精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

子供の発達障害、母親より父親の加齢が影響?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 

子供の発達障害、母親より父親の加齢が影響?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授らは、父親の加齢が子どもの神経発達障害の発症に影響する仕組みの一端を解明した。父親マウスの高齢化に伴う、精子のDNA(デオキシリボ核酸)の化学修飾度合いが子どもマウスの行動異常に関与していることを突き止めた。さらに父親マウスの精子だけでなく、精子を経由した胎児マウスの脳の形成に制御因子が関与していることも見いだした。神経発達障害の予防や治療法の開発が進むことが期待される。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top