精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2018年05月アーカイブ - 業界ニュース

「私のせいで…」は要注意! 「産後うつ」の原因・症状・対処法 | オトナンサー

「私のせいで…」は要注意! 「産後うつ」の原因・症状・対処法  |  オトナンサー

産後の育児によって心身ともに追い詰められていく「産後うつ」。東京都監察医務院と順天堂大が共同で実施した調査によると、東京23区で2005~2014年の10年間に、うつ病や産後うつなどで自殺(死亡)した妊産婦は、63人。その割合は10万人あたり8.5人となり、妊娠・出産に伴う出血や病気による妊産婦死亡率(10万人あたり約4人)の2倍です。治療やケアに対する注目も高まっており、SNS上などでは、「産後すぐは精神的に苦しかったです」「うつ状態だと自分で気づいていないケースも多そう」「周りのサポートが大切」など、さまざまな声が上がっています。オトナンサー編集部では、産後うつの原因や対策について、医師の尾西芳子さんに聞きました。

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!? - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!? - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が公開されヒット中だ。同作は、現実世界に喜びを見出せなくなり、VR(バーチャル・リアリティ)の世界である「オアシス」の中で人生を謳歌する人々が描かれる。

自殺未遂など身体合併症、首都圏で受け入れ拡充へ

自殺未遂など身体合併症、首都圏で受け入れ拡充へ

自殺未遂などによる身体合併症の精神科救急の患者について、東京など首都圏の4都県が、受け入れる医療機関を増やしたり、精神科病院と救急病院の連携を強化したりする方向性を第7次医療計画(2018―23年度)に盛り込んだ。身体合併症の救急患者にどう対応するのか。4都県の医療提供の方向性を探った。【新井哉】

ある日突然、720万円の請求書…認知症だった父を奪った鉄道事故で息子は「被告」となった― | ダ・ヴィンチニュース

ある日突然、720万円の請求書…認知症だった父を奪った鉄道事故で息子は「被告」となった― | ダ・ヴィンチニュース

2007年12月7日、夕方。JR東海道本線共和駅で、高井良雄さんが鉄道事故に遭い亡くなった。良雄さんは認知症を患っており、事故の状況からトイレを探して線路に出てしまい、電車に轢かれたものだと思われる。家族は悲しみに暮れ、ようやくショックから立ち直りかけたとき、JR東海から書面が届く。それはなんと、良雄さんの事故についての損害賠償を一方的に求める内容だった。

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたこと【LITALICO発達ナビ】

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたこと【LITALICO発達ナビ】

広汎性発達障害の娘の進級問題。何度も学校と話合い、悩んだ末、2年生から特別支援学級に行くことが決まりました。やっと落ち着いた…と思ったら、主人がとんでもないことを言い出しました。

83歳母に寄生57歳娘が買う漢方薬年60万 弁護士になる夢は叶わずパラサイト | プレジデントオンライン

83歳母に寄生57歳娘が買う漢方薬年60万 弁護士になる夢は叶わずパラサイト | プレジデントオンライン

長女が一部上場企業で働いていたのは今から25年前。ところが激務で体調を崩し、自宅で引きこもり状態になってしまう。一時、弁護士を目指したが、夢は叶わず。今では83歳の母親の年金を頼りに生きる57歳の長女は、将来に不安を感じる余り、月5万円も漢方薬を買い込み、家計を圧迫している。母親の他界後も生きていけるのか。ファイナンシャルプランナーが試算した――。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳の多様性の一形態。ADHDとうまく付き合う方法 : カラパイア

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳の多様性の一形態。ADHDとうまく付き合う方法 : カラパイア

ADHDは注意欠陥・多動性障害のことだ。最近ではADHDという言葉もかなり浸透してきた。

だがそのイメージはというと、すぐに気を散らして、じっとしていられない。良く物をなくしたり、やたらと話が飛ぶ人といったマイナスのイメージを想像することだろう。

そんなことちっとも気にならないという人もいるだろうが、中にはADHDの人の相手をするのは耐えられない。むしろ悪夢だと考える人だっている。

ところが、私たちのイメージは必ずしも正しいとは限らない。例えば、強迫性障害の人はいつも綺麗にしておかないと気が済まないや、内向的な人は人付き合いができないといったイメージは典型的な偏見である。

ADHDもまた脳の多様性の一形態だ。精神科の医師であるペルペツア・ネオ氏は、その違いをレッテルにしてしまうのではなく、有効活用する術を学ぶべきであると訴える。

ADHDの自分にうんざり… そんな時こそ自分を味方に:朝日新聞デジタル

ADHDの自分にうんざり… そんな時こそ自分を味方に:朝日新聞デジタル

このコラムでは、仕事でミスばかりつづき、友人や恋人との関係もうまくいかず、「生きるのがつらい」と感じている架空の女性・リョウさん(30代前半・独り暮らし)をモデルに、大人のADHDの方がかかえる問題との付き合い方を紹介しています。

自殺未遂など身体合併症対応施設を追加指定へ

自殺未遂など身体合併症対応施設を追加指定へ

神奈川県は、精神科救急医療体制の拡充に乗り出す。精神保健福祉法に基づく警察官の通報件数の増加などを踏まえた措置。自殺未遂などによる身体合併症の受け入れ体制を全県的に構築するため、対応施設を追加指定する方針だ。【新井哉】


Top