精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

元ヤクザ組長、薬物依存症者を支援 生まれ変わって26年 「つながりの場」作りへ 

元ヤクザ組長、薬物依存症者を支援  生まれ変わって26年 「つながりの場」作りへ

薬物依存症者やその家族の回復をサポートするため、そして中高生の薬物乱用を防ぐために全国を飛びまわる男性がいる。「茨城ダルク今日一日ハウス」の代表・岩井喜代仁さん(71)だ。

ダルクでの活動を始めて26年となる岩井さん自身も、薬物依存に苦しんだ経験をもつ。元ヤクザの組長で、覚せい剤を売って生計を立てていた時、客に勧められ、「1度だけなら」と使ったことをきっかけに、薬物依存症になってしまったのだ。

それが今、なぜ支援する側にまわってるのか。薬物依存症となった岩井さんを救ったのは、意外な人物だった。岩井さんに話を聞いた。(編集部・吉田緑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top