精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

発達障害の感覚の特異性とは~発達障害の私の幼少期体験談 

発達障害の感覚の特異性とは~発達障害の私の幼少期体験談

発達障害者は独自の感覚を持つことが、当事者出版や、テレビニュースなどを通じて認知され始めました。音が大きく聞こえる苦痛や、毛糸の衣服を着ると針で刺されているように感じるなどの「感覚過敏」の事例をよく耳にします。しかし、発達障害特有の感覚は過敏性に限らず、個人差が大きいです。発達障害の方々の感覚世界は、どれほど多様で複雑なのか。発達障害の傾向を持つ私自身の幼少期体験をもとに紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top