精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

SNSで繋がる?覚せい剤をやめられない妊婦の証言<薬物裁判556日傍聴記> | 日刊SPA! 

SNSで繋がる?覚せい剤をやめられない妊婦の証言<薬物裁判556日傍聴記> | 日刊SPA!

新型コロナ禍により覚せい剤業者が潤っているらしいという噂を聞いた。ステイホーム中にやることがなく、薬に耽溺する人間が増えたとか。“薬局”(覚せい剤業者の隠語)がコロナ禍に流行るとは、なかなか皮肉な話だ。

556日、薬物事案の裁判を傍聴した斉藤総一さんの記録のなかから今回紹介するのも、覚せい剤取締法違反のケースだ。被告の奥百香(おくももか・仮名)は妊婦で、「お腹が大きく、ふにゃふにゃしてロレツがまわっていない口調で裁判官に答えていたのがとても印象的だった」という。曰く、「かなり異常だった」と。被告(あるいは覚せい剤)のどこが異常なのか。この傍聴でその一端が垣間見えるだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top