精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年03月アーカイブ - 業界ニュース

統合失調症になった14歳の少年、原因は猫の引っかき傷かも…?

統合失調症になった14歳の少年、原因は猫の引っかき傷かも…?

ある日突然統合失調症になった理由は、猫?

体内に隠れている細菌やウィルスが長い時間をかけて痴呆やアルツハイマー病などのメンタルヘルスに影響を及ぼしているのではないかと、お医者さんたちは考え始めているようです。2019年3月第4週に発表されたある実例によって、特定の細菌が早いスピードでメンタルヘルスに大きな影響を与えることを示唆しているとの見方が出てきたとのことです。

「Journal of Central Nervous System Disease」というジャーナルに発表されたケーススタディレポートによると、14歳の少年が急に現実との境目がわからなくなり、18ヶ月間も原因不明のまま悪夢のような日々を送ったのち、お医者さんたちはついにその謎の原因(まだすべての謎が解明されたわけじゃないらしいんですが)を突き止めたのです。

「発達障害者が自信を持って働ける職場」を目指す宿泊施設オーナーの信念

「発達障害者が自信を持って働ける職場」を目指す宿泊施設オーナーの信念

外国人観光客に高評価の「ゲストハウスジャパン白馬」は、「発達障害者も自信を持って働ける職場」をコンセプトに作られた宿。自身の息子の発達障害をきっかけに起業したオーナーの石田浩司さんに、発達障害者の特性と、彼らが生き生きと働くための工夫について話を聞いた。

発達障害者たちの深刻な「性の悩み」 | 日刊SPA!

発達障害者たちの深刻な「性の悩み」 | 日刊SPA!

発達障害の当事者たちは、その特性からさまざまな場面で困難に直面している。過去2回にわたり大特集を展開した発達障害。その取材をきっかけに生まれた『発達障害グレーゾーン』(姫野桂著)も発売即重版となるなど、大きな反響を呼んでいる。今回はそんな発達障害当事者たちの性の悩みにせまる。

この国で「自称心理カウンセラー」が乱立する現状はようやく変わるか(原田 隆之)

この国で「自称心理カウンセラー」が乱立する現状はようやく変わるか(原田 隆之)

ほとんどニュースになることもなかったが、昨年9月9日、第1回の公認心理師国家試験が実施され、11月30日に合格発表が行われた。それに基づいて、今年から正式な国家資格としての「公認心理師」が誕生した。

『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした 入学準備編』気持ちの切り替えと「時計」/第5回 | ダ・ヴィンチニュース

『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした 入学準備編』気持ちの切り替えと「時計」/第5回 | ダ・ヴィンチニュース

幼いころから生きづらさを抱えていた著者が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。

ロングセラーとなる1巻・2巻に続き、第3巻では、発達障害の子供を持つ親にとって「進路の壁」と言われる小学校入学に向けた、1年にわたる準備期間を細やかに描く。

虐待、世代超え連鎖 加害親の7割が幼少期に被害

虐待、世代超え連鎖 加害親の7割が幼少期に被害

子どもを虐待したとして有罪判決を受け、服役した親ら二十五人のうち、72%に当たる十八人が自身の子ども時代に虐待を受けていたことが三十日、理化学研究所の調査で分かった。本人が精神的問題を抱えるケースや、子どもに健康や発達の問題があり、子育てが難しい環境に置かれていた例も目立った。

薬物依存とどう向き合う(後編)「地域社会の中での回復モデルを」 - 毎日新聞

薬物依存とどう向き合う(後編)「地域社会の中での回復モデルを」 - 毎日新聞

コカインを使用したとして、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたのを受け、薬物依存症治療の第一人者、松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター部長は「薬物問題は厳罰化では解決できない」と主張する。では、新たな解決法とは何なのか。インタビューの後編では、薬物依存症者の回復を支えられる社会とはどんなものなのかを聞いた。【統合デジタル取材センター/小国綾子】

スウェーデンにおける在宅での認知症介護 | KAIGO LAB(カイゴラボ)

スウェーデンにおける在宅での認知症介護 | KAIGO LAB(カイゴラボ)

2025年には、日本で認知症に苦しむ高齢者は1,100万人(MCI含む)にもなります。国民10人に1人が、認知症になるわけです。そうなると、認知症になったとしても、その人が、住み慣れた場所で心地よく暮らしていけることが重要です。

厚生労働省は、これを実現するため、2015年より、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)をまとめ、推進しています。この新オレンジプランでは、様々な取り組みの中で、認知症の診断のみならず、認知症が疑われる人などについても、早期に対応することが重視されています。

実際に、介護現場では、症状が進んでしまってから、やっと認知症と診断されて介護が開始されるという実態が、長く問題視されてきました。現行の介護保険制度では、要介護認定されないと、介護のプロが介入できないことから、早期対応が難しいのです。

そこで、厚生労働省は、認知症初期集中支援チーム(主な政策4)を設置し、早期対応の方向性を出しました。しかしその実態は、チームのリソースが特に支援が困難なケースに割かれてしまっており、本来期待される、より広域で網羅的な早期対応にまでは至れていないとも言われます。

「ひきこもり」中高年で61万人|NHK 首都圏のニュース

「ひきこもり」中高年で61万人|NHK 首都圏のニュース

長期間自宅に閉じこもる、いわゆる「ひきこもり」の人は、40歳から64歳までの年齢層の1.45%、推計で61万人あまりにのぼることが内閣府の調査で明らかになりました。
これは、4年前の調査で推計された39歳以下の「ひきこもり」の人数より多くなっていて、対策が急がれます。


Top