精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

鬱にはなりたくない[楽しくなければ闘病じゃない:心臓バイパス手術を克服したテレビマンの回想記(第26話)] | 日刊SPA!

鬱にはなりたくない[楽しくなければ闘病じゃない:心臓バイパス手術を克服したテレビマンの回想記(第26話)] | 日刊SPA!

亡妻の鬱を思い出す

耳学問レベルの心疾患患者として、ボクには心配ごとがあった。というのは重篤な心疾患患者の20~40%は鬱になるとものの本にあったことである。鬱にはなりたくない。

ギャンブル依存症映画、作られるはずなかった家族崩壊の「その後」 - withnews(ウィズニュース)

ギャンブル依存症映画、作られるはずなかった家族崩壊の「その後」 - withnews(ウィズニュース)

ギャンブル依存症の人とその家族を描いた映画の続編がユーチューブで公開され、話題になっています。ギャンブルをやめられない夫と、それに耐え続ける妻、両親が争う姿を見て心に傷を負う幼い娘。そんな家族が、治療のため病院を訪れ、回復に向けて一歩を踏み出すまでを描いた4分半の動画です。再生回数は約8カ月で8千回を超えました。本来なら作られるはずのなかった映画の続編が、なぜ制作されたのか。監督を務めた小澤雅人さんに聞きました。

彼女たちが傷つきながらも複数の人とセックスをくり返すのはなぜ? 「メンヘラビッチ」のバックグラウンドを考える - wezzy|ウェジー

彼女たちが傷つきながらも複数の人とセックスをくり返すのはなぜ? 「メンヘラビッチ」のバックグラウンドを考える - wezzy|ウェジー

メンヘラという言葉は定義が広がり、取り扱いがむずかしいと感じます。語源は「メンタルヘルス」で、メンタルヘルスに問題を抱えた人、いわゆる精神疾患者が自虐的かつ自助的に使っていた言葉でしたが、近ごろはそのニュアンスからは離れ、「病みやすく依存の激しい人」というように性質や性格を表す使われ方が増えてきました。

子どもはSOSを言葉にできない! 小児性犯罪から守るため周囲の大人が今すぐできること - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

子どもはSOSを言葉にできない! 小児性犯罪から守るため周囲の大人が今すぐできること - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者、斉藤章佳(あきよし)氏は12年前から大森榎本クリニック(東京・大田区)で痴漢、強姦、小児性犯罪、盗撮・のぞき、露出、下着窃盗など1100人を超える性犯罪加害者と向き合い、国内でも先駆的な治療プログラムを行っている。

【産経抄】悪質クレームつけても「神様」と思い込んでいる お客様は神様ではない 11月20日

【産経抄】悪質クレームつけても「神様」と思い込んでいる お客様は神様ではない 11月20日

「お客様は神様です」。「国民的歌手」の故三波春夫さんの名文句である。これほど誤解されて広がった言葉も珍しい。実は、お客様イコール神様の意味ではない。芸の始原とは、神を前にしてのパフォーマンスだったといわれる。三波さんも、観客を神様に見立てて雑念を払っていた。いわば芸人としての誇りを示した言葉である。

自殺、一人悩まないで 座間事件受け未遂者が語る 12月に催し | 女性自身

自殺、一人悩まないで 座間事件受け未遂者が語る 12月に催し | 女性自身

自殺願望や生きづらさを抱える人たちに向けたイベント「『死にたい』あなたへ~座間市での事件に向けて、三人の自殺未遂体験者からのメッセージ~」が12月2日、東京都新宿区のライブハウス「新宿ロフトプラスワン」で開催される。

ひきこもりと働く、ケアとしての就労支援(工藤啓) - Yahoo!ニュース

ひきこもりと働く、ケアとしての就労支援(工藤啓) - Yahoo!ニュース

ひきこもり支援において就労は多大なストレスの源であると同時に、適切になされた就労支援は治療に匹敵する効果がある。精神科医の斎藤環氏は「ケアとしての就労支援」を提唱する。

「ニオイ」の変化にも要注意! アルツハイマー病と嗅覚の関係性 | editeur エディトゥール

「ニオイ」の変化にも要注意! アルツハイマー病と嗅覚の関係性 | editeur エディトゥール

早期発見と治療が重要なアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)。最近の研究では、アルツハイマー病の初期症状に“ニオイがしなくなる”ことが判明したという。アルツハイマーと嗅覚の関係について、精神科医の朝田隆先生に聞いた。

一定量の魚介類摂取でうつ病リスクが低下 がん研、日本人の追跡調査から確認

一定量の魚介類摂取でうつ病リスクが低下 がん研、日本人の追跡調査から確認

全国に住む10万人を10年以上追跡調査している「多目的コホート研究(JPHC研究)」のデータ分析から、1日に111gの魚介類を摂取するとうつ病発症リスクが低下していることを確認したと、国立がん研究センターが発表している。

フードバンクを障害者の働く場に 集荷、仕分け、配達など|福祉新聞

フードバンクを障害者の働く場に 集荷、仕分け、配達など|福祉新聞

宮城県富谷市のNPO法人ふうどばんく東北AGAINは今年5月、フードバンク(FB)団体としては全国初の障害者就労移行支援事業所「就労サポートセンターあがいん」(定員20人)を開所した。さまざまな人と出会い、触れ合うFB活動を通じ、復職・就労の実現を目指す。


Top