精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(2)高校進学における課題

発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(2)高校進学における課題

学習意欲を持つ発達障害の生徒たちは、一度は全日制高校への進学を希望するが、彼らが必要とする「個別的な配慮」と「対応」ができない学校側の事情により、入学が許可されないケースがある。

うつ病ってこんなにもしんどいの〜誰か助けて!

うつ病ってこんなにもしんどいの〜誰か助けて!

うつ病ってよく聞く病気じゃないですか。私の友人もうつ病になり苦しんでいました。友人の母も30年以上うつ病で、苦しくて何度も自分の夫に「助けて!」と叫んだそうです。外見的にはそんなに苦しんでいるようには見えないのに、家の中では苦しさとの戦いだったようです。

「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代 | 文春オンライン

「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代 | 文春オンライン

「ひきこもりが自己責任だという捉え方は明らかに間違いです。長引くひきこもりは、家族の思惑や社会のプレッシャーや本人の苦しさなど、さまざまな要因が複合して成立する現象で、自分の意思決定ではありません。どこの家庭でも、どんな年齢の誰にでも起こりうる現象ですから、世間は寛容になってもらいたいと思います」

こう語るのは、精神科医として30年前から不登校やひきこもりの問題に取り組んできた、斎藤環・筑波大教授(社会精神保健学)だ。

コンビニ食ばかり、疲れやすい…食生活が原因の「うつ」、その症状と対策は? | ダ・ヴィンチニュース

コンビニ食ばかり、疲れやすい…食生活が原因の「うつ」、その症状と対策は? | ダ・ヴィンチニュース

これといった原因もないのに、やる気が出ず、快眠できない…。「うつかも?」と、メンタルクリニックのお世話になる前にセルフチェックしたいのが、「栄養型うつ」の可能性です。

都市生活はうつ病の原因となる物質にあふれているという研究結果

都市生活はうつ病の原因となる物質にあふれているという研究結果

最近の研究により、緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが高いことが判明していますが、これを裏付けるような研究結果が発表されました。科学系情報メディアAnnual Reviewsに掲載された報告によると、都市部に多いとされる大気汚染や騒音などさまざまな環境要因が精神健康上のリスクとなることが少しずつ明らかになってきたということです。

独女が83歳認知症父の介護…危機を救った介護保険の「利用法」(田中 亜紀子)

独女が83歳認知症父の介護…危機を救った介護保険の「利用法」(田中 亜紀子)

フリーライターの田中亜紀子さんは現在83歳の父の運転をやめさせることに四苦八苦した。認知症の中でもピック病だということが判明し、専門病院の医師のひと言で1年にも及ぶ運転をめぐる攻防は終わりを告げたが、介護生活は終わらない。独身でライターという不規則な仕事で生計をたてており、かつ介護はほぼ一人でやらなければならない状態だった。多くの介護保険サービスを知ったという田中さんに、意外と知られていない、便利な活用法についてまとめてもらった。

深刻な「うつ」に悩んだ当事者が、たくさんの治療法からあなたにぴったりの解決法を提案 | ダ・ヴィンチニュース

深刻な「うつ」に悩んだ当事者が、たくさんの治療法からあなたにぴったりの解決法を提案 | ダ・ヴィンチニュース

新年度のバタバタが一息ついて、大型連休明けのこの時期、まわりに「最近なんだか元気がないな…」という人はいませんか? それはもしかしたら、メンタル不調のサインかもしれません。あるいは季節に関係なく、まさに今、自分自身の不調と向き合っているという方もいるのではないでしょうか。

「うつ」と「うつ病」は違う 大事な受診のタイミング|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

「うつ」と「うつ病」は違う 大事な受診のタイミング|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

うつ病の人が増えている。社会生活や仕事が複雑なものになっていることに加え、以前よも精神科受診に対する心理的ハードルが低くなっていることも原因とみられている。誰でも耳にするうつ病だが、正確に診断し正しく治療することが難しい病気でもある。うつ病の正しい理解を日本うつ病学会理事長を務めた、六番町メンタルクリニック(東京・千代田)の野村総一郎所長に伺った。

増加する高齢者うつ、薬効かない場合は…双極性障害の可能性も 〈週刊朝日〉

増加する高齢者うつ、薬効かない場合は…双極性障害の可能性も 〈週刊朝日〉

高齢者の10~15%程度は発症しているといわれるうつ病。ほかの年代のうつ病よりも自殺のリスクが高い傾向があるが、治療の基本となる薬物療法が効かない場合も少なくない。そうした場合に有効な治療法があるという。

気になる、確認する、また気になる〜強迫性障害と私

気になる、確認する、また気になる〜強迫性障害と私

強迫性障害という病気のことを知らない人も多いと思います。病気とは知らずに「あの人は超神経質だなあ」と思っている人も多いのではないでしょうか?強迫性障害とは性格的なものではなく、読んで字のごとく障害(病気)なのです。


Top