精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2019年11月アーカイブ - 業界ニュース

認知症治療薬の最有力候補、治験中止から承認申請へ…前代未聞の大逆転なるか? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

認知症治療薬の最有力候補、治験中止から承認申請へ…前代未聞の大逆転なるか? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

製薬大手のバイオジェン(米)とエーザイが共同で開発を進めていた認知症治療薬アデュカヌマブが、来年初めにも米国で承認申請される見通しだ。アデュカヌマブは、認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病の根本治療薬として臨床試験(治験)が行われていたが、中間解析の結果、「有効性を示す可能性が低い」として、今年3月に中止された。「見込み薄」の評価から一転、承認申請へと動き出す異例の事態で、審査に当たる米食品医薬品局(FDA)の判断に注目が集まっている。(ヨミドクター 飯田祐子)

なぜ人は麻薬に手を出し依存してしまうのか―アメリカの悲惨な麻薬事情 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

なぜ人は麻薬に手を出し依存してしまうのか―アメリカの悲惨な麻薬事情 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

麻薬の世界も国際化が進んでいるのか、密輸ルートや種類も進化しているようで、日本でも年々、麻薬に手をだしてしまう人が増えています。今や、麻薬は他人事ではありません。どんな人でも簡単に陥ってしまう罠があるのです。なぜ、人は麻薬の罠にはまり、抜けられなくなるのか、アメリカの麻薬事情を参考に考察します。

「普通の子」を襲う薬物の危険~家出経験者が語る未成年者の薬物事情 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

「普通の子」を襲う薬物の危険~家出経験者が語る未成年者の薬物事情 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

最近は薬物使用の低年齢化も問題になっています。実際、今年1~6月に大麻の密売や所持で全国の警察が摘発した2093人(前年同期比403人増、過去最多)のうち、20代は913人(43.6%)、20歳未満は283人(13.5%)で、合計で全体の半数以上に。また、大学生は60人、高校生51人、中学生も4人と発表されています。

ロリコンは治すべき“病”か?――ホルモン剤による性欲の抑制も! ペドフィリアのキワどい治療

ロリコンは治すべき“病”か?――ホルモン剤による性欲の抑制も! ペドフィリアのキワどい治療

2017年、千葉県でベトナム国籍の小学3年生の女児が殺害され、被害者が通う学校の保護者会会長だった男が逮捕された。このほかにも小児性犯罪事件はしばしばニュースとなるが、小児性愛=ペドフィリアは“病”だという。では、その治療とはいかなるものか? 現場の実態を探りたい。

3歳児健診の「憂鬱」~我が子の発達が気になる保護者の方へ~(竹内弓乃) - Yahoo!ニュース

3歳児健診の「憂鬱」~我が子の発達が気になる保護者の方へ~(竹内弓乃) - Yahoo!ニュース

自治体の行う法定健診の一つである3歳児健診。事前に家庭で行わなければいけない「尿検査」や「視聴覚検査」は、実施が難しい家庭もあるではないか?

発達障害の人と共に働くには、どんな配慮が必要? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

発達障害の人と共に働くには、どんな配慮が必要? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

ヨミドクターをご覧のみなさま。サービス介助士インストラクターの冨樫正義です。今回は「空気が読めない」「人付き合いが苦手」「極端なこだわりがある」などと言われることもあり、周囲の人に誤解されることもある発達障害についてです。

第11部 行為障害(上)「うちの孫は発達障害?」母親に要求を蹴られて逆上し、暴力行為に及ぶ小6女子の「いつものパターン」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

第11部 行為障害(上)「うちの孫は発達障害?」母親に要求を蹴られて逆上し、暴力行為に及ぶ小6女子の「いつものパターン」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

行為障害では、人や動物への攻撃性(いじめ、脅迫、残酷な行為)、物の破壊や放火、 嘘うそ や窃盗、夜遊びや家出、怠学などの反社会的な行動が見られる。一般的ないたずらや反抗をはるかに超えた、悪質なものが多い。10歳になる前に発症する小児期発症型、それ以降に発症する青年期発症型がある。

衆院法制局が見解 ひきこもりの引き出しビジネス「犯罪に該当する可能性が高い」(加藤順子) - Yahoo!ニュース

衆院法制局が見解 ひきこもりの引き出しビジネス「犯罪に該当する可能性が高い」(加藤順子) - Yahoo!ニュース

ひきこもりの自立支援をうたう一部の民間の共同生活型の業者によって、強引な「引き出し行為」と、支配的な生活が強要されるといったトラブルについて、国会でも、問題視する動きが出てきている。

採用でも活躍、“メンタルヘルス”の可視化で「健康経営」の実現を目指す起業家

採用でも活躍、“メンタルヘルス”の可視化で「健康経営」の実現を目指す起業家

生産性向上の手段として「健康経営」に取り組む企業が増えている。その健康経営の中でも、メンタルヘルスに関する課題を解決することこそが重要だと説くのが、メンタルヘルステクノロジーズ代表取締役の刀禰(とね)真之介氏だ。同社のサービス、そしてサービスを活用して実現する職場のメンタルヘルスケアとは。


Top