精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

認知症「早期診断」の「呪い」を解くために:「当事者視点の症候学」へ向けて|医療・福祉の専門家らによるwebマガジン オピニオンズ 

認知症「早期診断」の「呪い」を解くために:「当事者視点の症候学」へ向けて|医療・福祉の専門家らによるwebマガジン オピニオンズ

現在「認知症」の早期診断が急速に広まる中で、医療現場ではこれがどういう意味を帯び始めているのか?このような問題意識で「認知症早期発見時代のネオ・ジェロントロジー」と銘打ったシンポジウムを慶應大学で3月に開催したところ、認知症医療を牽引してきた第一線の専門医等が集まった。中でも印象的だったのは、ある医師による発言――「認知症」という診断が現在「呪い」として機能していないか――という問いを、フロアの医師や研究者たちが真摯に受け止め、認知症臨床をどうしたらより救いのあるものにできるか、熱い議論が交わされたことだった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    報告 ID:PQnGAmquOx

    あざみ野駅のたまプラーザは高橋裕さんのパワハラを逮捕してください

      ページの先頭へ

      facebookコメント

      ページの先頭へ


      Top