精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

トランスジェンダーの人々を「精神疾患」と見なす医療規範。当事者がより良い医療を受けるためには? | ハーバー・ビジネス・オンライン 

トランスジェンダーの人々を「精神疾患」と見なす医療規範。当事者がより良い医療を受けるためには? | ハーバー・ビジネス・オンライン

4月上旬、意識がもうろうとしながら診察室で医師の診察を私は聴いていた。向精神薬とアルコールの離脱症状の兆候がみられ、救急入院でこの精神病院に来た私は藁にもすがる思いでいた。

一通りの身体検査の後、医師は私の「自分史」をかなり詳しく尋ねてきた。「自分史」というのは精神科医療においてジェンダー問題に特化したクリニック(通称、ジェンダー・クリニック)が患者にまず問う、自らのジェンダーの歴史である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top