精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2017年04月アーカイブ - 業界ニュース

20代長男はなぜ自宅を占拠し両親を奴隷化したか - 毎日新聞

20代長男はなぜ自宅を占拠し両親を奴隷化したか - 毎日新聞

精神疾患の認識がない人を説得して医療機関に移送し、自立支援を行っている押川剛さん(48)は、現在の精神科医療に限界があると考えている。1000人以上を移送してきた押川さんへのインタビュー2回目は、両親を“奴隷”のように扱い、自宅にたてこもった男性のケースを紹介する。【田中学】

新入社員を「5月病にさせないため」に、先輩が心がけるべき3つのこと | ハーバービジネスオンライン

新入社員を「5月病にさせないため」に、先輩が心がけるべき3つのこと | ハーバービジネスオンライン

ゴールデンウィークを迎え、この春から新社会人として仕事を始めた若者たちも、少しは職場の雰囲気に慣れたころではないでしょうか。同時に、この時期はいわゆる「5月病」に悩む人が多くなる季節でもあります。

出会いの季節は要注意!人を操る「マインド・コントロール」の手法6つ - WooRis(ウーリス)

出会いの季節は要注意!人を操る「マインド・コントロール」の手法6つ - WooRis(ウーリス)

大学のサークル、保険、キャッチセールス、宗教……。こうした勧誘に対して、あなたははっきりと「NO」が言えますか? 「私は大丈夫!」という方でも要注意。実は、はじめはそのつもりじゃなくても、人間心理を巧みに利用して、最終的に「YES」と言わせる怖いテクニックがあるそうなんです!

認知症の人に優しい社会作りを WHOが行動計画案策定:朝日新聞デジタル

認知症の人に優しい社会作りを WHOが行動計画案策定:朝日新聞デジタル

世界保健機関(WHO)は、認知症の人に優しい社会づくりを各国に促す「行動計画案」を策定した。京都市内で29日まで開催された認知症国際会議で明らかにした。認知症患者の増加は世界的な課題となっており、WHOは「特定の病気に関する行動計画は極めて珍しい」という。5月に開かれるWHOの総会で、加盟各国に行動計画案の採択を求める。

特別支援学校、3400教室不足 在籍者が急増:朝日新聞デジタル

特別支援学校、3400教室不足 在籍者が急増:朝日新聞デジタル

障害が比較的重い子どもが通う「特別支援学校」で深刻な教室不足が続き、2016年10月現在、3430教室が足りないことが文部科学省の調べでわかった。特別支援学校の在籍者が近年急増し、教室数が追いついていない。同省は教育に支障が出るおそれがあるとして、教育委員会に補助金の活用などによる教室不足の解消を求めている。

会社に行くのは気分が沈む…でも休めば元気!?「新型うつ病」 | Mocosuku(もこすく)

会社に行くのは気分が沈む…でも休めば元気!?「新型うつ病」 | Mocosuku(もこすく)

「新型うつ病」という名前が知られるようになってから、もうしばらくたちます。

「うつ病」と「新型うつ病」はどう違うのか、ご存知でしょうか。


Top