精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

僕が自分の発達障害の資料を作った理由。10歳の男の子が自作パワポで伝えたかったこと 

僕が自分の発達障害の資料を作った理由。10歳の男の子が自作パワポで伝えたかったこと

都内に住む10歳の男の子がパワポで作った12ページの資料が話題だ。男の子は4歳の時に発達障害だと診断されており、書かれているのは「発達障害って何?」というテーマ。

男の子は、自分が発達障害であることを知っている。小学4年生の時、学校の「総合」の授業で「共生」をテーマにしたまとめ学習に取り組み、資料を作ったという。

なぜ発達障害をテーマに選んだのか? 周りの人に何を伝えたいと思ったのか? 男の子と母親に話を聞いた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    報告 ID:Rf8XOPl313

    すばらしい!

      ページの先頭へ

      facebookコメント

      ページの先頭へ


      Top