精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「自分が障害者なのは神のせい!?」〜事実を受け入れて生きていくのに必要な姿勢

「自分が障害者なのは神のせい!?」〜事実を受け入れて生きていくのに必要な姿勢

「自分は発達障害ではないか?」と思い、医師からの診断を受けたいと考える成人は増え続けています。確かに、正式に診断を受けることで、ホッとすることができます。しかし、「自分が障害者である」という事実を受け入れられるようになるまでには、相当の葛藤があることを覚悟しなければなりません。今回は自身の体験を通して、事実を受け入れ、前向きに力強く生きていくために必要だと私が考える姿勢をご紹介したいと思います。

男性でも「摂食障害」になってしまう理由 精神保健福祉士・斉藤章佳さんインタビュー - メシ通 | ホットペッパーグルメ

男性でも「摂食障害」になってしまう理由 精神保健福祉士・斉藤章佳さんインタビュー - メシ通 | ホットペッパーグルメ

話題の著書 『男が痴漢になる理由』『万引き依存症』(イースト・プレス刊)の著者で、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さん。

長年、アルコールや薬物、性、ギャンブルなど依存症の治療に携わってきたが、そんな斉藤さん自身、実は若い頃に「チューイング」といわれる摂食障害に苦しんだという。

沖縄でのホームレス生活でそれを克服したという斉藤さんに、男性でも摂食障害になる理由、克服した経緯、依存症の病理、沖縄での食の思い出などを聞きました。

慶應卒男性がパワハラでうつ病、無職に…社会復帰できた理由は? | bizSPA!フレッシュ

慶應卒男性がパワハラでうつ病、無職に…社会復帰できた理由は? | bizSPA!フレッシュ

運悪くブラック企業に入社し、過酷な労働環境に身を置くビジネスパーソンもいます。そこから抜け出せても心身を食い潰され、社会人としてのキャリアを棒に振ってしまうケースがあるとか。

一度、レールから外れてしまうと、戻ってくるのが困難だというのが現実のようです。

「『私はADHDだから』と開き直らないで!」精神科医が“自称ADHD”たちに伝えたいこと|サイゾーウーマン

「『私はADHDだから』と開き直らないで!」精神科医が“自称ADHD”たちに伝えたいこと|サイゾーウーマン

発達障害の一種であるADHDに悩む大人の女性たち――そんな彼女たちが恋や仕事で壁にぶつかった際の対処法をまとめたのが『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます。』(東洋館出版社)である。今回、著者の司馬クリニック院長・司馬理英子先生にインタビューを行い、前編では、“女性だからこそ”感じるADHDのしんどさを解説いただいた。後編では、ADHDの認知度が高まるとともに増える「もしかしてADHDかも?」というグレーゾーンの人々に関する見解をうかがった。

依存症理解へカフェ アルコールや薬物…患者交流の場に 田川市の精神科病院が19日から

依存症理解へカフェ アルコールや薬物…患者交流の場に 田川市の精神科病院が19日から

アルコール依存症などの治療に取り組む田川市夏吉の精神科病院「一本松すずかけ病院」(395床)が、当事者や家族、一般の人たちが気軽に集まって語り合う「依存症カフェ」を月1回のペースで始める。情報交換や相談の場としてだけでなく、依存症全般への理解を深めてもらうのが狙いで、今月19日に1回目を開く。担当者は「精神科病院や依存症は一般になじみが薄く、敬遠されやすい。関心ある人に立ち寄ってほしい」と話している。

発達障害は病気というよりも、少数派の「種族」だから生きづらい | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

発達障害は病気というよりも、少数派の「種族」だから生きづらい | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

私はこれまで、発達障害の専門医として、こんな質問をよく受けてきました。「発達障害と個性はどう違うのか?」と。私はその違いについて、拙著『発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち』(SBクリエイティブ)にまとめました。

地獄の始まり… 人はなぜアルコール依存症に陥るのか│NEWSポストセブン

地獄の始まり… 人はなぜアルコール依存症に陥るのか│NEWSポストセブン

「アルコール依存症は、お酒を飲めば誰でもなり得る薬物依存症の1つです。今は問題がなくても、お酒を毎日飲み続けていれば、どんな人でもなる可能性があるんです」

そう話すのは、アルコール依存症の専門医で、『さくらの木クリニック秋葉原』院長の倉持穣さんだ。

「睡眠薬」と「睡眠改善薬」は全く別物だ 数回使うと耐性ができて効き目低下 | プレジデントオンライン

「睡眠薬」と「睡眠改善薬」は全く別物だ 数回使うと耐性ができて効き目低下 | プレジデントオンライン

寝酒は“百害あって一利なし”。眠れないときに頼りになるのが睡眠薬。使い方を間違えれば効果が薄れるばかりか体調を崩しかねないが、正しい知識をもち、必要なときに適切に使うことで、不眠は解消できる。

「起業家うつ」増加の実態、メンタルヘルスを損なう6つの事情

「起業家うつ」増加の実態、メンタルヘルスを損なう6つの事情

起業がブームだ。有望なベンチャーに投資したいという資金はあふれ、投資家同士が獲得競争をしている。その一方、このようなデータがある。「起業家の49%が、生涯に一度はメンタルの問題を抱える」というのだ。

精神障害の処方薬と信頼できる主治医との関係〜寛解し社会復帰を目指すために

精神障害の処方薬と信頼できる主治医との関係〜寛解し社会復帰を目指すために

双極性障害や発達障害の治療を受け続けている時、私は本当に良くなるのかな?今服用している治療薬や診断は本当に正しいのかな?体調が悪い時ほどそういう思考になりがちです。自分の中でモヤモヤを溜めるより、診察を受けて主治医の心強いアドバイスをもらう方が気持ちを和らげることができます。


Top