精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

Asperger's children:アスペルガーとナチの関係(西川伸一) - Yahoo!ニュース

Asperger's children:アスペルガーとナチの関係(西川伸一) - Yahoo!ニュース

専門家でなくてもアスペルガー症候群の名前は知っている人は多い。自閉症の概念の形成に貢献したオーストリアの医師アスペルガーの名前をとった診断名だ。彼がナチの手先だったことを示す論文と本が最近出版された。

「どんぶり一杯」の薬を医者が出す理由 特別編1回 薬を多く処方しても医者は儲からない

「どんぶり一杯」の薬を医者が出す理由 特別編1回 薬を多く処方しても医者は儲からない

「なぜこんなにたくさんの薬を飲まなければならないのか」。70~80歳代の人なら1度はこう思ったことがあるのではないだろうか。医者がこれほどたくさんの薬を処方するのは、医療界を取り巻く構造的な問題がある。

マライア・キャリー「双極性障害」告白から見える精神医学の風景(美馬 達哉)

マライア・キャリー「双極性障害」告白から見える精神医学の風景(美馬 達哉)

マライア・キャリーが、「双極性障害」であることを告白した。双極性障害とは何か? どこからが病気なのか? 病気を使った薬のマーケティングが起きている? 今回の告白からみえる精神医学の風景を記そう。

ついに内閣府が実態調査 深刻化する中高年引きこもりの闇|日刊ゲンダイDIGITAL

ついに内閣府が実態調査 深刻化する中高年引きこもりの闇|日刊ゲンダイDIGITAL

「引きこもり」の高齢化は深刻だ。

内閣府の2015年の実態調査では、15~39歳の引きこもりは「約54万1000人」という推計値をはじき出しているが、40歳以上は“闇の中”で、120万人以上とも。内閣府では今年の秋ごろに、中高年世代を対象とした初の実態調査を行うことを決めた。

注意!認知症の兆候は3つの違和感に表れる | 健康

注意!認知症の兆候は3つの違和感に表れる | 健康

認知症の6~7割を占めるアルツハイマー病は、記憶障害など認知機能が低下する病気と知られている。だが、その行き着く先が「死」であることは、あまり知られていない。イギリスでは死因の第1位、アメリカでも死因をきちんと特定すれば死因第3位であると報告されている。

“働きたい”精神障害のある皆さんへ - 記事 | NHK ハートネット

“働きたい”精神障害のある皆さんへ - 記事 | NHK ハートネット

「精神障害者を雇うなんてありえない」。10数年前、企業の取材をしていると、人事担当者から当たり前のようにそう言われました。その頃を思うと、「精神障害者の雇用義務化」というのは画期的な出来事です。精神障害になったら、職業生活はあきらめるしかない。そんな時代はもう終わろうとしているのかもしれません。

激増!「職場うつ」が重症化しやすい人の特徴 | 健康

激増!「職場うつ」が重症化しやすい人の特徴 | 健康

世の中には、実に多種多様な「健康書」が氾濫している。しかし医者によって言っていることも大きく違い、何を信じたらいいのかわからない。「人生100年」時代、本当に信頼できて、誰でもお金を掛けずに毎日できる簡単な健康習慣とは、いったいどのようなものなのか。

4月26日、東洋経済オンラインのメルマガでもおなじみのムーギー・キム氏の渾身の著作『最強の健康法―世界レベルの名医の本音を全部まとめてみた』(SBクリエイティブ)が、『ベスト・パフォーマンス編』と『病気にならない最先端科学編』の2冊セットで刊行された。本書は日本を代表する50名に上る名医・健康専門家による直接解説を、東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏、順天堂大で教鞭をとる堀江重郎氏が二重三重にその正確性をチェックしたうえで制作されている。

東洋経済オンラインでは同書を元に、多くの名医たちが実践しているおカネの掛からない確かな健康法を紹介していく。第2回は、「職場うつ」の傾向と対策を解説する。

「上司という言葉を消す」今どきの若手を“適応障害”にしない職場とは? 〈dot.〉

「上司という言葉を消す」今どきの若手を“適応障害”にしない職場とは? 〈dot.〉

「こんな所では成長できない」と上司に心を閉ざし、指示待ち族になってしまう。理想に燃えて社会人デビューしたが、会社の実情とのギャップに直面して立ちすくむ。仕事の細分化、仕組み化が進む職場で、仕事へのモチベーションが高まらない――。せっかく入った会社にうまく適応できず、早々に退職したり、精神を病んだりする新入・若手社員が目立つようになってきている。

20年たっても心の傷が癒えていない性犯罪被害者がつづった闘病日記(篠田博之) - Yahoo!ニュース

20年たっても心の傷が癒えていない性犯罪被害者がつづった闘病日記(篠田博之) - Yahoo!ニュース

集団レイプ事件にあってもう20年以上経つのだが、A子さんはいまだに精神的な後遺症から立ち直れない。先頃、性犯罪加害者の手記を取り上げたが、今回は性犯罪被害者 のあまりに重たい闘病日記を紹介しよう。

TOKIO山口さんが陥ったアルコール依存症「仕事はできるが家庭は崩壊」の現実 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

TOKIO山口さんが陥ったアルコール依存症「仕事はできるが家庭は崩壊」の現実 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

20代でアルコール依存症に陥った井沢良太さん(30代・仮名)と林隆さん(50代・仮名)が、TOKIO山口達也さんがこれから立ち向かう断酒について教えてくれたーー。


Top