精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「発達障害?私が…ですか?」2児ママが医師に言われた衝撃的なひと言|ベビーカレンダーのベビーニュース

「発達障害?私が…ですか?」2児ママが医師に言われた衝撃的なひと言|ベビーカレンダーのベビーニュース

現在2児のママが育児に行き詰まり、思い切って心療内科を受診してみたら、医師から発達障害の疑いがあると言われて衝撃を受けたそうです。その過程や、最終的な診断とはどんなものだったのかをお伝えしています。

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み

福岡県は今年5月、性暴力の加害者や自身の性的な問題行動で悩む人を対象とする「性暴力加害者相談窓口」を開設した。性犯罪で刑事処分を受けた人の相談窓口は大阪府にもあるが、犯罪の有無にかかわらず相談に応じるのは全国で初めて。被害者を減らすために加害者となるのを防ぐ「画期的な試み」だという。

発達障害を「職場や家庭の対応がまずかった」とする恐ろしさ | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

発達障害を「職場や家庭の対応がまずかった」とする恐ろしさ | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

本記事では精神保健福祉士・野坂きみ子氏の書籍『“発達障害かもしれない人”とともに働くこと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」についてひも解いていきます。

「ひきこもり死」を防げるか――高齢親失った中高年「8050問題」最終章 - Yahoo!ニュース

「ひきこもり死」を防げるか――高齢親失った中高年「8050問題」最終章 - Yahoo!ニュース

「ひきこもり」の人たちは、全国に100万人以上いると推計。その半数以上にあたる約61万人が中高年であることが、内閣府が行った調査で明らかに。 親とともに「ひきこもり」の子が孤立する「8050問題」は、高齢化が進んだことで最終局面を迎えている。 ひきこもった末に命を落とす「ひきこもり死」が全国で相次ぐ。命の危険が迫っているにもかかわらず、残された子がひきこもりを続けるのはなぜなのか。

飛び降りてしまいたい…3年近く「産後うつ」に苦しんだ元正社員女性の告白(なかの かおり)

飛び降りてしまいたい…3年近く「産後うつ」に苦しんだ元正社員女性の告白(なかの かおり)

「産後うつは甘え」というツイートが今秋、話題を呼んだ。現実は、そんなことはない。妊産婦の死亡原因で一番多いのは自殺だと2018年、初の全国的な調査で明らかになった。虐待のニュースも後を絶たない。先日も冷凍庫から4カ月の赤ちゃんが遺体で発見される痛ましい事件が起きたばかりだ。では、産後うつはどのように対応すればいいのか。不安定になりやすい妊娠期から産後にわたって、うつを体験した女性に取材した。

「家事手伝い」が隠れ蓑に。表面化しにくい女性のひきこもり問題|中高年ひきこもり|斎藤環

「家事手伝い」が隠れ蓑に。表面化しにくい女性のひきこもり問題|中高年ひきこもり|斎藤環

「ひきこもり」といえば、若者というイメージを持っている人も多いだろう。ところが今、40~64歳の「中高年ひきこもり」が増えているという。その数、推計で61万人。「8050問題」とも言われるこの状態を放置すれば、多くの家族が孤立し、親の死後には困窮・孤独死にまで追いつめられていく……。そう警鐘を鳴らすのは、この問題の第一人者である斎藤環さんだ。斎藤さんの著書『中高年ひきこもり』より、一部を抜粋しよう。

漱石、太宰…名だたる文豪も抱えていた、深刻な「愛着障害」 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

漱石、太宰…名だたる文豪も抱えていた、深刻な「愛着障害」 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

うつ、不安・緊張、対人関係の問題、依存症――近年、これらの悩みを抱える人はますます増えている。実は、それぞれに共通する原因になり得るものとして、親との関係によって築かれる「愛着」がある。ここでは、「愛着アプローチ」という手法を用いて、現代人の悩みの解決に寄与したい。※本連載は、精神科医・作家である岡田尊司氏の『愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる』(光文社新書)より一部を抜粋・再編集したものです。

無気力症候群をご存知ですか?~「アパシー・シンドローム」とは? - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

無気力症候群をご存知ですか?~「アパシー・シンドローム」とは? - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

判断を誤るとうつ病や、更年期障害、甲状腺機能低下症の前兆かも知れない「無気力症候群」について、簡単ながら紹介させて頂きます。

ADHDの高校生が語る日常 集中するのが苦手「甘えではない、個性ととらえて」|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア

ADHDの高校生が語る日常 集中するのが苦手「甘えではない、個性ととらえて」|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア

私は発達障害の一種である「ADHD」の当事者です。私がどのように生活しているのかや、ADHDについて思っていることなどを伝えます。(ばけ谷=3年)


Top