精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

身体拘束だけが問題なのか NZ人青年の死に凝縮された日本のメンタルヘルスの課題 - wezzy|ウェジー 

身体拘束だけが問題なのか NZ人青年の死に凝縮された日本のメンタルヘルスの課題 - wezzy|ウェジー

中編では、前回紹介した2つの悲劇のうち、2017年5月に精神科病院に入院中だったニュージーランド人青年ケリー・サベジさん(当時27歳)が、身体拘束に関連して心肺停止状態となり7日後に死亡した出来事を中心に、日本の精神医療に関連した問題の数々について考えたい。

精神科病院の中で人知れず発生した出来事ではあるが、精神科病院が日本の一部である以上、日本で生きるすべての人にとって「明日は我が身」でありうる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top