精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

在宅死のカリスマがあえて問う「今までマスコミは美談ばかり伝えてきた」 | 文春オンライン 

在宅死のカリスマがあえて問う「今までマスコミは美談ばかり伝えてきた」 | 文春オンライン

「最期は住み慣れたわが家で死にたい」。病院ではなく、家なら穏やかな最期を迎えられる──そんな在宅医療「礼賛」の記事や番組がたくさんつくられてきました。しかし、現実は必ずしも理想通りではないことを痛烈に指摘した本『痛い在宅医』(ブックマン社)が刊行されました。その著者が、「在宅死」を推奨してきたカリスマ医師、長尾和宏さんであったことも驚くべきことでした。

兵庫県尼崎市で20年以上にわたり在宅での看取りに取り組み、『「平穏死」10の条件』など多くの著作を世に問うてきた長尾医師に、医療現場に詳しいジャーナリストの鳥集 徹さんが「在宅医療のリアル」を聞きました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    報告 ID:qGEFHVdSJQ

    老人施設の生活リアル をじっくり聞いてくださる 医療に通じたジャーナリストさんに会いたい!!

      ページの先頭へ

      facebookコメント

      ページの先頭へ


      Top