精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

万引き依存症と発達障害から考える、現代人に普遍的な“生きづらさ”解決策はあるのか?|サイゾーウーマン 

万引き依存症と発達障害から考える、現代人に普遍的な“生きづらさ”解決策はあるのか?|サイゾーウーマン

生きづらさを少しでも和らげるには、社会に適応できるかたちを見つけるしかない。それは犯罪行為を繰り返す万引き依存症や先天的な脳の障害による発達障害にいえることだが、そうでない人にも共通する解決策かもしれない。『万引き依存症』(イースト・プレス)の著者である精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんと、『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(同)のライターであり、自身も発達障害当事者であることをカミングアウトした姫野桂さんによる対談。後編では、生きづらさをどう乗り越えるかについて聞いた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

ページの先頭へ

facebookコメント

ページの先頭へ


Top