精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2018年03月アーカイブ - 業界ニュース

まだ”腫れ物”なのか? 精神障がい者「雇用義務化」の法改正で、現場は変わるか

まだ”腫れ物”なのか? 精神障がい者「雇用義務化」の法改正で、現場は変わるか

HR(ヒューマンリソース)関連のトピックスが大きな注目を浴びている。しかし、障がい者雇用に関しては、法に基づいて「やらなくてはならない」と考えている企業が多い。2018年4月には障害者雇用促進法が改正され、法定雇用率の算定基礎に精神障がい者の数が算入されるようになる。この結果、法定雇用率も引き上げられる予定だ。これにより、どのようなことが現場に起きうるのか。障がい者雇用に特化した人材事業を2003年より展開しているゼネラルパートナーズを訪ね、法改正のポイントや現状の課題、マネジメントの心得、今後の展望などを聞いた。

精神障害者の余暇活動について考えてみよう~自分なりの「楽しみ」を見つける

精神障害者の余暇活動について考えてみよう~自分なりの「楽しみ」を見つける

精神障害者の皆さんが考える余暇についてどのように時間を過ごされていますでしょうか?日常生活の中の自由な時間を休息や趣味、気分の発散、自己啓発などバランスよく有効活用していこうというのが今回のテーマです。

変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。

変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。

“私の兄は、障害者”。見て見ぬ振りして、直視できない現実を避けるように生きてきた、妹目線の連載です。 月日が流れても兄の様子が一向に回復しないため、両親はある行動にうつりました。

親なき後に精神障害者を支える仕組み~『リリー賞』自立支援の取り組み - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

親なき後に精神障害者を支える仕組み~『リリー賞』自立支援の取り組み  - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

3月23日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、『第14回・精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)』の表彰式が行なわれた。

リリー賞は、認定特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構(コンボ)が主催し、製薬会社の日本イーライリリーが協賛。精神障害者でありながらも、その困難を克服して社会参加し優れた活動をしている当事者と、その支援者を表彰する。

中高年のひきこもり1万2千人 高齢化が横浜市調査で明らかに | 女性自身

中高年のひきこもり1万2千人 高齢化が横浜市調査で明らかに | 女性自身

横浜市は28日、市内の40~64歳でひきこもり状態にある人が約1万2千人いると推計する調査結果を公表した。40歳以上を対象にした調査は初めてで、ひきこもりの長期化や高年齢化の実態が明らかになった。

「男性のうつ病」と「女性のうつ病」の間には、遺伝子レベルでちがいがある

「男性のうつ病」と「女性のうつ病」の間には、遺伝子レベルでちがいがある

単一のうつ病遺伝子というものはないかもしれませんが、私たちの遺伝子構造がうつ病にかかるか否かの重要な要因であることは間違いありません。そして、そういった遺伝子がどう発現するかは性別によって変わると判明しました。大うつ病性障害と診断された男性と女性とでは、同じ遺伝子が逆方向の変異を示していました。つまり、うつ病の土台となる分子は男性と女性において異なるかもしれないのです。

精神科ってどんなところ? いとうせいこうが主治医とのやりとりを大公開! | ダ・ヴィンチニュース

精神科ってどんなところ? いとうせいこうが主治医とのやりとりを大公開! | ダ・ヴィンチニュース

日本の厚生労働省が3年ごとに全国の医療機関を対象に行う「患者調査」によると、うつ病を含む気分障害の患者数は、平成8年には43.3万人であったが平成20年になると104.1万人にまで増加した。これは病院に出向いた人の数なので、潜在的にはさらに多くの患者がいると推測される。うつ病による自殺者を減らすためにも、早急な対策が求められる問題のひとつだ。

がん患者のQOL(生活の質)、うつ症状・不安、終末期ケアの経過に影響を与える緩和ケアの内容について

がん患者のQOL(生活の質)、うつ症状・不安、終末期ケアの経過に影響を与える緩和ケアの内容について

2018年2月23日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて、進行性肺がんまたは大腸がん以外の進行性消化器系がんに新規罹患した患者に対して医師または看護師による早期緩和ケアを実施し、その緩和ケアの内容が与える患者の生活の質(QOL)、うつ症状・不安症状に対する影響、終末期ケアの経過について検証した臨床試験(NCT01401907)の結果がTulane Cancer Center・Michael Hoerger氏らにより公表された。


Top