精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

じつは多い女性のうつ病。特有の事情と、リスク回避法 | ESSEonline(エッセ オンライン)

じつは多い女性のうつ病。特有の事情と、リスク回避法 | ESSEonline(エッセ オンライン)

警視庁の発表によると、2020年11月の自殺者は1798人と前年同月比11%増に。
とくに注目されているのが、女性の自殺者数の増加です。2020年10月は82.6%増と、ショッキングな数値になっています。
詳細は公表されていませんが、このコロナ禍で精神的にも経済的にも追い詰められてしまったのが大きな原因と考えられています。

「メンタルコーチとして活動してきたこの10年間、クライアントさんの8割強が女性でした」と語るのは、うつ専門メンタルコーチの川本義巳さん。
じつは多い女性のうつ病について、教えてもらいました。

発達障害の僕から「自分の子は発達障害?」と悩む親に必ず伝えたい2つのこと

発達障害の僕から「自分の子は発達障害?」と悩む親に必ず伝えたい2つのこと

『子育てベスト100』著者の加藤紀子さんは、借金玉さんの著書『発達障害サバイバルガイド』について、「当事者向けに書かれた本だが、実は子育てにも使える」「親が感じる“子どものことをわかりたい”“でも、どうしたらいいかわからない”という悩みに、具体的でわかりやすいヒントを教えてくれる良書」と、この本を絶賛しています。今回、この二人の対談が実現。「子ども」「親」それぞれの立場から、発達障害と子育てについて語ってもらいました。

僕が双極性障害にいたるまで~自身の過去の振り返り(前編) - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

僕が双極性障害にいたるまで~自身の過去の振り返り(前編) - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

現在、僕は「双極性障害II型」と診断されています。その前に「うつ」と「適応障害」の診断も受けました。なぜ、そうなったのか、僕の辛かった過去を振り返りながら、現在にいたるまでを、前編と後編に分けて、紹介したいと思います。

信じられない、自分が"うつ病"になってしまった。 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

信じられない、自分が"うつ病"になってしまった。 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

「うつ病」最近ではよく耳にする病気だと思います。実際に「うつ病」になった私がこの病に至るまでの過程の体験記です。「うつ病」によく出る症状を理解できずに「心療内科」への受診を遠回りしてしまい、病状も悪化させてしまった私の失敗談でもあります。

初めて「障害」を打ち明けた その後に知った「優しさに包まれる」感覚

初めて「障害」を打ち明けた その後に知った「優しさに包まれる」感覚

うその自白には軽度知的障害、発達障害、愛着障害などが背景にあった。獄中鑑定で明らかになり、報道されたことで西山美香さん(41)の雪冤への道は大きく開けることになった。だが、西山さんが自分の障害を受け入れるまでにはその後、長い時間が必要だった。

虐待、被災、うつ病…これでも貧困は自己責任か? 25歳男性の過酷すぎる半生 | 日刊SPA!

虐待、被災、うつ病…これでも貧困は自己責任か? 25歳男性の過酷すぎる半生 | 日刊SPA!

2019年度に認知された児童虐待件数は19万3780件で過去最多になり、2020年度は新型コロナの影響で、さらなる増加が不安視されている。ストレスに耐えかねた大人たちの不満のはけ口にされるのは、いつも幼い子供たちだ。

9歳女児は無人の家庭科室で…繰り返される学校での性犯罪 教職員の「無犯罪証明書」と必要な更生の機会

9歳女児は無人の家庭科室で…繰り返される学校での性犯罪 教職員の「無犯罪証明書」と必要な更生の機会

学校で教師が子供にわいせつ行為をする事件が、たびたび起きている。

こうした被害から子供たちを守るため、性犯罪を行った人が二度と教壇に立てないよう「犯罪歴が無いことの証明=無犯罪証明書」という仕組みを、教育現場に導入しようという動きが広がっている。

一方、「加害者の更生の機会が失われる」と、警鐘を鳴らす人もいる。

おむつに手を入れ大騒ぎ…嫁がギョッとした認知症義母の一言 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

おむつに手を入れ大騒ぎ…嫁がギョッとした認知症義母の一言 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

入院中に大腿骨を骨折した姑。手術は成功した一方で、介護の負担が減ることはなかった。息子夫婦の協力によってつかの間の休息をとることができたものの、癇に障るお見舞いや姑の理解できない言動に今後への不安が募っていく。 ※幻冬舎ゴールドライフオンラインの人気エッセイ『嫁姑奮戦記』を連載でお届けします。

発達障害の僕が発見した「失敗しても周りから見捨てられない人」と「信用がいっきに崩壊する人」の決定的な差

発達障害の僕が発見した「失敗しても周りから見捨てられない人」と「信用がいっきに崩壊する人」の決定的な差

発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。

近著『発達障害サバイバルガイド──「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』では、借金玉さんが幾多の失敗から手に入れた「食っていくための生活術」が紹介されています。

働かなくても生活することはできますが、生活せずに働くことはできません。仕事第一の人にとって見逃されがちですが、生活術は、仕事をするうえでのとても重要な「土台」なのです。 この連載では、本書から「在宅ワーク」「休息法」「お金の使い方」「食事」「うつとの向き合い方」まで「ラクになった!」「自分の悩みが解像度高く言語化された!」と話題のライフハックと、その背景にある思想に迫ります。

子供の発達障害、母親より父親の加齢が影響?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

子供の発達障害、母親より父親の加齢が影響?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授らは、父親の加齢が子どもの神経発達障害の発症に影響する仕組みの一端を解明した。父親マウスの高齢化に伴う、精子のDNA(デオキシリボ核酸)の化学修飾度合いが子どもマウスの行動異常に関与していることを突き止めた。さらに父親マウスの精子だけでなく、精子を経由した胎児マウスの脳の形成に制御因子が関与していることも見いだした。神経発達障害の予防や治療法の開発が進むことが期待される。


Top