精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ジャニーズタレントに続発、パニック障害の恐ろしさ…突然に強烈な恐怖感や呼吸困難 

ジャニーズタレントに続発、パニック障害の恐ろしさ…突然に強烈な恐怖感や呼吸困難

11月28日、Sexy Zoneの松島聡の一時離脱が公表された。大みそかの『NHK紅白歌合戦』への出場が決定した矢先のことだ。本人の直筆文により明かされた理由は、「突発性パニック障害」と診断され、治療と静養の必要性から「一旦活動休止」を決断したというもの。

所属するジャニーズ事務所では、かつて堂本剛(Kinki Kids)が自著でパニック障害の体験を告白したほか、今年10月26日にはKing&Princeの岩橋玄樹が、幼少期から同じ病に悩まされてきた事実を公表し、今が「克服のチャンス」として、治療専念するために活動休止を宣言したばかりだ。くしくも今回の松島と岩橋は21歳と同年齢、この先も活躍が期待できる逸材だ。

米国精神医学会の診断・統計マニュアルで「パニック障害(Panic disorder)」の呼称が使われ始めたのは1980年。日本でも一般的に認知されるようになったが、実際の症状はよく理解されていない精神障害のひとつだといえる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top