精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ADHDの人が才能や実力を発揮するための戦略、とあるCEOの場合 

ADHDの人が才能や実力を発揮するための戦略、とあるCEOの場合

注意欠陥・多動性障害(ADHD)のCEOであるAndrew Askinsさんは、知能は高いにも関わらず物事に集中できず「自分は怠惰だ」と思い込んだことから大学の成績が悪化したという経験を持ちます。一度は自分の能力を信じられなくなったAskinsさんですが、ADHDの診断を受け、会社を興したことで事態は一転。「ADHDの人が成功するには、『好きなことを仕事にすること』が必須である」として、才能や実力を発揮させる方法をつづっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top