精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

コラム

TOKYO FMの「未来授業」で語る「暗闇を見る」こと
「障がい者」の新しい味方はマス化するのか

福祉視点の社会課題

TOKYO FMの番組「未来授業」で「障害がある子どもたちのための“大学”」をテーマに話をした。プロデューサーから1時間程インタビューされ、それを7分間に編集したものを4回に分けて展開するもので、話をしている私としては細切れの印象だが、聴者の「分かりやすさ」「聴きやすさ」を考えれば、短縮された7分のほうが効果的かもしれない。

テーマは「障害がある子どもたちのための“大学”」「“発達障害”を理解する」「障害者の社会参加」「暗闇の中で物を見る」に分けられ、福祉を語る、というよりは社会課題を福祉の視点を踏まえて紹介する、ような印象かもしれない。

番組のキャッチコピーは「FMメディアが次の時代を担う大学生へ送るエール。未来を生き抜くヒントを大学生と一緒に探す番組」だから、若者を動かす短いセンテンスのインパクトのある言葉が重要なのだろう。そのために、支援が必要な人の学びの場、として機能しているシャローム大学校は「障害者」に限定はしていないのだが、番組が設定したテーマには「障害者」が冒頭に来ているのは、やはり巷間の分かりやすさなのだと解釈している。

キャッチとの乖離

自分もマスコミにいた人間として、そのキャッチな言葉で読者や視聴者を結び付けようという意図はよくわかる。それはマスメディアに従事する者の使命でもあるから、マス化できる言葉や映像を探し発見し発出していくのは当然の流れ。ただ現場で当事者とともにいるとその現実との乖離を感じてしまう瞬間も少なくない。

特に番組は私を「福祉のプロフェッショナル」と紹介していたのには、少し居心地の悪さを感じてしまった。私は確かに福祉サービスを提供する就労移行支援事業所等を運営しているので、その道については福祉業界の他者からアドバイスを求められるケースもあるが、私も分からない部分は他者に聞くから、自分をプロだと思ったことはない。福祉サービスではない学びの場を先駆けて作っているのは、珍しい行動ではあるが、これは「福祉」の領域ではなく、もっと広い「共生」の中での行動のつもりなのだが、やはり要支援者への取組は「福祉」で括られたほうが分かりやすいということであろう。

現場は泥臭い対話

 これは私が番組で語った「暗闇を見る」話につながる。

 暗闇に入っていくときには懐中電灯が必要だ、と誰しも思う。暗闇が怖いから当然だ。懐中電灯で照らすと、照らした場所はくっきりと物が見えて安心するが、周辺の部分は見えなくなってしまい、なおさらに深い闇になってしまう。

 さて、この暗闇を福祉の世界に置き換え、懐中電灯に照らされた部分をわかりやすいキャッチな言葉だとする。そうすると、見えない暗闇も深くなってくるのである。だから、目を暗闇に慣らすように、暗闇をじっくり見たいと思う―。そんな話を番組ではしてみたが、通じたかどうかは不安だ。

TOKYO FMは、未来授業をこうも説明する。

「真のグローバル化とは『均質化』を目指すものでは決してありません。 多様な価値観=ダイバーシティを認め、新しい価値観を生み出していくには、 自由自在の発想で既存の垣根や壁を乗り越えていくことが求められます。知性、感性、野性 若い世代の3つのセンスを刺激し、 グローバル化の中で自らの立ち位置、足元を見つめながら、自らのこととして思考、 ここを起点として自らイノベーションを起こすように触発する。大学の講義では決して体験できない特別授業」。

つまり「グローバル」の中で「ダイバーシティ」を認め「イノベーション」を起こす、とのフローを示しているのは、時代のトレンドのようで非常にスタイリッシュではある。一方で現場に立つと「ノーマライゼーション」「ダイバーシティ」「インクルージョン」の実現には、それを心から欲する当事者たちがおり、その切実な声があるから、暗闇の中の行動としてはわりと泥臭い対話の繰り返しとなる。このイメージと作業の間は結構ギャップがある。

未来を意識する3月

前述の3つの言葉も社会では「福祉」なのかもしれないが、本当の授業はここから始まる。それは、「福祉とは何でしょうか?」という問いである。

さらに未来授業は自らを「日本や世界を舞台に第一線で活躍し、時代の礎を築いている『知の先達』による公開授業」により「彼らがこれまで培ってきた豊かな知見に基づき、専門領域に即した具体的なテーマのもと、 大学生との対話型討論を通じて、『知的エンターテインメント』としての場を提供します」とあるから、若者がその豊かな感受性で福祉という言葉を既存の領域や枠組みで語るのではなく、新しい社会におけるあらゆる人との関係性の中で、要支援者に対する行動を考え、普通の関わりあいを普通に考えられれば、未来授業は素敵な存在になるはず。

私が東日本大震災の風化を防ぐために被災者らへのインタビューをラジオ放送した時、番組のタイトルは「未来へのかけはし」だった。被災地の現場で活動した時の心境は暗闇だったことを思い出す。

3月11日の震災の日も近づいてきたことも相まって、今年は「未来」を意識しながら自分の責任を果たしたいとの思いを強くする。「未来授業」はこちらのURLからインターネットで聴けますのでお気軽にお入りください。

https://www.tfm.co.jp/future/detail/25884/

  • 103人見ました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コラムニスト

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ

    関連コラム

    ページの先頭へ


    Top