精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年10月アーカイブ - 業界ニュース

うつ病とは何か - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

うつ病とは何か - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

最近、うつ病が話題に挙がることが多いです。誰でも憂うつな気分になってしまうことはあると思います。ですが、うつ病はそのようなレベルの話では無く、生活に支障をきたしてしまいます。ではその、うつ病はどういうものなのかを掘り下げていきたいと思います。

【朗報】統合失調症を劇的改善する薬がついに発見される! まさかの「●●病」治療薬で脳が復活すると判明(最新研究) - TOCANA

【朗報】統合失調症を劇的改善する薬がついに発見される! まさかの「●●病」治療薬で脳が復活すると判明(最新研究) - TOCANA

有効な治療法がないとされている統合失調症だが、意外な薬に効果がありそうなことがマウスを使った実験で報告されている。損なわれた脳の神経細胞が復活を遂げるというその薬とは――。

障害者差別という現実~私たちは懸命に生きている - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

障害者差別という現実~私たちは懸命に生きている - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

障害を持つ者にとって「嫌だなぁ」って思うもの。その多くははっきりに言ってしまえば偏見です。偏見は健常者にはあまり実感が無いものかもしれませんが、私達、障害者にとって日常に潜む恐怖そのものです。本日お話するのはその偏見、つまりは障害者差別についてのお話です。

睡眠薬をラムネ菓子のようにボリボリ…高学歴女性ほどハマる「薬物」の闇

睡眠薬をラムネ菓子のようにボリボリ…高学歴女性ほどハマる「薬物」の闇

「睡眠不足」は健康の敵――。睡眠を重視する意識が急速に社会全体に広がり、浸透しつつある。だが、その一方、眠れないことに不安やプレッシャーを感じ、ますます不眠が悪化している人も。そんな人々が陥りやすい「処方薬依存」の実態を取材した。

3分診療で鬱診断→向精神薬の強烈な副作用で“絶望の淵”をさまよった2年間

3分診療で鬱診断→向精神薬の強烈な副作用で“絶望の淵”をさまよった2年間

5人に1人が精神疾患にかかっているともいわれる現代日本。仕事や人間関係のストレスから鬱症状になる人も少なくない。多くの企業がメンタルヘルスケアに取り組み、ストレスチェックを実施するなど社員の精神衛生の向上に努めている。

筆者が働く医療業界でも、鬱が原因で休職に追い込まれたというケースもある。しかしながら鬱の診断は、医師によっては非常に曖昧なケースもあるようだ。実際に医師の診断を疑いたくなるような経験をした2人の男性に話を聞いた。

映画『ジョーカー』が決して哀れな転落物語ではなく、”ハッピーエンド”である理由 | 文春オンライン

映画『ジョーカー』が決して哀れな転落物語ではなく、”ハッピーエンド”である理由 | 文春オンライン

私の名前はダブル手帳(@double_techou)。身体障害者手帳1級(重度脳性麻痺)と精神障害者手帳3級(発達障害)を持っていることから思い付いた安易なペンネームを使って執筆している。生まれつき歩くことができず、背筋は湾曲し、右手も自由にならないため、電動車椅子で生活している。先日、私は大ヒット中の映画『ジョーカー』を見てきた。

私の体験談と発達障害について - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

私の体験談と発達障害について - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

私は子供の頃から落ち着きが無いと言われたり、注意力が無いと言われることが多くありました。それは今でも変わってはおらず、特に注意散漫なことが多いです。先天的に障害があると診断を受けました。

幼稚園の頃は障害者のクラスに所属していました。しかし、小学校以降は普通のクラスに所属する事になり、大学まで障害者であることを隠して生活してきました。ここからは私の過去と実体験について話していきます。

ダウン症の弟はイジメのないクラスをつくる天才だった(岸田 奈美)

ダウン症の弟はイジメのないクラスをつくる天才だった(岸田 奈美)

ダウン症の弟と近所のコンビニの店員の心温まるエピソードを綴ったnoteの記事「弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった」が話題になった岸田奈美さん。人との触れ合いが大好きな奈美さんの弟の周りは、いつも笑顔になる。それには、奈美さんのお母さんのある教えがあったという。

発達障害などで不登校 それでも出席扱いにできる制度がある|日刊ゲンダイヘルスケア

発達障害などで不登校 それでも出席扱いにできる制度がある|日刊ゲンダイヘルスケア

「発達障害や起立性調節障害(朝起きられないなど)で勉強についていけない」「集団行動が苦手」といった理由で子供が不登校になった時、知っておきたいのが文科省が定める「不登校児の出席取り扱いに関する制度(注)」だ。少・中学生が対象。どういう制度なのか?

発達障害の特性 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

発達障害の特性 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

発達障害はよく、グレーゾーンと言われることが多いです。他にも身体障害者などと比べて見た目で判断しづらいです。では、発達障害とはどのようなものなのでしょうか。発達障害に関して詳しく掘り下げていきたいと思います。


Top