精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2020年07月アーカイブ - 業界ニュース

40代女子、発達障害かも…それでも「診断を受けない」理由とは | LIMO | くらしとお金の経済メディア

40代女子、発達障害かも…それでも「診断を受けない」理由とは | LIMO | くらしとお金の経済メディア

近年、テレビやネット記事などで見かけることが多い「発達障害」という言葉。以前は障害ではなく個人の特徴や性格と思われていたものが、実は発達障害の症状だったということを知ることが多くなりましたよね。しかも大人になってから発達障害と診断されるケースも。そんな報道を見て、自分が悩まされている特徴と当てはまることがあると「自分も発達障害なのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。今回は、「自分は発達障害かもしれない…」と思いながらも診断を受けない40代の女性に、発達障害かもしれないと思う特徴や診断を受けない理由について伺いました。

トランスジェンダーの人々を「精神疾患」と見なす医療規範。当事者がより良い医療を受けるためには? | ハーバー・ビジネス・オンライン

トランスジェンダーの人々を「精神疾患」と見なす医療規範。当事者がより良い医療を受けるためには? | ハーバー・ビジネス・オンライン

4月上旬、意識がもうろうとしながら診察室で医師の診察を私は聴いていた。向精神薬とアルコールの離脱症状の兆候がみられ、救急入院でこの精神病院に来た私は藁にもすがる思いでいた。

一通りの身体検査の後、医師は私の「自分史」をかなり詳しく尋ねてきた。「自分史」というのは精神科医療においてジェンダー問題に特化したクリニック(通称、ジェンダー・クリニック)が患者にまず問う、自らのジェンダーの歴史である。

「チー牛(チーズ牛丼顔)」と就労移行支援のいびつな関係 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

「チー牛(チーズ牛丼顔)」と就労移行支援のいびつな関係 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

ネット上のごく一部で見かける「チー牛」という煽りスラングは、大手ニュースサイトでもその流行ぶりについて取り上げられました。しかし、「チー牛」が就労移行支援の感想から生まれたことは敢えて無視されていたようです。両者のいびつな関係をまとめました。

ドライアイでうつ症状…重症者は併発しやすさが3倍に|日刊ゲンダイヘルスケア

ドライアイでうつ症状…重症者は併発しやすさが3倍に|日刊ゲンダイヘルスケア

ドライアイとうつ病が関連しているかもしれない――。独自開発したアプリを使って大規模臨床研究を行ったのは、順天堂大学大学院医学研究科眼科学の村上晶教授、猪俣武範准教授らの研究グループだ。

就労継続A,B型 収入半減で工賃を下支え 厚労省、最大50万円支給|福祉新聞

就労継続A,B型 収入半減で工賃を下支え 厚労省、最大50万円支給|福祉新聞

厚生労働省は6月30日、新型コロナウイルスの影響で生産活動収入が減った障害者就労継続支援A型、B型事業所に最大50万円を支給する支援策の実施要綱を都道府県知事らに通知した。今年1月以降、前年同月比で50%以上減った月が一つでもある事業所が対象となる。救護施設職員への慰労金についても都道府県との協議に乗り出した。新型コロナを踏まえた福祉施設への経済支援が具体的に動き始めた。

HONEBONE エミリがうつ病診察で気づいた「母への気持ち」(HONEBONE エミリ)

HONEBONE エミリがうつ病診察で気づいた「母への気持ち」(HONEBONE エミリ)

カワグチ(Kawaguchi)さんとアメリカ人ハーフのエミリ(EMILY)さんによる男女フォークデュオ『HONEBONE(ホネボーン)』。実体験を元にした飾らない歌詞が人気を集めていますそんな多くの人の心を震わすHONEBONEの連載が本日からスタート。毎月悩みを募集し、その悩みに対する答えをエミリさんが『HONEBONE エミリのごじゃっぺコラム』という形で執筆。ラストには、記事のエピソードに合わせ、エミリさんとカワグチさんが曲を制作。その歌を動画で毎回アップします!

発達障害の子の「能力を伸ばす親」が知っている「問題行動」の解決法( shizu 平岩幹男) @gendai_biz

発達障害の子の「能力を伸ばす親」が知っている「問題行動」の解決法( shizu 平岩幹男) @gendai_biz

かんしゃくを起こす、ウロウロ歩き回る、暴力をふるう、といった子どもの困った行動は、親にとって大きな悩みのひとつでしょう。

shizuさんは、ABA(応用行動分析)の考え方を利用することで適切に対応できる場合が増えるといいます。

障害者雇用コンサルティング会社『FreeLabo』にインタビューに行ってきました! - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

障害者雇用コンサルティング会社『FreeLabo』にインタビューに行ってきました! - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

今回は多様な人材の可能性の追求と、本当のダイバーシティ実現のために、障害者と企業、障害者と就労支援事業所を繋ぐ、障害福祉業界でフリーダムな人『FreeLabo』代表の宇野さんにインタビューを行いました。

もしかしてうつ病? 最悪の状況で心が危うくなったときの3つの対処法

もしかしてうつ病? 最悪の状況で心が危うくなったときの3つの対処法

コロナの影響で収入が減った人、仕事がなくなった人の話は、とても他人事とは思えない。フリーランスは基本的に受け身の立場だから、しばらく誰からも連絡がこないと、「自分自身が不要不急の存在では?」と不安が増すばかりだ。 失業や倒産で窮地に立たされている人だけでなく、コロナ離婚やコロナうつも増えているという。前代未聞の非常事態で人生の歯車が狂ったとき、不安やストレスに潰されないためにはどうすればいいのだろう? 私の精神安定剤になっているTwitter「ゲイの精神科医・Tomyのつ・ぶ・や・き♡」で、心に刻んでいるのは次の言葉だ。 終わりよければ全てよし。 何が起きても最後によかったと思えるものが得られれば、人生は幸せよ。 それは最後までどうなるかわからない。 つまりどんな人生にも希望があるの。 長引く自粛生活のストレスで気が滅入ったときは、『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』にある、 「苦労した人って、大体苦痛に満ちた顔じゃなくて、いい顔してるわ」 という言葉にも励まされた。 そこで前回のインタビューに続き精神科医のTomy先生に、コロナ禍で心が危うくなったときの対処法について話を聞いた。

“不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を 〈AERA〉

“不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を 〈AERA〉

自宅飲みの安心感から、ついついお酒を飲みすぎていないだろうか。気づいたら寝落ちや記憶を失くしていたら、問題飲酒の可能性が高い。放置すればアルコール依存症に陥りやすくなる。AERA 2020年7月13日号は、依存症に陥る前の対処法を考える。


Top