精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

殺人の原因にもなりうる抗認知症薬の大リスク | 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?

殺人の原因にもなりうる抗認知症薬の大リスク | 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?

医師から処方される薬剤が原因で、生気がなくなったり、落ち着きを失ったり、認知機能が低下したりする高齢者が数十万人に及ぶかもしれないとしたら信じられるだろうか。

これを「薬剤起因性老年症候群」と呼ぶが、高齢者にとって人生総決算の大切な時期に普段の自分を見失うことは、いわば尊厳を奪われるに等しい。注意を要する薬剤を適正に使っていない点では、まさに「薬害・廃人症候群」と呼ぶべきだろう。計3回の短期集中連載の最終回をお届けする。

サムハル(Samhall)~スウェーデンの障害者雇用に対する考え方 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

サムハル(Samhall)~スウェーデンの障害者雇用に対する考え方 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

日本では障害者雇用率が2.2%に引き上げられ、障害者雇用に対して、間口が広がっています。しかし、オープン就労だと多くの企業の雇用形態は非正規社員かつ、健常者よりも低賃金の場合が多く、労働者はその給料と障害年金を合わして生活しているケースもあります。

睡眠薬で高齢者を「寝かせきり」病院・施設の闇 | 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?

睡眠薬で高齢者を「寝かせきり」病院・施設の闇 | 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?

医師から処方される薬剤が原因で、生気がなくなったり、落ち着きを失ったり、認知機能が低下したりする高齢者が数十万人に及ぶかもしれないとしたら信じられるだろうか。

これを「薬剤起因性老年症候群」と呼ぶが、高齢者にとって人生総決算の大切な時期に普段の自分を見失うことは、いわば尊厳を奪われるに等しい。注意を要する薬剤を適正に使っていない点では、まさに「薬害・廃人症候群」と呼ぶべきだろう。計3回の短期集中連載の第1回「認知症の数十万人『原因は処方薬』という驚愕」(2020年1月22日配信)に続き、この問題を掘り下げる。

きっかけは「性欲」ではなく「支配欲」。「普通」の男性が痴漢になる理由|人間関係|婦人公論.jp

きっかけは「性欲」ではなく「支配欲」。「普通」の男性が痴漢になる理由|人間関係|婦人公論.jp

『NHK クローズアップ現代+』でも取り上げられた「痴漢被害」。「CHIKAN(痴漢)」という日本語が世界で通用する言葉になっている。主な被害者となる女性にとって、痴漢は許しがたい行為だ。番組にも登場した精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんによると、「痴漢行為の理由のほとんどが性欲ではない」という。その実態はーー(取材・文=古川美穂)

依存症の診療に医師の4割が拒否反応 理由は人手不足〈日精診 初調査〉|福祉新聞

依存症の診療に医師の4割が拒否反応 理由は人手不足〈日精診 初調査〉|福祉新聞

アルコールやギャンブルなどの依存症の患者の治療に、拒否的な精神科医が4割に上ることが12月19日、日本精神神経科診療所協会(日精診、三木和平会長)による初の調査で判明した=グラフ参照。診療所の人手不足が主な理由で、治療方法の確立と診療報酬上の評価が求められている。

発達障害とは?②~ADHD 基礎ワードと実例 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

発達障害とは?②~ADHD 基礎ワードと実例 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

前回の記事では発達障害の定義・よくある誤解についてご紹介しました。今回と次回を含む2つのコラムでは、主にADHD(注意欠陥多動性障害)について取り上げたいと思います。インターネットや医療用パンフレットなどでは、主な特性が「不注意・多動性・衝動性」の3つで紹介されている障害ですが、実際にそうした傾向がどういう形で現れるのか、どのように発達障害とかかわっているのかについて、少ないですが具体例も挙げながらお伝えしたいと思います。

現役精神科医の牧師が語る「うつからの脱出」 断食祈祷聖会(2)

現役精神科医の牧師が語る「うつからの脱出」 断食祈祷聖会(2)

第22回断食祈祷聖会の初日に行われた講演3では、現役の精神科医で牧師の山中正雄氏が「うつからの脱出」と題して講演した。講演では、うつ病に関する基本的な知識を伝えながら、うつ病の予防・対応方法について語った。

発達障害とは?~知ってるようで知らない発達障害の基本 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

発達障害とは?~知ってるようで知らない発達障害の基本 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

「発達障害」「ADHD」「アスペルガー症候群」という言葉を聞いたことがありますか?誰でもインターネットなどで気軽に情報を調べられる今の時代、どこかで耳にしたり目にする機会があったかも知れません。私も、自分の診断が下りる前から言葉だけは知っていました。身近になったようで意外とその実態を知られていない発達障害について、当事者の立場から、病院や就労移行支援事業所で学んだことも含め、紹介しようと思います。

発達障害の子どもが授業で困難を覚えたとき、スマホやタブレットの活用による支援を学校に相談するには? | ダ・ヴィンチニュース

発達障害の子どもが授業で困難を覚えたとき、スマホやタブレットの活用による支援を学校に相談するには? | ダ・ヴィンチニュース

スマホやタブレットを使って、学校の授業を受ける子どもが増えているという。ハイテクな授業を受けているわけじゃない。発達障害がある、もしくは授業を受ける上で何かしら困っている子どもたちが、テクノロジーによる学習支援を受けているのだ。


Top