精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「絵の数字が見えない場合ADHD、発達障害、LGBTの疑い」2011年のデマ再拡散 検査表本来の用途を医師に聞いた 

「絵の数字が見えない場合ADHD、発達障害、LGBTの疑い」2011年のデマ再拡散 検査表本来の用途を医師に聞いた

色覚異常用の検査で用いられる図を使い、「ADHDの疑い」「知能に問題あり、IQ低め」「同性愛者かも」などと診断するデマがTwitter上で拡散されています。元となった画像は2011年11月ごろに拡散されたもの。今回拡散されたツイートは7月5日に投稿され、現在は削除済みです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top