精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

孤独死の凄惨な現場をミニチュアで再現。ごみ屋敷や残されたペットから「人の思い」を読み取る | ダ・ヴィンチニュース 

孤独死の凄惨な現場をミニチュアで再現。ごみ屋敷や残されたペットから「人の思い」を読み取る | ダ・ヴィンチニュース

日本では現在、年間3万人が孤独死しており、社会問題にもなっている。誰にも看取られず自宅で亡くなり、ときには発見までに月日を有する孤独死は、誰だって迎えたくないエンディングだろう。ニュースなどで孤独死のことが取り上げられるたび、多くの人は気を付けようと意識するはずだ。だが、同時に心のどこかで「自分はきっと大丈夫」と、他人事のように思っていないだろうか。『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(小島美羽/原書房)は、孤独死の現実をダイレクトに伝え、私たちの意識を一変させる1冊だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top