精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

精神疾患患者が 地域で暮らすために 受け皿整え、退院支援 福岡・油山病院 在院を100日短縮 

精神疾患患者が 地域で暮らすために 受け皿整え、退院支援 福岡・油山病院 在院を100日短縮

1年以上の長期入院を余儀なくされている精神疾患患者の退院支援に積極的に取り組む病院が、福岡市にある。油山病院(280床)は、地元不動産業者などと独自に信頼関係を築き、退院後の受け皿を整えてきた。取り組みを始めて11年、長期入院患者の退院が増え、平均在院日数を約100日短縮できた。油山病院の試みを取材した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top