精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年01月アーカイブ - 業界ニュース

幸せだった出来事を思い返すことでうつ病のリスクを減らすことができる

幸せだった出来事を思い返すことでうつ病のリスクを減らすことができる

うつ病は世界中の人々が苦しむ病となっており、多くの研究者がうつ病の要因や治療法についての研究を行っています。ケンブリッジ大学やロンドン大学の研究チームが行った研究によると、過去に経験した幸せな出来事を思い返すことで、うつ病のリスクを軽減することができるとのことです。

双極性障害・社交不安障害の私の半生

双極性障害・社交不安障害の私の半生

私は小学生の頃は活発な頃もありましたが、徐々に落ち込むようになっていきました。中学生の頃はじめて心療内科へ行き、SSRIを処方されましたがまったく効かず、次に抗不安薬を処方されて少し落ち着きました。この頃は子供だったので仕方なかったのですが、大人になった段階で、ここで抗うつ剤が効かなかったことに違和感を持つべきだったのだと思います。

精神障害がある私の生活で苦手なシチュエーションと対策法

精神障害がある私の生活で苦手なシチュエーションと対策法

私は子供の頃から新しい環境や人混みが苦手で今でもその名残があります。さらに双極性障害を患ってから体調や気分の上下がおこり、日常で難しい場面がいくつか出てきました。美容室、洋服屋で接客を受けることが特に苦手です。人の密度が多い満員電車もすごく苦手です。できるだけストレスを感じずに生活に必要なだけ行う私の対処法をご紹介します。

窃盗症回復へ体験や心境語り合う 自助団体九州でも 罪と向き合い治療前向きに

窃盗症回復へ体験や心境語り合う 自助団体九州でも 罪と向き合い治療前向きに

衝動的に万引などの窃盗を繰り返す精神疾患「窃盗症(クレプトマニア)」の当事者が体験や心境を語り合う、自助グループの活動が九州でも広まっている。福岡市で昨年夏にグループが設立されたのに続き、同11月には北九州市でも新たな団体が活動を始めた。昨年は女子マラソン元日本代表選手が窃盗症になっていたニュースも関心を集めたが、専門的な治療が必要ともされる窃盗症に対応できる医療機関は少ない。自助グループで体験を語ることで罪と向かい合い、回復を目指す当事者が増えている。

緒に就いた「公認心理師」 課題超え、どう育てる:朝日新聞デジタル

緒に就いた「公認心理師」 課題超え、どう育てる:朝日新聞デジタル

「公認心理師」という新しい国家資格をご存じですか。心の健康をサポートし、医療や教育などの分野で活躍が期待されています。昨年、初めての国家試験があり、約2万8千人が合格。ただ、新資格が今後どんな現場でどう生かされるのか、具体的にはこれからです。臨床心理士とは何が違うのか。頼れる身近な存在になるのか。みなさんと考えます。

貧困とDVには関係がある!? 私たちが直面する貧困の“いま”を知る | ダ・ヴィンチニュース

貧困とDVには関係がある!? 私たちが直面する貧困の“いま”を知る | ダ・ヴィンチニュース

1970年代には「一億総中流」(国民のほとんどが中流階級以上)と喧伝されたわが国。しかし、今や「一億総貧困時代」(雨宮処凛氏の同名著書で広まった言葉)の到来さえ、ささやかれ始めているという。そんな昨今、果たしてみなさんにとって「貧困」は、身近なテーマか否か?

昨年、生活保護(以下、生保)をテーマにしたテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(2018年7~9月、フジテレビ系)が放送された。

フィクションとはいえ、TVという影響力・発信力のあるメディアで、主演の吉岡里帆さんが演じた「ケースワーカー」という職種や、生保受給者とその家庭や子どもの抱える問題など、「外から見えにくい世界」が可視化されており、お茶の間でも注目されたことは有意義だったのではないだろうか。

<孤独死>葬儀現場の悲痛 遺族が遺骨の受け取り拒否「あとはやっといて」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

<孤独死>葬儀現場の悲痛 遺族が遺骨の受け取り拒否「あとはやっといて」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

近年、増加の一途をたどる孤独死。凄惨な孤独死現場はネットニュースなどの記事で広く知られるところとなったが、その後の故人の弔い、つまり葬儀はどのように執り行われているのだろうか?

すれ違いざまにビンタ、高卒と同時に捨てられ「虐待サバイバー」になった青年 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

すれ違いざまにビンタ、高卒と同時に捨てられ「虐待サバイバー」になった青年 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

痛ましい虐待事件が後を絶たない。殴られ蹴られ尊厳を傷つけられても彼らは希望を捨ててなかったーー。こうきさんがたどった壮絶な虐待の記憶と再生への道ーー。

私はいかにして社交不安障害になったか

私はいかにして社交不安障害になったか

現在、社交不安障害を患っている私ですが、もともとそうだったわけではありません。小さい頃からシャイで大人しいタイプでしたが、社会生活が困難になったり体調不良を起こすほど病的ではありませんでした。ではなぜ私は社交不安になったのか。今回はその経緯を自分なりに振り返ってみたいと思います。


Top