精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ストレスとうつ病のつながり カギとなる脳内タンパク質を特定 

ストレスとうつ病のつながり カギとなる脳内タンパク質を特定

気分を制御するホルモン「セロトニン」の機能とストレスホルモン放出の両方に対して重要な役割を果たす脳内タンパク質が、スウェーデン・カロリンスカ研究所のチームにより特定された。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top