精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2017年08月アーカイブ - 業界ニュース

機能不全家族

機能不全家族

アダルト・チルドレンを生み出す家庭を「機能不全家族」と言います。どのような家族かというと家族のメンバーの安全が守られず、適切な保護が与えられず、一人一人の人格が尊重されない家族です。 あくまで、子どもの目から見て、家族として機能していない家族です。

毒親にネグレクトされた風俗嬢が、わが子を棄てるまで(石井 光太) | 現代ビジネス | 講談社

毒親にネグレクトされた風俗嬢が、わが子を棄てるまで(石井 光太) | 現代ビジネス | 講談社

ノンフィクション作家の石井光太さんの好評連載、待望の第2回です! 自ら生んだ子供を捨てるワケありの母親たちを密着取材していきます。彼女たちが「我が子を育てられない」事情とは?

慈善団体、物乞いも電子決済に対応へ キャッシュレス時代で変わる寄付、施し

慈善団体、物乞いも電子決済に対応へ キャッシュレス時代で変わる寄付、施し

カード払いやモバイル決済の普及により、出かけるときに現金を持たない人が増えたことで、道行く人々の財布やポケットの小銭を当てにしてきたチャリティやホームレスが、減収に見舞われているという。これを受け、キャッシュレス社会における新しい募金や施しの方法が考案されている。

音声こころ分析サービス:声の変化から心の健康状態を把握するメンタルヘルスサービス - TechRepublic Japan

音声こころ分析サービス:声の変化から心の健康状態を把握するメンタルヘルスサービス - TechRepublic Japan

メンタルヘルスサービスの「音声こころ分析サービス」は、声の変化から本人でも分かりにくい心の健康状態を客観的に視覚化する。専用機器は不要で、クラウド上で分析し、PCやスマートフォンで結果を確認できる。

ATR、脳の認知機能を変化させる学習法の開発に成功 | 認知症ねっと

ATR、脳の認知機能を変化させる学習法の開発に成功 | 認知症ねっと

京都・大阪・奈良にまたがる京阪奈丘陵にある関西文化学術研究都市「けいはんな学研都市」において、産・学・官の連携のもとに情報通信関連分野における研究を行う、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は、脳の認知機能を変化させる、認知症ニューロフィードバック学習法の開発に成功しました。

タワーマンション居住は人体に危険…精神疾患や流産リスク増、低層階はストレス過多 - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

タワーマンション居住は人体に危険…精神疾患や流産リスク増、低層階はストレス過多 - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

今や住んでいることがステータスとなっているタワーマンション。不動産経済研究所が発表した「超高層マンション市場動向2017」によると、2017年以降に完成予定の高層マンションは日本全国で285棟もあり、東京都心部や東京湾岸エリアを中心にハイペースで供給が進んでいる。

母の様子がおかしい…親の精神的な不安定に気づいたら? | NotesMarche(ノーツマルシェ)

母の様子がおかしい…親の精神的な不安定に気づいたら? | NotesMarche(ノーツマルシェ)

夏休み、久しぶりに実家に帰省したものの、なんとなく母親の様子がおかしい……と感じた方がいるかもしれませんね。数カ月、半年といった期間を経ての再会。親の顔を見るのも久しぶりとなると、同居の家族よりも変化に気づきやすくいことも。

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは | Mocosuku(もこすく)

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは | Mocosuku(もこすく)

やっと出産してかわいい赤ちゃんと出会えた喜びもつかの間、始まるのは寝る暇もないほど忙しい毎日です。

産後の心身の状態は、妊娠前とは大きく異なります。

周囲の人たちがそれを理解していかないと、母親として孤立してしまい、「産後うつ」や「産後クライシス」という事態が起きる可能性が誰にでもあります。

今回は、産後うつや産後クライシスについて説明します。

埼玉少女誘拐の判決延期 「私は妖精」被告、法廷で奇声:朝日新聞デジタル

埼玉少女誘拐の判決延期 「私は妖精」被告、法廷で奇声:朝日新聞デジタル

埼玉県朝霞市で中学1年だった少女を誘拐し、2年余り監禁したなどとして未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた大学生、寺内樺風(かぶ)被告(25)=東京都中野区=の判決公判が29日、さいたま地裁で予定されていたが、被告がつじつまの合わない発言を繰り返し、松原里美裁判長は判決の言い渡しを延期した。


Top