精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

苦しい時間をどう克服していけばいいのか 発達障害を乗り越える生き方とは

苦しい時間をどう克服していけばいいのか 発達障害を乗り越える生き方とは

なぜ自分は他の人のようにできないんだろう。 そんな苦しい思いを抱え、人生に生きづらさを感じてはいませんか? 仕事で、ケアレスミスを何度も注意され、直そうと思っても直せない。 その度に自信が崩れていってどうすることもできなくなる。 周囲はみんなできているのに、自分だけ…。なりたい自分とのギャップに悩み、体調を崩してしまう人もいます。

“心を病んだ彼女”に憧れて同棲…男性を待っていた「地獄の軟禁生活」 | 女子SPA!

“心を病んだ彼女”に憧れて同棲…男性を待っていた「地獄の軟禁生活」 | 女子SPA!

都内のイベント企画会社に勤務する仲本守さん(仮名/48歳)が元妻の志津さん(仮名/43歳)と仕事を通じて出会ったのは、2003年の冬。仲本さん31歳、志津さん26歳の時だった。

「年は5つ下でしたが、音楽と映画の趣味が合いました。90年代の渋谷系音楽とか、ミニシアター映画とか。志津、結婚後は太っちゃいましたが、出会った頃はけっこう雰囲気のある美人だったんですよ」

見せられたスマホの画面には、青白い顔でいかにも不健康そうな、痩せ気味の女性が写っていた。全身ほぼ黒づくめ。保育園児が着るスモックのような黒服に、黒のチョーカー。黒靴、髪は漆黒のおかっぱ。タイツだけがどす黒い赤みを帯びている。

【コロナ禍が心を蝕む その実態と対処法】コロナうつ患者が明かした苦悩 几帳面な性格の人、頑張りすぎる人に多く

【コロナ禍が心を蝕む その実態と対処法】コロナうつ患者が明かした苦悩 几帳面な性格の人、頑張りすぎる人に多く

人類は新型コロナウイルスとの共存時代に突入した。ウイルスそのものへの対処だけでなく、これは「心の闘い」でもある。長期戦をどう乗り切ればいいのか? 異色の精神科医、吉竹弘行氏に、医師でジャーナリストの富家孝氏が聞く。

新型コロナで発達障害の子供が抱える苦痛 母親もストレス

新型コロナで発達障害の子供が抱える苦痛 母親もストレス

新型コロナウイルスの感染拡大が続く地域では、学校の再開予定が繰り返し延期された。度重なる予定の変更や外出自粛は誰にとってもストレスだが、発達障害を抱える子供は、スケジュールが決まっていないと不安になるといった障害の特性から特に強い苦痛を感じている。気持ちが不安定になるとかんしゃくなどを起こしやすくなるため、保護者の負担も大きく、専門医は「短時間でも互いに1人になる時間をつくり、少しでもゆとりを持って」と呼びかける。(藤井沙織)

新型コロナウイルス拡大で増える自殺相談~1人で抱えず、まずは相談を! - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

新型コロナウイルス拡大で増える自殺相談~1人で抱えず、まずは相談を! - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

2020年5月6日にデータ分析の専門家が、新型コロナウイルスに関するSNS上の投稿を、およそ1億件を分析したところ、感染の広がりにともなって、新型コロナウイルスに関する言葉が、「ストレス」や「鬱」など、マイナスの感情を示す言葉とともに投稿されるケースが、急増していることが分かりました。専門家は、感染拡大による人々の心理状態の変化が見えるとして、心のケアの必要性を訴えています。

性暴力の被害者が、驚くほど「自分を責めてしまう」理由(小川 たまか) @gendai_biz

性暴力の被害者が、驚くほど「自分を責めてしまう」理由(小川 たまか) @gendai_biz

性暴力の加害者は他責をし、被害者は自責する傾向がある。専門家や支援者の中ではよく知られた事実だが、世間一般に広く浸透しているとは言えない。被害者に追い討ちをかけるような強姦神話やセカンドレイプ的な言説がまかり通る理由のひとつとしては、このような実態が知られていないことがあるのではないか。

覚醒剤、経験者が語る本当の恐ろしさ…極上の快感で強力な依存性、体はボロボロに

覚醒剤、経験者が語る本当の恐ろしさ…極上の快感で強力な依存性、体はボロボロに

「AERA dot.」がタレントのダレノガレ明美に薬物疑惑があるかのように報じたが、それが虚偽だったことが明らかになり大きな話題になった。あたかもダレノガレが薬物を使用しているかのような内容で、朝日新聞出版の署名が入っていたが、なんの根拠もないにもかかわらず掲載したことには疑問を抱く。

テレワークが終わった「アフターコロナうつ」に要注意|日刊ゲンダイヘルスケア

テレワークが終わった「アフターコロナうつ」に要注意|日刊ゲンダイヘルスケア

「また、これまでのような生活パターンに戻ると思うと憂鬱で仕方がない……」

東京でも新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除が見え始め、テレワークを続けてきた会社員の多くからこんな声が聞こえてくる。急に通常業務に戻ったとき、心配なのが「アフターコロナうつ」だという。

20代でうつで酒浸りの母を介護した女性の苦悩|au Webポータル

20代でうつで酒浸りの母を介護した女性の苦悩|au Webポータル

子育てと介護が同時期に発生する状態を「ダブルケア」という。ダブルケアについて調べていると、子育てと介護の負担が、親族の中の1人に集中しているケースが散見される。
なぜそのような偏りが起きるのだろう。
連載第8回は、アルコール依存を繰り返していた母親が認知症になり、独身の姉と既婚の弟に介護を押し付けられ、実家に夫婦で移り住み、介護を始めた女性の事例から、ダブルケアを乗り越えるヒントを探ってみたい。

<傾向ごとに解説>発達障害の傾向があるわが子 家庭ではどうやってサポートする? 〈AERA〉

<傾向ごとに解説>発達障害の傾向があるわが子 家庭ではどうやってサポートする? 〈AERA〉

休校延長の地域も、登校が始まった地域も、まだまだ家で子どもと過ごす時間が長いという親がほとんど。そういった状況の中で気になるのが、わが子の言動や行動です。「AERA with Kids春号」(朝日新聞出版刊)では、発達障害の傾向がある子を家庭でどうやってフォローすればいいのか、また、小学校でどのような支援が受けられるのか、専門家に話をうかがいました。


Top