精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

精神病患者の監禁の実態を100年前に調査〜呉秀三の功績を追った映画 - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS 

精神病患者の監禁の実態を100年前に調査〜呉秀三の功績を追った映画 - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

東京渋谷の映画館・アップリンク渋谷で、ドキュメンタリー映画『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』が公開されている。

呉秀三(1865〜1932)とは、その功績から「日本の精神医学の父」とも言われている人物である。

オーストリアとドイツに留学して当時の最新の精神医学を学び、帰国すると東京帝国大学医科大学教授と東京府巣鴨病院医長に就任。巣鴨病院が場所を移して東京府立松沢病院となってからも、長くその院長を務めた。

当時、入院患者に当たり前のように使われていた手枷などの拘束具を廃棄するなど、患者の処遇改善に力を尽くした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top