精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ケアとは何か?「ただ、いる、だけ」の仕事から見えた「その価値」(石戸 諭)

ケアとは何か?「ただ、いる、だけ」の仕事から見えた「その価値」(石戸 諭)

超一流大学に進学、臨床心理学を学ぶために大学院にまで進み「長く苦しい学究生活」の末に「ハカセ」となった「僕」は、ハカセにふさわしい一流カウンセラーを目指すべく沖縄の精神科デイケアにたどり着く。「居る」とは何か? ケアとは何か? ケアの価値とは何か?

ADHDの人が才能や実力を発揮するための戦略、とあるCEOの場合

ADHDの人が才能や実力を発揮するための戦略、とあるCEOの場合

注意欠陥・多動性障害(ADHD)のCEOであるAndrew Askinsさんは、知能は高いにも関わらず物事に集中できず「自分は怠惰だ」と思い込んだことから大学の成績が悪化したという経験を持ちます。一度は自分の能力を信じられなくなったAskinsさんですが、ADHDの診断を受け、会社を興したことで事態は一転。「ADHDの人が成功するには、『好きなことを仕事にすること』が必須である」として、才能や実力を発揮させる方法をつづっています。

パートナーの発達障害に悩む「カサンドラ症候群」。当事者夫婦の対策は? | 日刊SPA!

パートナーの発達障害に悩む「カサンドラ症候群」。当事者夫婦の対策は? | 日刊SPA!

「カサンドラ症候群」という言葉をご存知だろうか。

一般的に、アスペルガー症候群の“夫”を持つ“妻”が、相手と情緒的な相互関係が築けないために身体的・精神的に不調をきたすことを指す場合が多い。近年は書籍や記事、テレビ番組などでたびたび取り上げられており、彼女たちの苦しみの深刻さが見えてくる。

しかし、カサンドラ“症候群”とはいうものの、医学でコンセンサスを得られた障害や病気ではないことは重要なポイントだ。カサンドラという概念そのものに限界があると指摘する医師もいる。一歩間違えば、アスペルガーを含む発達障害当事者への偏見や差別を生みかねないとの懸念の声も挙がる。

自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは? 〈週刊朝日〉

自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは? 〈週刊朝日〉

社会の高齢化に伴って増加している高齢者のうつ病。年齢のせいだと見過ごされたり、認知症と間違われたりして受診につながりにくいことも。自殺によって死に至ることもある病だけに、適切な治療を受けることが大切だ。

もう一度発達障害の生き辛さについて考えませんか?あまりに一方的じゃないですか?(『発達障がい~神からの贈り物~』第30回)

もう一度発達障害の生き辛さについて考えませんか?あまりに一方的じゃないですか?(『発達障がい~神からの贈り物~』第30回)

発達障害は能力の偏りが大きい障害、

このことに異論を持つ人はこのコラムをお読みの方にはいないと思いますが、ある人にとっては苦手なことが別の人にとっては得意なこと、という事例がいくつもある。

人工知能は難病の「早期発見」をどう変えたのか|WIRED.jp

人工知能は難病の「早期発見」をどう変えたのか|WIRED.jp

人工知能のテクノロジーを使い、患者の反応から自閉症やアルツハイマー病を、早期にかつ定量的に判断できるようになってきている。遺伝性の難病を顔から特定する技術もある。

精神疾患・終末期の患者も敷地内は「禁煙」

精神疾患・終末期の患者も敷地内は「禁煙」

厚生労働省は、「改正健康増進法の施行に関するQ&A」を公表した。精神疾患や終末期の患者による病室内の喫煙に関しては、「特定屋外喫煙場所の一部を除いては、敷地内禁煙」といった見解を示している。【新井哉】

血液中のカルシウム濃度と、軽度認知障害からアルツハイマー病への移行を調べた研究 | 認知症ねっと

血液中のカルシウム濃度と、軽度認知障害からアルツハイマー病への移行を調べた研究 | 認知症ねっと

「軽度認知障害」では、物忘れが激しいなど認知機能の低下による症状があります。適切に対処することで認知機能が回復することもありますが、高い確率で認知症に移行することから、認知症の前段階とも考えられています。

今回は、血液に含まれるカルシウムの濃度と、軽度認知障害からアルツハイマー病への移行との関係を調べた研究をご紹介します。

認知症で引きこもっていた人が外に出るにはきっかけが必要|これで認知症介護は怖くない

認知症で引きこもっていた人が外に出るにはきっかけが必要|これで認知症介護は怖くない

認知症になって引きこもると、症状が早く進行するといわれる。放っておけばうつ病になることも多い。かといって、家族が外に連れ出そうとしても、なかなか本人は外に出てくれない。ではどうすればいいのか。


Top