精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

“おじさん”の自殺はなぜ減ったのか? 元自殺予防総合対策センター長・竹島正さんに聞く 

“おじさん”の自殺はなぜ減ったのか? 元自殺予防総合対策センター長・竹島正さんに聞く

警察庁によると、ことし8月の自殺者数(速報値)が大幅に増加した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響があったのかどうか、これから分析をすすめるということだが、一方で、昨年2019年の年間自殺者数は、統計をとるようになってから最少となっていた。1998年から2011年にかけての「急増期」は、年間3万人台だったものの、東日本大震災の翌年から3万人を下回っている。はたして、どんな要因があるのだろうか。

国立精神・神経センター精神保健研究所で、自殺予防総合対策センター長をつとめ、現在は一般社団法人「自殺予防と自死遺族支援・調査研究研修センター」の理事である竹島正さんにこれまでの日本の自殺対策について聞いた。(ライター・渋井哲也)

なお、自殺統計は、警察庁の自殺統計原票を集計した「自殺統計」と、厚生労働省の「人口動態統計」があるが、この記事では、原則として、警察庁の「自殺統計」に基づく。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top