精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「子殺し」「母性崩壊」…日本で児童虐待はどう捉えられてきたか(広井 多鶴子) 

「子殺し」「母性崩壊」…日本で児童虐待はどう捉えられてきたか(広井 多鶴子)

児童虐待が大きな社会問題になるのは1990年代以降のことである。以来、児童虐待は、「どの家庭でも起り得る」と言われ、一貫して「増加」「深刻化」していると考えられてきた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top