精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2018年09月アーカイブ - 業界ニュース

LINEで部下をうつ病にする上司

LINEで部下をうつ病にする上司

今回は、解雇や退職強要、パワハラやセクハラなどの労働問題や自殺(自死)などを専門に扱う弁護士の和泉貴士さんに取材を試みた。和泉さんは「まちだ・さがみ総合法律事務所」(東京都町田市)に勤務し、日本労働弁護団や自由法曹団などに所属している。

2年間で92人自殺する「産後うつ」 | オピニオンの「ビューポイント」

2年間で92人自殺する「産後うつ」 | オピニオンの「ビューポイント」

10人に1人がかかると言われている「産後うつ」。産後のホルモンバランスの急激な変化や、育児のストレスで心が不安定になり、イライラしたり、落ち込んだりという症状から、悪化すれば育児放棄や虐待、自殺にまで繋がるおそれがあります。

「産後うつ」に関する驚くべき数字がありました。それは、2年間で92人。1人目の産後すぐの経験やこれからの2人目以降の育児を考えると他人事ではないと思い、取り上げることにしました。

20年以上の介護で知った「人間の記憶」が容易に「作られる」世界(篠田 節子)

20年以上の介護で知った「人間の記憶」が容易に「作られる」世界(篠田 節子)

直木賞作家の篠田節子さんは、20年以上一人で母親を介護してきた。最近上梓した『鏡の背面』という長編サスペンスでは、シェルターを支えてきた「聖母」とも思える人が、実は極悪人だった? というところから話が始まる衝撃作だ。人間はかくも変わりうるのか、人間の記憶とは何かを深く考えさせられる。篠田さんは母親の介護体験が「人の記憶の変わりよう」を描くのにとても生かされたのだという。その介護の体験から話を聞いた。

介護職員のセクハラ被害"表に出ない"理由 高齢ユーザーは平然と口と手を出す | プレジデントオンライン

介護職員のセクハラ被害"表に出ない"理由 高齢ユーザーは平然と口と手を出す | プレジデントオンライン

介護現場で働く人の74%が、サービス利用者や家族からハラスメントを受けた経験がある――。介護職員でつくる労働組合の調査で、そうした実態が明らかになった。61%が「攻撃的態度で大声を出す」というパワハラを受けたほか、52.6%が「性的冗談を繰り返したり、しつこく言う」というセクハラを受けたという。こうした被害はよく知られているとはいえない。なぜなのか。11年のキャリアを持つケアマネが介護業界の実情を明かした――。

自閉症と統合失調症には同じ遺伝的ルーツがあることが名古屋大学の研究結果からより確実に

自閉症と統合失調症には同じ遺伝的ルーツがあることが名古屋大学の研究結果からより確実に

先天的な原因により発症する自閉症と統合失調症は、ともにゲノムコピー数変異(copy number variation:CNV)と呼ばれる遺伝子の変異に起因していることを裏付ける新たな研究結果が名古屋大学の研究チームによって発表されました。 

娘はかわいいし、幸せ。なのに苦しい。 産後うつと強迫性障害に苦しんだ2年半の記録

娘はかわいいし、幸せ。なのに苦しい。 産後うつと強迫性障害に苦しんだ2年半の記録

長女を産んでからの約3年、産後うつと強迫性障害に苦しめられたイラストレーターの藤田あみいさんは、当時のことをそう振り返る。藤田さんにとって初のエッセイ集となる『懺悔日記 子どもの愛し方を知るまで』(マガジンハウス)は、壮絶な戦いの記録だ。

彼女は何と戦い、どんな風に苦しみ、どうやって平穏な日常へと戻ってくることができたのか。藤田さんに話を聞いた。

現役医師が警告。パチンコでギャンブル依存症になった人の末路 - まぐまぐニュース!

現役医師が警告。パチンコでギャンブル依存症になった人の末路 - まぐまぐニュース!

賭け事がどうしても止められず、そのために借金を重ねるなど、自らの生活を破滅にまで追い込んでしまうギャンブル依存症。現役医師の徳田安春先生によると、これはれっきとした精神疾患であるとのことで、そのオーソドックスな治療方法を自らのメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』にて紹介しています。

「虐待するかも」と不安な親に伝えたいこと | 子育て

「虐待するかも」と不安な親に伝えたいこと | 子育て

今春、東京目黒区で起きた船戸結愛ちゃん(当時5歳)虐待死事件は、世間に大きな衝撃を与えたが、このような痛ましい事件は後を絶たない。統計によると、虐待による死亡事例は年間50件を超え、1週間に1人の子どもが命を落としている。

これ以上、虐待される子どもを増やさないために、私たちに何ができるのだろうか。認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事であり、子どもの人権を守るための多数の委員を歴任、虐待防止や家族の笑顔を増やすための講演活動を行う高祖常子氏に話を聞いた。

【講演会申込】2018年11月17日(土)設立33周年記念講演会 精神科病院に入院中の方のための権利擁護の・・・|認定NPO大阪精神医療人権センター

【講演会申込】2018年11月17日(土)設立33周年記念講演会 精神科病院に入院中の方のための権利擁護の・・・|認定NPO大阪精神医療人権センター

大阪精神医療人権センターは精神障害者の権利を擁護する活動を行い、安心してかかれる精神医療の実現を目指しています。


Top