精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年09月アーカイブ - 業界ニュース

日本で「うつ病の子供」が急増している根本原因 本来うつは中高年が患う病気だった

日本で「うつ病の子供」が急増している根本原因 本来うつは中高年が患う病気だった

さまざまな原因から「生きづらさ」を感じる人が増えている。摂食障害、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、依存症、原因不明の身体の痛み……。精神科医の岡田尊司氏は、「そうした症状の背景には、幼少期に家庭できちんとした愛情を受けられなかったことが影響している恐れがある」という——。

私の神経過敏~神経過敏と生きていくために - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

私の神経過敏~神経過敏と生きていくために - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

「私の神経過敏~神経過敏と生きていくために」(成年者向けコラム)のページ|日本最大級の障害福祉サービス施設検索サイト「障害者ドットコム」には放課後等デイサービス、就労継続支援事業、相談支援事業など40,000件以上掲載されています。障害に関する知識、理解を深めていただくことを目的に、発達障害者ご自身の体験に基づくコラム記事を発信しています。

結愛ちゃん虐待死事件「私は鬼母…」弁護士明かす実母の懺悔 | 女性自身

結愛ちゃん虐待死事件「私は鬼母…」弁護士明かす実母の懺悔 | 女性自身

「懲役8年は大変重い刑です。結愛ちゃんは戻ってきませんが、こうなってしまったことを裁判が終わってからもしっかり考えてください。人生をやり直してください」

裁判長からの説諭に、スーツ姿の船戸優里被告(27)は小さくうなずいた。

「相模原障害者殺傷事件から3年」岡山集会と「座敷牢」の衝撃(篠田博之) - Yahoo!ニュース

「相模原障害者殺傷事件から3年」岡山集会と「座敷牢」の衝撃(篠田博之) - Yahoo!ニュース

9月22日(日)、「相模原障害者殺傷事件から3年」岡山集会にパネリストの一人として参加した。障害者施設や福祉関係の人が集まった集会で、施設職員だった植松聖被告がなぜあの事件を起こしたのか議論した。

新型iPhone背面のレンズに恐怖や嫌悪…トレンドワード「集合体恐怖症」とは? 専門家に聞く | オトナンサー

新型iPhone背面のレンズに恐怖や嫌悪…トレンドワード「集合体恐怖症」とは? 専門家に聞く  |  オトナンサー

新型「iPhone」の発表が話題になりましたが、背面に3つのレンズが並んだデザインも注目されました。これを見て「集合体恐怖症が出てしまった」という声が上がっています。

孤独死の凄惨な現場をミニチュアで再現。ごみ屋敷や残されたペットから「人の思い」を読み取る | ダ・ヴィンチニュース

孤独死の凄惨な現場をミニチュアで再現。ごみ屋敷や残されたペットから「人の思い」を読み取る | ダ・ヴィンチニュース

日本では現在、年間3万人が孤独死しており、社会問題にもなっている。誰にも看取られず自宅で亡くなり、ときには発見までに月日を有する孤独死は、誰だって迎えたくないエンディングだろう。ニュースなどで孤独死のことが取り上げられるたび、多くの人は気を付けようと意識するはずだ。だが、同時に心のどこかで「自分はきっと大丈夫」と、他人事のように思っていないだろうか。『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(小島美羽/原書房)は、孤独死の現実をダイレクトに伝え、私たちの意識を一変させる1冊だ。

「障害があるように見えない」これ、マナー違反です - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

「障害があるように見えない」これ、マナー違反です - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

いつの世も「マナー」というものは、円滑なコミュニケーションを促し互いの軋轢を防ぐために有効な暗黙の掟です。出会って数秒で波風が立つ可能性を最小限に抑えるため、様々な対人マナーが陰に陽に広まっております。

最近は「マナー講師が食い扶持のために創作した嘘マナーではないか?」と勘繰られるケースもあり、マナーについて猜疑心のある意見も出ています。「お祝い返しに緑茶は失礼」などと存在しないマナーをでっち上げて炎上するケースは実際にありました。

その動きからか、「マナーの押しつけはマナー違反だ!」というカウンターワードも生まれつつあります。しかし、本来の目的で存在するマナーまで蔑ろにしていては波風立たない生活など望めません。そこで、障害者にも身近なマナー違反を中心に実例を紹介しましょう。

【パニック障害予備軍とは】自律神経を整え不安を解消する「ストロー呼吸」のやり方

【パニック障害予備軍とは】自律神経を整え不安を解消する「ストロー呼吸」のやり方

些細なことで不安を感じてドキドキしたり、すぐに疲れてしまったり、ダラダラ過ごしたりすることを、性格や精神面での弱さのせいにしていませんか。これは大きな誤解です。原因は心ではなく、内臓や血管の働きを調整する自律神経にあるからです。【解説】藤本靖(環境身体学研究所代表・ボディワーカー)

発達障害者の夫や妻に多く発症 「カサンドラ症候群」横浜で勉強会 ストレスで鬱や睡眠障害に

発達障害者の夫や妻に多く発症 「カサンドラ症候群」横浜で勉強会 ストレスで鬱や睡眠障害に

「奴隷のようでした」。白川綾子さん(47)=仮名=は、時に異常とも思える夫の要求に応え続け、結婚から7年目に鬱病を発症した。アスペルガー症候群など発達障害のある夫や妻との意思疎通がうまくいかず、長年のストレスから配偶者が心身の不調に陥る「カサンドラ症候群」を訴える人が増えている。横浜市で6月、カサンドラ症候群を訴える女性たちが、悩みを打ち明ける茶話会が開かれた。集まった7人の中には白川さんの姿もあった。

発達障害は病気ではない…「情報処理のタイプ」が異なるだけ|発達障害と呼ばないで|岡田尊司

発達障害は病気ではない…「情報処理のタイプ」が異なるだけ|発達障害と呼ばないで|岡田尊司

ADHD、学習障害、アスペルガー症候群、自閉症……。近年、「発達障害」と診断される人が急増しています。一体、どうしてなのでしょうか? 精神科医・岡田尊司先生の『発達障害と呼ばないで』は、その意外な秘密に迫った一冊。発達障害は「生まれつきの脳機能の障害」という、これまでの常識がガラッと変わることでしょう。そんな本書から、一部を抜粋してお届けします。


Top