精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

アメリカで10代の自殺率が激増 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン) 

アメリカで10代の自殺率が激増 | Rolling  Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

疫病管理予防センターのとある調査結果が疫学者や精神科医たちを悩ませている。その報告によると、米国内のティーンエイジャーの自殺率が2007年から2017年の間に約56%も上昇しているのだ。10歳から24歳の若者10万人のうち6.8人だった自殺者が約10.8人にまで跳ね上がってしまった。さらに、専門家達も増加の原因がわからず、有効な防止策を導き出せずにいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top