精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

勤続1年未満での離職が40%という介護業界(ザルで水をすくっているようなもの) | KAIGO LAB(カイゴラボ) 

勤続1年未満での離職が40%という介護業界(ザルで水をすくっているようなもの) | KAIGO LAB(カイゴラボ)

介護業界の人手不足は深刻です。介護業界全体として、他の業界よりも厳しい状況です。特に東京都と愛知県では、有効求人倍率が5倍を超えていたりもします。介護業界は赤字経営が多いのですが、人材の採用費用もどんどん高騰しています。

こうした人手不足は、高齢者が増える中、これから、もっと顕在化していきます。厚労省の予測では、2025年には、日本全国で34〜38万人が不足すると考えられています。2035年くらいまでは、同じペースで要介護者は増え続けるので、こうした人手不足は、慢性化することになります。

介護業界で人手不足が発生するということは、介護をお願いできるプロがいないという状況に直結しています。そうなると、親の介護を子供が直接行う必要性が高まり、介護離職も増えてしまうでしょう。そうして介護離職が増えると、日本全体の生産性が悪化し、社会福祉が維持できなくなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top