精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2020年02月アーカイブ - 業界ニュース

うつ病を乗り越え、二人目不妊にのぞんで気がついたこと | ガジェット通信 GetNews

うつ病を乗り越え、二人目不妊にのぞんで気がついたこと | ガジェット通信 GetNews

第一子は自然に妊娠しました。そして第一子を出産し、少し期間をおいて第二子への妊活を開始しました。しかし1年経っても子どもを授からず……。2人目不妊に悩んだ私の体験談をお伝えします。

発達障害の息子にとって、学校は「トラウマ工場」だった(かなしろにゃんこ。)

発達障害の息子にとって、学校は「トラウマ工場」だった(かなしろにゃんこ。)

グレてるわけじゃない。学校も嫌いじゃない。でもなぜか、教室でじっと座っていることができない……。そんな子を持つ母親が、息子に「わけ」を詳しくきくと、意外な原因がわかりました。 ケンカっ早いことで学校でも有名なリュウ太。なぜそんなに「手が出る」のか。そこには、小さな頃から人間関係に悩まざるを得なかった彼の、生き抜くための方法論が隠されていたのです。

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

障害者の職業の安定を図る「障害者雇用促進法」が改正され、障害者雇用率(法定雇用率)の引き上げと、雇用対象となる障害者の範囲に「発達障害を含む精神障害者」が新たに加わった。厚生労働省が発表した2018年度の民間企業による障害者の雇用状況は、雇用障害者数・実雇用率ともに過去最高を更新。なかでも発達障害を含む精神障害者の雇用数が急増している。企業は発達障害者の雇用にどう向き合えばいいのか。

豚バラが買えるようになるまでは、死にたい気持ちは消えないと思う。小林エリコさんが語る、幸せのあり方とは?

豚バラが買えるようになるまでは、死にたい気持ちは消えないと思う。小林エリコさんが語る、幸せのあり方とは?

過去の傷は癒えない。未来が劇的良くなるとも思えない。でも、10代の頃は24時間死にたくてたまらなかったのが、最近では、1日か2日に減っている。

#MeTooを阻むもの 性被害者の二次被害を防ぐには:朝日新聞デジタル

#MeTooを阻むもの 性被害者の二次被害を防ぐには:朝日新聞デジタル

性犯罪の被害者が、周囲からの言葉で被害後もさらに傷つくことは少なくありません。背景には、被害者に対する偏見や誤解があります。性被害を訴える「#MeToo」が注目される中で、声を上げやすい社会にするためには何が必要なのでしょうか。(山本奈朱香、田中聡子)

ビービー・レクサが「躁うつ病」の告白に踏み切った深い理由

ビービー・レクサが「躁うつ病」の告白に踏み切った深い理由

2019年4月にツイッターで躁うつ病を告白した、グラミー賞ノミネート歴もある人気歌手のビービー・レクサ(30歳)。雑誌『SELF』とのインタビューに答えた彼女は、その病気との向き合い方や、約一年前にファンに病状を告白した理由について明かしました。

発達障害の息子が見せてくれる世界は、いつも自由で楽しいことだらけ | 女子SPA!

発達障害の息子が見せてくれる世界は、いつも自由で楽しいことだらけ | 女子SPA!

中学1年生の娘と小学5年生の息子を持つシングルマザーの筆者が、発達障がいの息子・ぽんちゃんとのドタバタな日々を綴ったこの連載。(連載をまとめた書籍『うちの子、へん?発達障害・知的障害の子と生きる』が3月6日(金)に発売予定)。奮闘するママと、いつも元気なぽんちゃんの毎日とは――。

海外から拡がるマリファナ解禁の声。佐久間裕美子と「真面目にマリファナの話をしよう」|FINDERS

海外から拡がるマリファナ解禁の声。佐久間裕美子と「真面目にマリファナの話をしよう」|FINDERS

世界中で医療目的の使用を中心としたマリファナ解禁が進んでおり、特にアメリカでは娯楽用のものと合わせて巨大な産業を築き上げた。一方、日本では未だに「悪いドラッグ」として、マリファナを使用した芸能人が逮捕される度にワイドショーやSNSが賑わう。

「発達障害だけで子どもを見ないで」…12人の子どもたちのストーリーから理解する“かかわり方” | ダ・ヴィンチニュース

「発達障害だけで子どもを見ないで」…12人の子どもたちのストーリーから理解する“かかわり方” | ダ・ヴィンチニュース

今年の入試もいち段落し、いよいよ卒業・卒園、そして進級シーズンが到来する。新しい生活にワクワクする反面、正直、ちょっと不安というお子さんもいるだろう。実は生活の変化は「ストレス」なので、不安になるのは当然の反応。保護者としては「それも成長」と見守っていくしかない。


Top