精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

登戸の刺殺事件、「犯人は精神障害者」「無敵の人」に根拠なし。憶測に囚われた情報に注意を。 | ハーバービジネスオンライン 

登戸の刺殺事件、「犯人は精神障害者」「無敵の人」に根拠なし。憶測に囚われた情報に注意を。 | ハーバービジネスオンライン

5月28日午前7時41分頃、神奈川県川崎市多摩区登戸にて小学生16人を含む18人が包丁で刺されるという悲惨な事件が起きた。現場はJRと小田急が通る登戸駅の西側に広がる住宅地の中。小学6年生の女児(12)と男性(39)が死亡した。

事件を起こした男は、18人を殺傷したあと10メートルほど逃げ、自身の首を包丁で切りつけ、死亡した。そのため、事件の全貌は分からなくなった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    報告 ID:99jr7iB1g8

    犯罪白書の解釈に問題があるように思われます。

    「精神障害者の犯罪率は低い」については、殺人、放火などの凶悪事犯を除けば、精神障害者の軽微な犯罪(万引き、無銭飲食、住居侵入等)、は事件化されないということがあります。関係者(家族、治療者等)が出てきて、ごめんなさい、以後気を付けます、で終わってしまうことが多いのです。警察の姿勢もそのような方向です。

    「精神障害の疑いのある者」を精神障害者ではない、と言い切ってしまうのも問題があるように思われます。これはその事件当時に通院入院をしていないだけであって、診察を受ければその多くは精神障害者になるのではないでしょうか?

    一般者の方が犯罪比率が高いのは数が多いのですから当たり前のことです。幻覚、妄想などの症状の統合失調症者は全人口1%程度、その他の精神疾患を合わせても2~3%とすれば、これを基準に考えなければなりません。そのうえで精神障害者の犯罪率、殺人14.8%、放火20.3%は異常に高いと言わざるを得ません。

      ページの先頭へ

      facebookコメント

      ページの先頭へ


      Top