精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「孤独」で認知症リスク倍増、日本のおじさんが危ない!

「孤独」で認知症リスク倍増、日本のおじさんが危ない!

昨今の日本では、「孤独のすすめ」「ソロ活」「1人カラオケ」など、孤独をポジティブに捉える論調が目立つ。しかし、米国や英国などの諸外国では、孤独は健康リスクを招く重大な社会的問題との認識が広まっているという。コミュニケーション戦略の専門家であり、『世界一孤独な日本のオジサン』(角川新書)を上梓している岡本純子氏に話を聞いた。

「病むくらいなら逃げなさい」真に受け7年引きこもった人 優しいふりをしたがる人たちの被害者なのでは?

「病むくらいなら逃げなさい」真に受け7年引きこもった人 優しいふりをしたがる人たちの被害者なのでは?

今の世の中は、首を捻りたくなるような安直な言葉が、やたら名言のように扱われる傾向がある。「逃げたっていいんだよ」だとか「自分らしく生きていいんだよ」みたいな。

「不当に身体拘束、77日間」都内の女性、病院を提訴へ:朝日新聞デジタル

「不当に身体拘束、77日間」都内の女性、病院を提訴へ:朝日新聞デジタル

14歳のときに摂食障害で入院した病院で77日間も不当に身体を拘束されたとして、東京都在住の女性(24)がこの病院に1056万円の損害賠償を求める裁判を17日、東京地裁に起こす。女性は「非人道的な扱いで肉体的・精神的な苦痛を受け、人生を壊された。私のような被害者を出してほしくない」と訴える。

山口達也「アルコール依存とセクハラ」はどれほど深刻だったのか

山口達也「アルコール依存とセクハラ」はどれほど深刻だったのか

最近、日本の本丸といえる財務省と、芸能界の本丸といえるジャニーズ事務所が炎上している。いずれも、共通しているのは「男性優位社会」の中で起きたアルコール問題に関連する性暴力(セクハラ)である。

その症状、認知症ではなくうつ病かも 誤診がもたらす人生の悲劇

その症状、認知症ではなくうつ病かも 誤診がもたらす人生の悲劇

私が監督を務めた新作映画「私は絶対許さない」が好評だが、私の本業は実は高齢者を専門とする精神科医である。周りの人間はそういうことを知っていることもあって、身内の高齢者が困った状態になった際に相談を受けることが多い。

子どもへの愛はある…専門家に聞く「認知症の親」への孝行とは 〈週刊朝日〉

子どもへの愛はある…専門家に聞く「認知症の親」への孝行とは 〈週刊朝日〉

親への感謝を伝えること、それは自身が年を重ねるごとに強まる思いだ。しかし、親が認知症になってしまったら、薄れゆく記憶の中で何をしてあげられるのか。筑波大学准教授で精神科医の高橋晶さんに聞いた。

完璧主義者は「五月病」になりやすい? お酒の飲み過ぎはそのサインかも 〈週刊朝日〉

完璧主義者は「五月病」になりやすい? お酒の飲み過ぎはそのサインかも 〈週刊朝日〉

年度替わりに伴う新しい環境になじめず、不安感や抑うつ感が強まる「五月病」。もともとは大学生に使われており、厳しい受験勉強を経て入学したものの、緊張から解き放たれた虚脱感や理想とのギャップから目標を失い、無気力に陥った若者を指していた。しかし、“受験戦争”がひと段落した最近では、働く人に使われるのが一般的になってきた。職場のメンタルヘルスに詳しい精神科医に、五月病の現状を取材した。

27歳「発達障害」の彼女が水商売に懸ける理由 | 私たちは生きづらさを抱えている

27歳「発達障害」の彼女が水商売に懸ける理由 | 私たちは生きづらさを抱えている

独自のルールを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉スペクトラム症/旧・アスペルガー症候群)、落ち着きがなかったり不注意の多いADHD(注意欠如・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。

今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、生まれつきの脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。子どもの頃に親が気づいて病院を受診させるケースもあるが、最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。

発達障害について10年程前に知り、自身も長い間生きづらさに苦しめられていたため、もしかすると自分も発達障害なのではないかと考える筆者が、そんな発達障害当事者を追うルポ連載。発達障害当事者とそうではない定型発達(健常者)の人、両方の生きづらさの緩和を探る。

第19回目はASDとADHDを併発している大塚直美さん(27歳・仮名)。出身は関東の某県で今は都内在住だ。現在、うつ病により医師の勧めで生活保護を受給中。自身はバイセクシュアル。現在は男性パートナーと、同じく発達障害持ちでレズビアンの友人の3人で、自助グループのような感じで共同生活を送っている。発達障害に生活保護、LGBT、共同生活。いろいろと込み入ったワケがありそうだ。話を聞いてきた。


Top