精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

31歳非正規、ひきこもり経験あり、LGBT「生きづらいけれど自分の足で歩く充実感」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

31歳非正規、ひきこもり経験あり、LGBT「生きづらいけれど自分の足で歩く充実感」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

現在、全国に100万人いると推測されるひきこもり。近年、中高年層が増加しており、内閣府は今年初めて、40歳以上が対象の調査結果を公表した。一般的には負のイメージがあるひきこもり。その素顔が知りたくて、当事者とゆっくり話してみたら……。

「人に迷惑」を異常に恐れる日本人の病理 「甘える勇気」がなくて子供も殺害 | プレジデントオンライン

「人に迷惑」を異常に恐れる日本人の病理 「甘える勇気」がなくて子供も殺害 | プレジデントオンライン

今年6月、元農水事務次官だった男性が44歳の長男を殺害するという事件が起きた。精神科医の和田秀樹氏は「元次官は子育ての悩みを誰にも打ち明けていなかったのではないか。自分ひとりで問題を抱え込むと、やがて心理的視野狭窄となってしまう。元次官には『甘える勇気』が足りなかった」という――。

カサンドラ妻が発達障害夫との離婚を決意した「恐怖の一夜」 | デイリー新潮

カサンドラ妻が発達障害夫との離婚を決意した「恐怖の一夜」 | デイリー新潮

「カサンドラ症候群」(以下、カサンドラ)とは、発達障害の一種「アスペルガー症候群」(以下、アスペルガー)の夫や妻、あるいはパートナーとのコミュニケーションが上手くいかないことによって発生する心身の不調です。特に夫婦関係で多く起こると言われていますが、最近ではアスペルガーの家族や職場・友人関係などを持つ人に幅広く起こり得ることが知られています。本連載「私ってカサンドラ!?」では、カサンドラに陥ったアラフォー女性ライターが、自らの体験や当事者や医療関係者等への取材を通して、知られざるカサンドラの実態と病理を解き明かします。

三大欲求それぞれに依存症はあるのか - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

三大欲求それぞれに依存症はあるのか - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

世の中には様々な「依存症」があります。つい最近では「ゲーム依存症」がWHOで精神疾患として定義されましたね。社会保険料の負担が大きくなると分かったうえで日本も乗っかっていくのか興味深い所ではあります。

今回の話は「依存症」についてなのですが、テーマは少し違います。「三大欲求それぞれに依存症があるのか」というのが主題です。人の三大欲求とは「食欲」「睡眠欲」「性欲」を指し、凡人が安易に逆らおうとすればたちまち生命の危機に陥るほど大事な欲求です。寿限無にも「食う寝る処住む処」とあるように、食欲と睡眠欲が満たせる生活基盤が無ければ人は生きていけません。

話は若干逸れましたが、三大欲求は生命維持に直結する重要な欲求です。とはいえ、これが過剰になると所謂「依存症」と呼ばれる状態になってしまうのではないでしょうか。気になりませんか。

診断された病名は絶対的なものなの? - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

診断された病名は絶対的なものなの? - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

精神障害の種類は結構な数が存在し、その説明も一見すると難解なものが多いです。「どれが私に当てはまっているの?」と不安になる方がいらっしゃるかも分かりません。今回のコラムはその点にフォーカスした内容となっています。

モラハラのエリート夫がうつ病に…。立ち直った彼が妻に伝えたこと | 女子SPA!

モラハラのエリート夫がうつ病に…。立ち直った彼が妻に伝えたこと | 女子SPA!

何らかの事情で一度関係の壊れかけた夫婦でも、思わぬきっかけで再生することがあります。男女関係や不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんが、夫婦の“再生物語”をレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)

平均51歳で発症する若年性認知症「会議を忘れてた」が兆候かも | 日刊SPA!

平均51歳で発症する若年性認知症「会議を忘れてた」が兆候かも | 日刊SPA!

「重要なアポを忘れて帰宅」「会社の大事な備品を出先に置いて帰社」……etc.。高齢者の病だと思っていた認知症は、今や働き盛り世代を直撃している。適切な治療は? 社会の理解や雇用、経済的な支援体制は? 備えるすべを考える。


Top