精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「日本に行き遺骨で戻ってきた」NZ男性、身体拘束で死亡 遺族は調査要望

「日本に行き遺骨で戻ってきた」NZ男性、身体拘束で死亡 遺族は調査要望

神奈川県大和市の精神科病院で2017年5月、長時間の身体拘束を受け亡くなったニュージーランド人のケリー・サベジさん(当時27)の遺族と支援団体が11月16日、身体拘束の改善を求める書簡を政府に提出した。提出後、遺族らは東京・霞が関の厚生労働省で会見し、「2度と同じことは起きてほしくない。独立した調査委員会を立ち上げてほしい」と訴えた。

支援団体は「精神科医療の身体拘束を考える会」(代表=長谷川利夫・杏林大教授)。書簡には、ニュージーランドでケリーさんの主治医だった精神科医を含む計31人の精神科医(外国人30人、日本人1人)が署名した。

万引きを繰り返す「クレプトマニア」 治療に「ボクシング」プログラムという試み

万引きを繰り返す「クレプトマニア」 治療に「ボクシング」プログラムという試み

クレプトマニア(窃盗症)とよばれる病気がある。だめなことだとわかっているのに、万引きをくりかえしてしまう依存症だ。大森榎本クリニック精神保健福祉部長で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏は「回復のためには、今日1日、盗まないようにどうすごしていくかが大切」と指摘する。

『自分の顔が嫌いですか?』――自殺に至るケースも…わずかな欠点も気になってしまう“醜形恐怖” | ダ・ヴィンチニュース

『自分の顔が嫌いですか?』――自殺に至るケースも…わずかな欠点も気になってしまう“醜形恐怖” | ダ・ヴィンチニュース

「真の美人は内面が美しい人である」という言葉はよく目にするフレーズだ。しかし、本当にそうなのだろうかと疑問を抱いている人も多いのではないだろうか。外見の美しさは内面の美しさよりも瞬時に判断しやすい。そのため、人は少しでも美しい見た目になりたいと強く願ってしまうものだ。現代はSNS上で見知らぬ人に顔を見られる機会が増えているため、特にそうした思いが強くなりがちである。

しかし、時に心の病気につながってしまうこともある。その代表例が「醜形恐怖」だ。醜形恐怖とは、自分の外見・容姿について、他人には特に気にならないわずかな欠点にまで、とらわれてしまう精神疾患のこと。そんな醜形恐怖の症例や心のゆがみを丁寧に教えてくれるのが『自分の顔が嫌いですか?』(町沢静夫/ビジネス社)だ。

映画に見る依存症~アルコールや薬物に依存してしまう理由~ - シネマトゥデイ

映画に見る依存症~アルコールや薬物に依存してしまう理由~ - シネマトゥデイ

相変わらず「お酒」がらみの事故、事件が多い。女性タレントによるひき逃げ事件、男性タレントによる未成年者への強制わいせつ事件。いずれも酔ったうえでの犯行だ。

「性教育を教えてあげる」と16歳少女に迫るおぞましさ、障がい者への性暴力の実態 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

「性教育を教えてあげる」と16歳少女に迫るおぞましさ、障がい者への性暴力の実態 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

障がい者への性暴力被害が深刻化している。身体が不自由で抵抗ができなかったり、被害を認識できなかったりするからだ。弱みにつけ込まれ身体を触られたり、セックスを強要されたり、中には性産業で働かされるケースも。被害をどう防げばいいのか。

発達障害の子への療育ロボット。人間の困難を軽減してくれる未来 - 発達障害ニュースのたーとるうぃず

発達障害の子への療育ロボット。人間の困難を軽減してくれる未来 - 発達障害ニュースのたーとるうぃず

「スターウォーズ」や「ウォーリー」などのSF映画では、ロボットが人と変わりなくとやりとりをして社会参加をしています。ときには恋におちたりも。
こうした、ハリウッド映画に登場するロボットはまだ夢の存在ですが、ロボット掃除機のルンバ、話すスピーカーのAmazon Echoなど限られたスキルをもつロボットはたくさん使われるようになりました。

そして、もっと知的なロボットが発達障害の子どもへの療育を手伝ってくれるようになるかもしれません。
ロボットは数字に関わる仕事から、たくさんのデータ分析の仕事まで、人の負担を軽減してくれます。

発達障害の子どもたちへ療育を行うセラピストは、同時にたくさんの作業を行う必要があります。
例えば、発達障害の子に表情や声の出し方など社会的な合図を理解できるように教えているときに、同時に発達障害の子がみせる反応をつかみ、分析、理解しなければなりません。

ダウン症児は「不幸な子ども」なのか? 出生前診断は「不良な子孫の出生を防止する」優生思想と背中合わせ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

ダウン症児は「不幸な子ども」なのか? 出生前診断は「不良な子孫の出生を防止する」優生思想と背中合わせ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

最近の報道で、旧優生保護法によって強制的に不妊手術を受けた人が、国家賠償訴訟を起こしていることが伝えられています。この問題に対しては、障害者の人権に関心を持つ人たちから、20年も前から抗議の声が上げられていました。今になって広く報道されて

マジックマッシュルームがうつ病治療に効く?「幻覚剤ルネッサンス」の到来 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

マジックマッシュルームがうつ病治療に効く?「幻覚剤ルネッサンス」の到来 | Rolling  Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

アメリカ合衆国史上初、うつ症状の治療を目的とした幻覚剤の使用が連邦政府によって近い将来承認される見通しだ。

9割の人が国家戦略「新オレンジプラン」を知らず!認知症の正しい知識こそが介護負担を抑えるカギに|みんなの介護ニュース

9割の人が国家戦略「新オレンジプラン」を知らず!認知症の正しい知識こそが介護負担を抑えるカギに|みんなの介護ニュース

日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と太陽生命保険が行った共同調査の結果が公表され、国が実施している認知症の国家戦略について知っている人が、わずか5.8%にすぎないことがわかりました。国は現在、認知症の有症者が住み慣れた地域で長く生活できる環境整備を進めていますが、その政策が周知されていない可能性が浮上しました。


Top