精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

拒食症は単なる精神医学的な問題ではない、という新たな可能性 

拒食症は単なる精神医学的な問題ではない、という新たな可能性

拒食症などの摂食障害は精神障害の一種とされていますが、新たな研究で拒食症が「脂肪を燃やすこと」といった代謝と遺伝子的に関係する可能性が示されました。これまで心理的な治療が主に行われてきた摂食障害ですが、新たな治療法の扉が開かれるかもしれない、と期待が寄せられています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top