精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

コラム

発達障がい者とのコミュニケーションを通じ会社を変える
障がい者雇用センターのコミュニティは「共通善」を築く

行動する仲間を募集

先般伝えているように「障がい者雇用センター」なる新たなコミュニティを立ち上げ、現在、障がい者の就労支援と就労定着支援に関して真剣に考え、そして行動しようとする仲間を集めている。

その第一歩として、11月27日に東京都千代田区のLEC水道橋校を会場にして、「つながるからはじめよう」を行う予定だ。対象は就労移行支援事業所をはじめとする福祉事業者の支援者、障がい者雇用をしている、またはしようとする企業の担当者、さらに企業の人事に関する役割を期待されている社労士、そして何よりも就職しようとする障がい者とその家族や関係者、さらに実際に働いている障がい者の方々である。

これらそれぞれの立場からこのコミュニティに集まり、交わることがまずは私たちの狙い。立場によって分断化してしまうことによる「障がい者雇用」での「障壁」を取り除く試みであり、この交わりが受益者であるはずの障がい者をはじめ企業にとっても確実に良い効果を生むものだと力説し、仲間に、と呼び掛けている。

「営業」が非効率に

 かつては主に社会福祉法人などが運営していた障がい者の支援施設は、行政の措置時代の名残を引きずり、「福祉のやり方」がフォーマット化されている箇所は今も現実に残っているが、就労移行事業所は株式会社等、民間の参入が多く、その「福祉方式」は確実に「企業方式」に行動が変化しているのは違いないのだが、極端な言い方をすれば株式会社のやり方を踏襲しすぎての新たな分断化が生まれているのも事実としてある。

例えば、自事業所の利用者を就職させようと企業に個別なアプローチを「営業」として積極的な働きかけをするのはよいが、1つの事業所の利用者は20人以内の場合が多く、そこでマッチングできなければ企業との関係は終了してしまう。

これは私自身も、企業が「口を開けて待っている状態」に出会いつつ、自分の関係する事業所に該当者がいなければ、そのおいしい話は終わってしまうのである。

 各社が自分の商品を売り込み、買ってもらえなかったら終わり、ではなく、広いコミュニティの中で、就労支援員自身がつながり、企業もつながり、一人でも多くの方に雇用の機会を提供する、という同じ立場で動ければ、自然とその融合は情報交換から始まり、自分が属する事業所以外の就職希望者につながるはずだ。このコミュニティから生まれるのは、就労という入口でのつながりから就労を定着させる、という働く障がい者を中心に置いて障がい者を支援しようとする企業と支援員による取組。実はこの定着支援こそが現在において、最も必要とされながら、なかなか機能化するのが難しい分野である。

定着支援事業は就労移行支援事業所から就労した際に、その企業に長く「定着」するための支援事業で、就労して6か月は通所していた事業所が定着支援するケースが多いが、その後は新たな契約に基づいて、支援する個別の定着支援事業に切り替わる、という仕組みである。

潤滑なコミュニケーションのために

まずは入社しての定着支援は就労移行支援事業所の支援員が定期的な面談やヒアリング、コミュニケーション等を行い、課題が抽出された場合は、企業にそれを伝えたり、担当者と当事者との3者面談で課題をクリアしたり、順調に仕事ができていることを確認したりする。

簡単に書いてしまったが、これらをやること自体を企業が面倒くさがるケースは多い。当事者の口から苦情が出ないのを、何となく「うまくいっている」と勘違いし、話し合いの場を持たないまま時間が過ぎると、いつかそれは就労者にとっては「話を聞いてくれない」環境となり、企業への不信が募ってくるケースもある。

就労者と支援者の潤滑なコミュニケーションを常に行えるには、基本的に「それが必要だ」と思える当事者、支援者、企業担当者の共通認識である。私はこれを社会の共通善として、広め、障がい者雇用を広く進めたいと考えている。それを啓もうするコミュニティとしても、このセンターは機能したい。これは社会の利益のための行動である。

11月27日のフォーラムには、発達障がいの方とのコミュニケーションについて、元早稲田大教授で発達支援研究所長の山本登志哉先生に講演していただく予定だ。教育心理学の立場からのお話は、発達障がい児の親御さん向けに講評で全国で展開されている。その話とともに、障がい者就労を中心にしたコミュニケーションのコミュニティを形成したい。

ですから是非、一緒にコミュニティを築いてみませんか。まずはフォーラムへの参加をお待ちしています。懇親会もあるので、お気軽にどうぞ。

  • 80人見ました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コラムニスト

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ

    関連コラム

    ページの先頭へ


    Top