精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「カサンドラ」妻が結婚前、夫が「アスペルガー」だと見抜けない理由(野波 ツナ)

「カサンドラ」妻が結婚前、夫が「アスペルガー」だと見抜けない理由(野波 ツナ)

「アスペルガー症候群」のパートナーを持つ人が抱える問題「カサンドラ症候群」について注目が集まっています。「カサンドラ症候群」の原因はパートナーとの間に共感がないこと、そしてそれを周囲に理解してもらえないことだと言います。では一体「カサンドラ症候群」になりやすい人とはどんな人なのでしょうか。アスペルガー症候群の夫を持ち、本人も長年カサンドラに悩まされてきた漫画家の野波ツナさんにお話を伺います。

「私もミシェルに救われた1人です!」精神疾患で入院のデスチャのメンバーに激励の声

「私もミシェルに救われた1人です!」精神疾患で入院のデスチャのメンバーに激励の声

ビヨンセも属した音楽グループ、デスティニーズ・チャイルドの元メンバーのミシェル・ウィリアムズが、精神疾患のため精神療養施設に入所していたことが明らかになった。ミシェルは、以前から鬱病であることを明かしていた。

「薬は回復を後押しする補助手段です」 『うつ病診療における精神療法』 | J-CAST BOOKウォッチ

「薬は回復を後押しする補助手段です」 『うつ病診療における精神療法』 | J-CAST BOOKウォッチ

その通り、と思うタイトルの本だ。『うつ病診療における精神療法――10分間で何ができるか』(星和書店)。17人の臨床医がそれぞれの経験をもとに、時間的な制約がある中で、どうやって診察や治療の効果を上げるかを語っている。

言外に、短時間で診るのは難しいというニュアンスがこもる。その中でどうすればいいか。書き手だけでなく読者もおそらく同業者。共通の悩みを語り合い、より良い解決策を模索しているようにも感じる。

長時間ネットを使用して過ごす10代の若者はADHDの症状が出る可能性(米研究) : カラパイア

長時間ネットを使用して過ごす10代の若者はADHDの症状が出る可能性(米研究) : カラパイア

手元にあるスマホはいつでもネットとつながっている。

SNSからの通知が四六時中届き、いくつもの返信やら「いいね」やらで大忙しだ。更には通販サイトからタイムセールの通知、グループLINEでの応答、おっとYOUTUBEで好きなチャンネルの最新映像があがってる。こんな状態で果たして何かに集中することができるのだろうか?

こうした手軽なフィードバックと満足が若い人たちの心に悪影響を与えるかもしれないという研究はかねてから行われているが、最新の研究論文でも、そうしたつながりは懸念すべき代償をともなうと示唆している。

デジタルメディアを多く利用する10代の若者にADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状が高い割合で見られたという。

「自閉スペクトラム症の人が見ている世界」の疑似体験で、行動の意味や困難さを理解する取り組みとは?【LITALICO発達ナビ】

「自閉スペクトラム症の人が見ている世界」の疑似体験で、行動の意味や困難さを理解する取り組みとは?【LITALICO発達ナビ】

自閉スペクトラム症のある人が見ている世界を、工学技術とのタッグで解析し、支援に役立てていく「CREST認知ミラーリング」プロジェクト。このプロジェクトの一環として、自閉スペクトラム症の人が見ている世界を体験できるワークショップが行われています。 自閉スペクトラム症のある人たちが持つ困難さの一部には、感覚の過敏さ・鈍麻さが影響していると考えられています。周りの人たちも、彼らの見えている世界を知ることで、行動の意味が分かり、相互理解が進むのでは――。プロジェクトが思い描く、未来図とは?

勝間和代「発達障害でも挫折しなかった」ワケ | 健康

勝間和代「発達障害でも挫折しなかった」ワケ | 健康

言わずと知れたベストセラー著者であり、ライフハック界のカリスマ・勝間和代さんと、著書『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』の中で、さまざまな失敗を告白している借金玉さん。一見真逆の人生を歩んできたように見える2人ですが、「ADHD(注意欠陥・多動症)の診断を受けている」という共通点があります。

「普通の人ができることができない」ADHDのネガティブな側面とどのように向き合い、どのように克服してきたのかを語ってもらいました。

「パニック障害」って、実際どんな病気? 当事者が描く、苦しみ抜いた地獄の日々。その救いとなったものは…… | ダ・ヴィンチニュース

「パニック障害」って、実際どんな病気? 当事者が描く、苦しみ抜いた地獄の日々。その救いとなったものは…… | ダ・ヴィンチニュース

以前勤めていた会社の上司が、ある日を境に出社しなくなったことがあった。どうやら、朝起きられない、家を出ようとすると体調が悪くなる、電車に乗れない、といった症状に悩まされているとのこと。なんとか体調を整えて出勤します。彼女はそう言ったまま、一度も出社することなく退職してしまった。後に聞いた話だが、彼女が患っていたのは「パニック障害」だったという。

「朝が苦手」は遺伝かも…無理な早起きは事故やうつ、心疾患のリスク 夜型の人に理解を! : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

「朝が苦手」は遺伝かも…無理な早起きは事故やうつ、心疾患のリスク 夜型の人に理解を! : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。今回は「朝型夜型ってどうやって決まるの?」という疑問を取り上げます。朝型生活バンザイ! みたいな記事をよく見かけますが、誰でも簡単にできるわけではありません。


Top