精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ADHDの筆者が語る、発達障害「乳幼児期からの療育」の重要性 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン 

ADHDの筆者が語る、発達障害「乳幼児期からの療育」の重要性 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

発達障害は、発現する乳幼児期から適切に療育を行うことで、本人の「生きづらさ」を改善することができます。人とのコミュニケーションが上手くいかない等、「生きづらさ」を理由に医療機関を受診し、大人になってから「発達障害」が発覚するケースが増加しているいま、「児童発達支援事業」の充実は急務だといえます。しかし、療育の機会を望んでいる子どもたちに対して、事業所数が圧倒的に足りていないのが現状です。本連載では、27年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペルの代表取締役の大坪信之氏に、フランチャイズ投資先としての「児童発達支援事業」の最新事情を伺いました。第1回は自身がADHDであると公表している大坪氏の幼少期からの体験をもとに、「乳幼児への療育の重要性」を解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top