精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

「ADHD」診断基準は?ケアレスミスが多い、多動性がある… | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「ADHD」診断基準は?ケアレスミスが多い、多動性がある… | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

絶えず動いて落ち着きがない、話すときに視線が合わない…。一見すると、発達障害があるのか、それとも本人の性格や気質の問題なのかわからない子どもが増加しています。今回は、ADHD(注意欠如多動症)の子どもに見られる特徴や、広く知られることとなった背景、原因などを解説します。※本記事は盛岡大学短期大学部幼児教育科教授である嶋野重行氏の著書『もしかして発達障害?「気になる子ども」との向き合い方』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。

華原朋美さん「緊急入院」報道も…“自己破壊”を繰り返す「ギリギリの実態」(片田 珠美) @gendai_biz

華原朋美さん「緊急入院」報道も…“自己破壊”を繰り返す「ギリギリの実態」(片田 珠美) @gendai_biz

歌手の華原朋美さんが、治療のため病院に緊急入院したと「女性セブン」(10月29日号)が報じた。

華原さんは9月23日、バイオリニストの高嶋ちさ子さんと尾木プロダクションの尾木徹社長への“号泣謝罪”動画を、自身のYouTubeチャンネルで公開したが、これを見た家族が危機感を覚え、緊急入院させたのだという。

母親へのカウンセリングで「子の強迫性障害」が治癒したケース | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

母親へのカウンセリングで「子の強迫性障害」が治癒したケース | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

うつ、不安・緊張、対人関係の問題、依存症――近年、これらの悩みを抱える人はますます増えている。実は、それぞれに共通する原因になり得るものとして、親との関係によって築かれる「愛着」がある。ここでは、「愛着アプローチ」という手法を用いて、現代人の悩みの解決に寄与したい。※本連載は、精神科医・作家である岡田尊司氏の『愛着障害の克服 「愛着のアプローチで人は変われる」』(光文社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ストレスとうつ病のつながり カギとなる脳内タンパク質を特定

ストレスとうつ病のつながり カギとなる脳内タンパク質を特定

気分を制御するホルモン「セロトニン」の機能とストレスホルモン放出の両方に対して重要な役割を果たす脳内タンパク質が、スウェーデン・カロリンスカ研究所のチームにより特定された。

私がうつ病になるなんて - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

私がうつ病になるなんて - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

私は、社会人になりすぐに体調を崩し、うつ病と診断されました。これまで順風満帆な人生を送ってきた私は、自分がうつ病になるなんて思いもしませんでした。うつ病は誰にでもなる可能性がある身近な病気なのです。

「失業と孤独がアルコール依存症の扉に」医師が警鐘 | 日刊SPA!

「失業と孤独がアルコール依存症の扉に」医師が警鐘 | 日刊SPA!

コロナ禍での“失業”や“孤独”の不安を抱えながら、ついつい自宅でお酒の力に頼ってしまうという人も少なくないはずだ。しかし、お酒は“百薬の長”とも“万病の元”とも言われており、飲み方や量によって毒にも薬にもなりうる。

失意のなかで、アルコール依存症に陥ってしまった女性がいる。彼女のエピソードを紹介するとともに、精神科・心療内科医で「しのだの森ホスピタル」理事長兼院長である信田広晶氏に、昨今のコロナ禍を踏まえた見解や対策を取材した。

コロナ禍の自殺増で注目を集める「いのちの電話」。繋がりにくい理由は相談員の減少にあった | ハーバー・ビジネス・オンライン

コロナ禍の自殺増で注目を集める「いのちの電話」。繋がりにくい理由は相談員の減少にあった | ハーバー・ビジネス・オンライン

著名人の自殺報道には心を痛めざるを得ない。そんなとき、テレビのニュースやWeb記事の最後でよく目にするようになった「いのちの電話」。実はこの団体について「よく知らない」という人が多いのではないか。

子どもの発達障害で不幸になる家族、幸せになる家族。明暗分ける4つの心構え=午堂登紀雄 | マネーボイス

子どもの発達障害で不幸になる家族、幸せになる家族。明暗分ける4つの心構え=午堂登紀雄 | マネーボイス

家族に発達障害者がいる場合に、絶望する人と希望を持つ人の違いはどこにあるのでしょうか。幸せに暮らすために、私とわが家の心構えをご紹介します。

なぜ40代の会社員女性は落ちているバナナの皮を自宅に持ち帰ったのか 「放置したら自分が責められるかも」

なぜ40代の会社員女性は落ちているバナナの皮を自宅に持ち帰ったのか 「放置したら自分が責められるかも」

不注意からパソコンにウイルスが感染し、会社の情報を漏洩させてしまった会計係の女性は、道端に捨てられたバナナの皮を目にしただけで不安に駆られるようになった。精神科医の遠山高史氏は、「社会の複雑化が心の底にある不安を増大させ、あり得ない妄想を生むようになった」と警鐘を鳴らす──。

幼少期のアトピー性皮膚炎が思春期の精神疾患誘導

幼少期のアトピー性皮膚炎が思春期の精神疾患誘導

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)はこのほど、NCNP神経研究所疾病研究第4部の橋本興人研究員らが、幼少期のアトピー性皮膚炎によるストレスが脳内炎症反応の応答性増大持続を促し、これが思春期のうつ様症状誘導の原因となる可能性を示したと発表した。【新井哉】


Top