精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

神戸新聞NEXT|社会|遺体の「声なき声」に耳を 解剖医の西尾さんが著書 

神戸新聞NEXT|社会|遺体の「声なき声」に耳を 解剖医の西尾さんが著書

阪神間で年間200~300の遺体を解剖している兵庫医科大法医学講座(兵庫県西宮市)の西尾元(はじめ)主任教授(55)=神戸市東灘区=が、初の著書「死体格差 解剖台の上の『声なき声』より」を出版した。実際の執刀例を取り上げ、個々の生前に思いをはせながら、貧困や認知症、老老介護などの社会問題も描く。易しい文章でつづられ、西尾さんは「法医学が少しでも身近な存在になれば」と話している。(竹本拓也)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top