもりと「8050問題」 介護従事者の間では以前から指摘されていた - wezzy|ウェジー

英語になった日本語は多い。スキヤキ、ウキヨエ、ベントウ、サケ、カラオケ、ボンサイ、オタク、カイゼン、ツナミなどまだまだある。

それらの中には日本人として誇らしいものもあるが、そうではないものもある。そして、近年、新たに英語化された言葉が「ヒキコモリ」だ。

発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(2)高校進学における課題

発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(2)高校進学における課題

学習意欲を持つ発達障害の生徒たちは、一度は全日制高校への進学を希望するが、彼らが必要とする「個別的な配慮」と「対応」ができない学校側の事情により、入学が許可されないケースがある。

うつ病ってこんなにもしんどいの〜誰か助けて!

うつ病ってこんなにもしんどいの〜誰か助けて!

うつ病ってよく聞く病気じゃないですか。私の友人もうつ病になり苦しんでいました。友人の母も30年以上うつ病で、苦しくて何度も自分の夫に「助けて!」と叫んだそうです。外見的にはそんなに苦しんでいるようには見えないのに、家の中では苦しさとの戦いだったようです。

「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代 | 文春オンライン

「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代 | 文春オンライン

「ひきこもりが自己責任だという捉え方は明らかに間違いです。長引くひきこもりは、家族の思惑や社会のプレッシャーや本人の苦しさなど、さまざまな要因が複合して成立する現象で、自分の意思決定ではありません。どこの家庭でも、どんな年齢の誰にでも起こりうる現象ですから、世間は寛容になってもらいたいと思います」

こう語るのは、精神科医として30年前から不登校やひきこもりの問題に取り組んできた、斎藤環・筑波大教授(社会精神保健学)だ。

コンビニ食ばかり、疲れやすい…食生活が原因の「うつ」、その症状と対策は? | ダ・ヴィンチニュース

コンビニ食ばかり、疲れやすい…食生活が原因の「うつ」、その症状と対策は? | ダ・ヴィンチニュース

これといった原因もないのに、やる気が出ず、快眠できない…。「うつかも?」と、メンタルクリニックのお世話になる前にセルフチェックしたいのが、「栄養型うつ」の可能性です。

都市生活はうつ病の原因となる物質にあふれているという研究結果

都市生活はうつ病の原因となる物質にあふれているという研究結果

最近の研究により、緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが高いことが判明していますが、これを裏付けるような研究結果が発表されました。科学系情報メディアAnnual Reviewsに掲載された報告によると、都市部に多いとされる大気汚染や騒音などさまざまな環境要因が精神健康上のリスクとなることが少しずつ明らかになってきたということです。


Top