精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2018年11月アーカイブ - 業界ニュース

依存症と家族(下)患者支えた人にも支援 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

依存症と家族(下)患者支えた人にも支援 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

依存症の患者が治療を受けるようになると、周囲の人も少し安心できる。しかし、それまでに受けた心の傷は、すぐに癒えるわけではない。自分自身も、周りの人の支えを受けて、気持ちの整理をしよう。

発達障害がある私の過集中と多動性の対処法②~休憩も仕事のうち

発達障害がある私の過集中と多動性の対処法②~休憩も仕事のうち

前回の記事で過集中と多動性の使い分けについて書きましたが、作業の合間に小休憩を習慣づけていく中で、休憩は本当に必要だとつくづく実感させられているので、今回は休憩が必要な理由を中心に、多動性との付き合い方も絡めて書いていきたいと思います。

療養中の子ども、「aibo」の癒やし効果は?--ソニーら、小児医療現場で検証

療養中の子ども、「aibo」の癒やし効果は?--ソニーら、小児医療現場で検証

国立成育医療研究センターこころの診療部児童・思春期リエゾン診療科の田中恭子診療部長らの研究グループとソニーは11月29日、ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」による小児医療現場における長期療養中の子供に与える癒やし効果の検証を2018年12月より開始すると発表した。

写真集の中の「虐待された私」、今も必死に生きている つながる当事者たち

写真集の中の「虐待された私」、今も必死に生きている つながる当事者たち

【11月29日 AFPBB News】外の園庭で遊ぶ子どもたちのはしゃぎ声が、静まり返った講堂に響く。3人の大人が語る子どものころの虐待体験に、約80人の聴衆は息をのんで耳を傾けている。11月中旬、東京・大田区の児童養護施設で行われた講演会の一場面だ。

待望の「認知症基本法」骨子案を元厚労官僚・精神科医が危ぶむ理由

待望の「認知症基本法」骨子案を元厚労官僚・精神科医が危ぶむ理由

介護保険で真正面から取り組まれなかった認知症ケアだが、認知症の人への考え方や基本理念、方針、政策などを集約させた認知症基本法制定への動きが高まってきた。公明党が9月に「認知症施策推進基本法案・骨子案」を定め、自民党も独自案を提案する予定だ。

『薬物依存症』(筑摩書房) - 著者:松本 俊彦 - 斎藤 環による書評 | 好きな書評家、読ませる書評。ALL REVIEWS

『薬物依存症』(筑摩書房) - 著者:松本 俊彦 - 斎藤 環による書評 | 好きな書評家、読ませる書評。ALL REVIEWS

本書は薬物依存症臨床の第一人者による、一般向け解説書の決定版である。著者の松本は国立精神・神経医療研究センターの勤務医として、依存症の臨床ならびに啓発活動に長年関わってきた。薬物依存症の治療プログラム「スマープ(SMARPP)」の開発と普及という貢献をはじめ、精神医療の周辺に追いやられがちな依存症臨床の現場で八面六臂(ろっぴ)の活躍を続けている。

自殺者の3分の2は男性…日本は世界的にも自殺が多い:イザ!

自殺者の3分の2は男性…日本は世界的にも自殺が多い:イザ!

最近、愛媛県のご当地アイドルが過酷な労働条件で自殺に追い込まれて、遺族が損害賠償請求訴訟を起こしました。自殺は平成10年までは2万人台だったのですが、その年に急に3万人を突破して大きな社会問題となりました。政府はこれを重く見て、自殺対策基本法を制定し、各方面の専門家と行政が対策に着手しました。

飛び降りなど自損事故、約9割に院内精神科が介入

飛び降りなど自損事故、約9割に院内精神科が介入

自殺企図患者の退院後のQOL(生活の質)の向上と再企図の防止を図る地域の支援体制構築が必要―。川崎市は、「自損事故救急事例研究会」がまとめた調査結果(要旨)を盛り込んだ「自殺対策の推進に関する報告書」を公表した。報告書によると、医療機関と消防のデータをリンクさせた自損事故救急搬送の事例分析は国内で初めて。飛び降りなどの自損事故については、9割近くが院内の精神科の介入を受けていたという。【新井哉】

「ぼくは腹が立つ」自閉症の兄への思いとは?次男の作文に見えた、ホンネと成長【LITALICO発達ナビ】

「ぼくは腹が立つ」自閉症の兄への思いとは?次男の作文に見えた、ホンネと成長【LITALICO発達ナビ】

わが家には9歳の双子の兄弟がいます。長男は重度の自閉症で、次男は定型発達です。言葉のキャッチボールができず、癇癪をおこす長男のことを次男はどう思っているのだろう…。普段次男とはいろんな話をするのですが、もう小さいころのようになんでも言ってくれるわけではないし、最近のホンネはわかりませんでした。けれど私は次男の書いた1枚の人権作文から彼の胸の内を知ることになるのです。


Top