精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2017年09月アーカイブ - 業界ニュース

厚生労働省、「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成を今秋から開始 | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

厚生労働省、「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成を今秋から開始 | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

厚生労働省は一般の従業員を対象に、精神・発達障害に関する知識や必要な配慮に関する「精神・発達障害者しごとサポーター」養成講座を開くことを決めました。この記事では、「精神・発達障害者しごとサポーター」とはどういった存在なのかということ、講座を開くに至った背景や、講座を受けるためにはどうすればいいのかということを紹介します。

マスコミは電通のブラック批判より自らの「仕事バカ」を是正せよ

マスコミは電通のブラック批判より自らの「仕事バカ」を是正せよ

2017年9月22日、大きな話題となった電通の労基法違反事件の初公判が開かれました。この事件の焦点は、違法を含む長時間労働です。頻発する過労自殺や過労死、うつ病や精神疾患の広がりは、長時間労働が蔓延していることを示しています。大きな社会問題となっている長時間労働を是正するためには、どうしたらよいのでしょうか。

強度行動障害とは?特徴や原因、判定基準、支援、手続きの方法などについて解説します | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

強度行動障害とは?特徴や原因、判定基準、支援、手続きの方法などについて解説します | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

強度行動障害とは、自傷行為や物を壊すなど周囲の人に影響を及ぼす行動が多く、家庭でかなり努力をして養育しても難しい状態が続き、特別な支援が必要な状態を言います。障害の特性や周りの環境をきちんと把握し、本人に合った支援・治療を行うことが大切です。この記事では強度行動障害の特徴や支援、治療などについてご紹介します。

「減酒」助ける外来開設 アルコール依存症“ブレーキ壊れる”前に

「減酒」助ける外来開設 アルコール依存症“ブレーキ壊れる”前に

お酒を飲み始めたらやめられないアルコール依存症は、ブレーキの壊れた車にも例えられる。その治療は長らく「断酒」だけだったが、深刻な問題が生じる前の段階で医療が関わり、酒量を減らす「減酒」に導こうとの取り組みが動き始めた。うまくいけば飲酒者の健康度を上げるのに役立ちそうだが、問題がないのに自分の飲酒行動に疑問を抱くのは難しい。時には「自分は大丈夫?」と振り返ることが必要だ。

「あがり症」や「対人恐怖症」と似た症状が現れる「社会(社交)不安障害」…病気に翻弄され続ける著者が語る現実 | ダ・ヴィンチニュース

「あがり症」や「対人恐怖症」と似た症状が現れる「社会(社交)不安障害」…病気に翻弄され続ける著者が語る現実 | ダ・ヴィンチニュース

「社会不安障害」という精神疾患をご存じだろうか? 現在は「社交不安障害」に名称が変更されているが、人前で何かをすると緊張してしまい、大きな苦痛を感じたり、回避しようとしたりして社会生活に支障をきたす状態を指す。生涯有病率(ある時点で発症している人の率)は3~13パーセント程度であることが分かっている。つまり、発症が認められた人だけでも1割を超える可能性があるということだ。

認知症があっても心は乙女。あるツイートから認知症とのかかわり方について考えてみた

認知症があっても心は乙女。あるツイートから認知症とのかかわり方について考えてみた

いつものようにツイッターを見ていたら、認知症の祖母を持つお孫さんのツイートが流れてきました。筆者、看護師として病棟勤務から始まり老人保健施設やデイサービス、グループホーム、有料老人ホームなどを渡り歩いてきており認知症を患う人とその家族の方とも向き合ってきた事も数知れず。こういったツイートにはつい反応してしまいます。
そこで、とあるツイートからの認知症についての筆者なりの考えをまとめてみました。

「睡眠負債」で認知症に? ぐっすり睡眠で脳をお掃除|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

「睡眠負債」で認知症に? ぐっすり睡眠で脳をお掃除|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

「睡眠負債」という言葉が注目されている。睡眠不足のまま過ごしていると、不足が積み重なって「負債」となり、体にいろいろな不調をもたらす、というのだ。「私は短時間睡眠で平気なタイプ」と思っていても、下のチェックリストに当てはまるなら睡眠負債がある可能性が大。

自殺の5秒前、彼女から電話がきた。そして今、ぼくらは夫婦になった。

自殺の5秒前、彼女から電話がきた。そして今、ぼくらは夫婦になった。

「あなたの人生で、映画みたいな出来事があったら教えてください」。実名で投稿する海外のQ&Aサイト「Quora」で投げかけられた、ひとつの質問。これに対して投稿されたKevin Walshさんのエピソードは、「運命」以外の言葉が見つからない奇跡の物語でした。

できることは、希望を持つ「努力」だけだった。 車椅子生活を送る岸田ひろ実さんが、多くのものを失ってからノートに書いた夢を叶えるまで【前編】

できることは、希望を持つ「努力」だけだった。 車椅子生活を送る岸田ひろ実さんが、多くのものを失ってからノートに書いた夢を叶えるまで【前編】

昨今、日本のうつや躁うつ病の総患者数は100万人を越えているとされています(厚生労働省調べ)。

彼・彼女たちに大きく共通するであろう苦悩のひとつとして、「生きる希望を持てない」ということがあるのではないでしょうか。深刻な症状もなく、毎日社会生活を滞りなく過ごしている人でも「あなたには『生きる希望』がありますか?」との質問に、迷いなく答えられる人はどれくらいいるでしょう?


Top