精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2017年08月アーカイブ - 業界ニュース

夏休み明けの登校「つらければ休んで」 自殺防止へ団体がメッセージ

夏休み明けの登校「つらければ休んで」 自殺防止へ団体がメッセージ

夏休み明けに増える子どもの自殺を防ごうと、不登校支援などに取り組む団体が居場所を開放したり、子どもや保護者からの相談を受け付けたりしている。25日には5団体が合同で緊急メッセージを発表。「つらい時、支えてくれる味方はここにいる」と呼びかける。

「前向きな別居」も有効? 熟年離婚を回避する“夫婦円満の秘訣” 〈週刊朝日〉

「前向きな別居」も有効? 熟年離婚を回避する“夫婦円満の秘訣” 〈週刊朝日〉

長く連れ添った夫婦が熟年離婚することも珍しくない時代となった。様々な背景があるだろうが、できることなら離婚は回避したい。修復可能な夫婦にお勧めの対処法を探った。

週末の夜更かしで心疾患リスクが増大…肥満、心臓病、うつのおそれも - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

週末の夜更かしで心疾患リスクが増大…肥満、心臓病、うつのおそれも - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

1週間のなかで土曜日と日曜日が休みという学校や企業は多い。そのため、金曜日は羽目を外して遊んだり、食べたり、飲んだりして夜更かしをし、土曜日と日曜日は朝寝坊をしてゴロゴロと過ごすことが習慣化している人も多いのではないだろうか?

NEWSポストセブン|高齢者介護ロボット・パロは“世界一の癒しロボット”│

NEWSポストセブン|高齢者介護ロボット・パロは“世界一の癒しロボット”│

今年5月、日本医療研究開発機構(AMED)が、コミュニケーションロボットの効果を検証する大規模調査の暫定報告として「高齢者の自立を促す手段として効果が高い」と発表。いよいよロボットに介護を頼る時代の到来か…。

自殺の兆候とは…見過ごすべきではない8つのサイン

自殺の兆候とは…見過ごすべきではない8つのサイン

悩みが大きすぎて、自殺したいという思いにとらわれてしまったら……。大切な人が大きな悩みを抱えていて、自死まで考えてしまっているとき、私たちはどのような言動からその兆候を感じとり、手を差し伸べることができるでしょうか? 大切な人に思いとどまってもらうために覚えておきたいことを解説します。

9月1日前後の72時間が子ども自殺のピーク SOSの「受け取り方」に変化を(石井志昂) - Yahoo!ニュース

9月1日前後の72時間が子ども自殺のピーク SOSの「受け取り方」に変化を(石井志昂) - Yahoo!ニュース

いじめのピークは9月であることが滋賀県大津市の調査で明らかになった。9月といえば「9月1日」を頂点として子どもの自殺が最も多い時期。苦しさを抱える子どもからの「SOSの受け取り方」を考える。

精神科病院での身体拘束を考える(2) : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

精神科病院での身体拘束を考える(2) : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

精神科での隔離や身体拘束について調査・研究を続ける杏林大学保健学部の長谷川利夫教授は、手首、胴、足の拘束具を2時間近く身に着け、患者の気持ちを体験したことがありました。「医療者側は患者が暴れるのを防ぐために拘束するかもしれない。が、拘束されれば暴れたくなるのは、当然の心理。縛られる立場になって考えてほしい」と言います。

福祉の世界に飛び込んだビジネスマンは、当たり前を疑う シルバーウッド代表 下河原忠道さん【前編】 | クラシコムジャーナル

福祉の世界に飛び込んだビジネスマンは、当たり前を疑う シルバーウッド代表 下河原忠道さん【前編】 | クラシコムジャーナル

「子ども」よりも断然「高齢者」が多い世の中に暮らす私たち。多くの人にとって、介護や看取り、ひいては、どんな風に高齢者とともに生きていくか?という課題がつきつけられているのではないでしょうか。

エクスタシーとして知られる違法薬物MDMAが「画期的治療法」としてFDAに指定される

エクスタシーとして知られる違法薬物MDMAが「画期的治療法」としてFDAに指定される

「エクスタシー」として知られ、違法薬物として指定されるMDMAをPTSD治療に使用するという方法がアメリカ食品医薬品局(FDA)によって「ブレークスルーセラピー(画期的治療法)」に指定されました。この治療法が承認されれば、PSDやマジックマッシュルームを治療に使うという研究も、大きく前進する可能性があります。


Top