精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2020年06月アーカイブ - 業界ニュース

【人事担当者必見!障害者採用に携わる人事的メリットをリアルに激白。令和時代・アフターコロナ時代の障害者採用からの学びとは!?】障害者転職エージェントハッピー

【人事担当者必見!障害者採用に携わる人事的メリットをリアルに激白。令和時代・アフターコロナ時代の障害者採用からの学びとは!?】障害者転職エージェントハッピー

今回は、ズバリ障害者採用に携わる人事の方のリアルなメリットをご紹介させて頂きます。 人事の方もひとりの人間なので、前向きな動機形成がなければ、 仕事とは言え、取り組みへの熱量が変わってきます。 障害者採用は、通常の新卒・中途採用のような純粋な戦力人材としての採用ではない側面もあるのが事実です。 また人事の方が個人的に障害者雇用をはじめダイバーシティ(多様性)・サステナビリティ(持続可能性)への熱い想い入れがあったとしても、日常は日々の業務に追われ、なかなか熱心に取り組めない現状もあるでしょう。 とは言え、一部の人事の方はライフワークとして、高い意識で障害者採用を取り組んでいる方もおります。 では、そういった人事の方のモチベーションは、どういったところにあるのでしょうか。 その動機付けを、今回は深めます。 本PRリリースをご覧になって頂いている方は、既に障害者採用に法律義務があることは、ご存知だと思うので、 詳細は割愛させて頂きますが、令和時代は、益々「法律を守り、正しく仕事をする」という社会の一員として、 「会社の顔」として、模範的な行動が人事の皆様には求められて行きます。

コロナ後にうつ病休職した人を待ち受ける悲劇|au Webポータル

コロナ後にうつ病休職した人を待ち受ける悲劇|au Webポータル

過重労働やパワーハラスメント(パワハラ)など職場の問題をきっかけに抑うつ症状などを自覚し、うつ病休職に追い込まれる労働者が増えている。この社会的背景は、拙著『社会的うつ―うつ病休職者はなぜ増加しているのか』でも詳しく解説しているが、「社会的うつ」とは、私が独自に構築した言葉・概念だ。

発達障害同士であえて別居婚。夫婦仲が以前より良好な理由 | ESSEonline(エッセ オンライン)

発達障害同士であえて別居婚。夫婦仲が以前より良好な理由 | ESSEonline(エッセ オンライン)

絵本作家の西出弥加さんと光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら、結婚。そして結婚から約1年の現在、別居中だと言います。

「この形が私たちにとっては理想だった」と語るその理由について、妻の弥加さんに教えてもらいました。

「セックス依存症」という病気は存在しない(原田 隆之) @gendai_biz

「セックス依存症」という病気は存在しない(原田 隆之) @gendai_biz

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

摂食障害に苦しんだ未来リナさんがたどり着いた、恩返しのレシピ 「生きるのが何倍も楽になった」

摂食障害に苦しんだ未来リナさんがたどり着いた、恩返しのレシピ 「生きるのが何倍も楽になった」

過度なダイエットで、摂食障害とうつ病を経験した未来リナさん。回復した今、かつての自分のように苦しむ人のために、「恩返しのレシピ」を発信している。

人生唯一の挫折 うつ病の苦しさは当事者にしか分からない|証言でつづる 定年後のリアル

人生唯一の挫折 うつ病の苦しさは当事者にしか分からない|証言でつづる 定年後のリアル

「私の人生で挫折と呼べるのは、あの1年間だけですね」と鈴木さんは語る。損保会社で順調なサラリーマン時代を送っていたのに、業界再編の吸収合併の波にのまれ、揚げ句にうつ病を発症してしまったのだ。

その人がその人らしく着る「ゆかたゼロ」 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

その人がその人らしく着る「ゆかたゼロ」 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

着物企業の老舗である「株式会社やまと」では、誰もが着られるユニバーサルデザインの理念を盛り込んだ浴衣「ゆかたゼロ」を販売しています。身体障害者だけでなく知的障害者も、障害者だけでなく着物初心者全般も、着用と管理を極限まで簡略化した新世代の浴衣です。

自粛解除でも「家にこもりたい」 コロナでひきこもりに変化?及ぼす影響とは?

自粛解除でも「家にこもりたい」 コロナでひきこもりに変化?及ぼす影響とは?

外出自粛が解除され、「やっと会社や学校に行ける」と喜ぶ人がいる一方で、「家にこもる生活が快適で、元の生活に戻りたくない」という人もいます。新型コロナウイルスによる自粛期間中は、「家にこもる」ことへの後ろめたさが和らいだという声も。厚生労働省によると、4月の自殺者数が、前年同月と比べ19.7%減少し、直近5年間で最大の減少幅となったといいます(「警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等」、6月10日公表)。

「怖いのは感染ではなく風評被害」 精神疾患や認知症患者専門のコロナ病棟を開設した病院の悩み

「怖いのは感染ではなく風評被害」  精神疾患や認知症患者専門のコロナ病棟を開設した病院の悩み

精神疾患や認知症があると、新型コロナに感染した時に受け入れが難しいことがあります。来るべき第2波に備えて、ある精神科病院が専門病棟を開設しましたが、怖いのは感染ではないといいます。どういうことなのでしょうか?


Top