精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

認知症治療薬の最有力候補、治験中止から承認申請へ…前代未聞の大逆転なるか? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) 

認知症治療薬の最有力候補、治験中止から承認申請へ…前代未聞の大逆転なるか? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

製薬大手のバイオジェン(米)とエーザイが共同で開発を進めていた認知症治療薬アデュカヌマブが、来年初めにも米国で承認申請される見通しだ。アデュカヌマブは、認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病の根本治療薬として臨床試験(治験)が行われていたが、中間解析の結果、「有効性を示す可能性が低い」として、今年3月に中止された。「見込み薄」の評価から一転、承認申請へと動き出す異例の事態で、審査に当たる米食品医薬品局(FDA)の判断に注目が集まっている。(ヨミドクター 飯田祐子)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top