精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年07月アーカイブ - 業界ニュース

ゲーム障害、無理やり禁止はNG 子どもがルールを|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

ゲーム障害、無理やり禁止はNG 子どもがルールを|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

オンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が難しくなる「ゲーム障害」を世界保健機関(WHO)が疾病と認めた。患者数は明確ではないが、「ネット依存」の疑いがある人は国内に500万人ほどおり、増加の一途をたどっている。ゲーム障害にどう向き合えばいいのだろうか。

若年性認知症の人の社会参加に対する考察 - コラム - 先見創意の会

若年性認知症の人の社会参加に対する考察 - コラム - 先見創意の会

高齢化の進展に伴い認知症の人は増加している。2025年には65歳以上の5人に一人、約700万人が認知症になると予測されており、予備軍を含めると4人に一人である。

一般的に高齢者が罹患すると思われている認知症であるが、若年でも発症することがあることはご存じだろうか。65歳未満で認知症を発症した場合を若年性認知症という。

強迫性障害 治療で改善 過剰な手洗い 火の元確認やめられない

強迫性障害 治療で改善 過剰な手洗い 火の元確認やめられない

「ばい菌が付いている」「忘れ物をしたかも」などの強迫観念に取りつかれ、それを打ち消そうと手を洗い続けたり、何度も確認したりといった強迫行為を繰り返す精神疾患「強迫性障害」。生活に支障をきたすだけでなく、周囲との関係がこじれてしまう例も。これまでは「性格の問題」で済まされることも少なくなかったが、病気だという認識が一般にも広まりつつある。 (花井康子)

虐待する母親は"しっかりしていない"のか 世間が求める"あるべき母親"の呪い | プレジデントオンライン

虐待する母親は"しっかりしていない"のか 世間が求める"あるべき母親"の呪い | プレジデントオンライン

痛ましい児童虐待のニュースが絶えない。そして事件のたびに母親が糾弾される。法政大学の上西充子教授は、「『母親なんだから、しっかりしなさい』と叱ったところで、問題は解決しない。母親であっても子育てから降りられる仕組みを整えるべきだ」と指摘する――。

自閉症スペクトラム障害(ASD)の原因は約8割が遺伝であることが確認される(国際共同研究) : カラパイア

自閉症スペクトラム障害(ASD)の原因は約8割が遺伝であることが確認される(国際共同研究) : カラパイア

1000人に1人程度に発症するとされる自閉症スペクトラム障害(ASD)は、社会的なコミュニケーションや対人関係が苦手で、興味や活動に強いこだわりを持つといった特徴を持った発達障害の一種だ。 

人によってその度合いは異なり、特に問題なく生活できることもあるが、融通がきかず、強いこだわりを持ったりするために、場合によっては毎日がとても大変なものになってしまうことがある。

その原因をめぐっては、遺伝子から抗生物質やワクチン接種、ウイルス感染、アレルギーまで、さまざまなものが疑われている。

今回、5ヶ国の200万人以上の子供たちを対象とした、これまでで最大規模となる研究が行われた。その結果、自閉症スペクトラム障害を引き起こす最大のリスク要因は遺伝子であることが判明したそうだ。

犯罪の”加害者”を支援する… 全国初の条例を施行した明石市、その「支援現場」を取材 - FNN.jpプライムオンライン

犯罪の”加害者”を支援する… 全国初の条例を施行した明石市、その「支援現場」を取材 - FNN.jpプライムオンライン

何度も犯罪を繰り返してしまう、知的障害や精神疾患のある人などの更生を支援するという全国初の条例が兵庫県明石市で施行された。

今回、再犯を防ぐための支援の現場を取材。加えて精神疾患の男が起こした事件で、長男を亡くした遺族は、この条例をどう捉えているのか、話を伺った。

精神科の選び方1――治療ガイドラインと比較する | SYNODOS -シノドス-

精神科の選び方1――治療ガイドラインと比較する | SYNODOS -シノドス-

精神科の選び方について相談をされることが度々あるので、ここで一度、まとめてみたい。精神科選びはユーザーにはかなり重要な情報であるし、ニーズもあるようなので、チャレンジしてみたい。

孤独死した50代警備員の部屋に見た残酷な孤立 | 災害・事件・裁判

孤独死した50代警備員の部屋に見た残酷な孤立 | 災害・事件・裁判

壁1枚隔てた隣の部屋で、床をうじがはい回る孤独死が起こったり、緩やかな自殺と呼ばれるセルフネグレクト(自己放任)に陥り、かろうじて命をつないでいる隣人がいたりする。年間孤独死者3万人、孤立状態1000万人、それが私たちの生きている社会の現実だ。

じめじめした梅雨は、孤独死が多く発生する。湿度は温度以上に、体を弱らせる強敵となる。今この瞬間も特殊清掃業者は、休みなく働いている。とくに「今年は例年以上に孤独死の件数が多い」との声が、業者たちから続々と寄せられている。

そのほとんどが、現役世代の孤独死だ。私は『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』の執筆にあたり、孤独死を追い続けているが、その数は減ることはなく、ますます増えていると感じる一方だ。

京アニ事件「犯人野放し」批判で検証、病歴と犯罪の知られざる関係性

京アニ事件「犯人野放し」批判で検証、病歴と犯罪の知られざる関係性

大惨事となった京アニ放火事件で、容疑者の40代男性に精神的な疾患があったことなどが報道されている。「なぜ野放しにしていたのか?」と、病歴と犯罪を結びつける議論も噴出する。それは本当に信憑性のある見方なのだろうか。


Top